日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

季節の行事・歳時 葬儀

変化する埋葬の形 自然葬とは?一般の葬儀となにが違うの?

投稿日:2018-11-10 更新日:

最近耳にするようになった自然葬。自然葬とはどんなものなのでしょう?

種類もいろいろあるようです。

自然葬とはどんなものか、メリットやデメリット、その種類などを調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

自然葬とは?

自然葬とは遺骨をお墓に納めず海や山などの自然に還す葬送方法です。

一般葬と違うのは埋葬方法だけで他は変わりません。

いままでは、遺骨をお墓に納めて供養することが一般的でした。

しかし、最近では核家族化・単身世帯の増加や少子化によって、

お墓の継承や維持が難しくなり、お墓や供養の仕方に対する考えが

大きく変わってきました。

 

自然葬のメリットデメリット

自然葬のメリットデメリットについて紹介します。

メリット

お墓の承継の必要が無い

承継とは、お墓を引き継ぐことを言います。

お墓を引き継ぐと墓石の管理・維持や墓地の管理料の支払いなどがあり、時間とお金がかかってしまいます。

また、管理費の支払いを怠ってしまうと、墓地の永代使用権が消滅しお墓が撤去されてしまいます。

自然葬の場合は遺骨を自然に還すので、誰がお墓を引き継ぐのかを話し合う必要がありません。

 

宗旨宗派などにこだわらなくてもよい。

宗旨とは大まかな宗教の種類のことで仏教やキリスト教といった何を信仰の対象にしているかを表し、宗派とは仏教の中でも浄土宗や臨済宗というようにより細かな教えのことを指します。

 

宗旨宗派によって、葬儀の意義や葬送の作法が異なります。

自然葬では、宗旨宗派にこだわらずに葬送することができます。

 

デメリット

心の拠り所がない

お墓は故人の遺骨を納めるだけでなく、残された人たちの心の拠り所になっています。

遺骨を納めた場所がないので、手を合わせる・お供えをするなどで心を慰めることができなくなってしまいます。

 

理解を得るのが難しい

自然葬は新しい葬送方法のため、お墓がないことに抵抗を感じ家族や親戚から不満や異論を唱える人が出てきます。

しっかり説明して、納得して貰う必要があります。

 

遺骨は取り戻せない

遺骨を骨壺に収めずにそのまま埋める、または散骨してしまうので分骨しない限り手元に残りません。

後で考えが変わってお墓を作ろうとしても遺骨が手元に残っていないため、寂しい思いをしたという人もいるそうです。

 

自然葬の種類はこんなにある!?

 

自然葬にはどんな種類があるのでしょうか。

樹木葬

許可を得た場所に遺骨をそのまま埋葬します。樹木葬は大きく分けて里山型・公園型の2種類があります。

 

 

※樹木葬について

 

散骨葬

遺骨をパウダー状にして、空や海、山に散骨します。

 

 

※海洋葬について

 

宇宙葬

遺骨の1部をロケットによって宇宙空間に埋葬します。

 

※宇宙葬について

 

風葬

遺体を埋葬せずに棺や小屋の中で風にさらして風化を待ちます。

 

その他の葬儀の形 家族葬とは

 

スポンサーリンク

 

自然葬でも告別式や火葬はするもの?

 

自然葬と言っても、一般葬との違いは埋葬方法だけなので、火葬までは同じ流れになります。

自然葬を行うまでの流れを紹介します。

 

1.死亡診断書・死体検案書の受け取り

病院で亡くなった場合は、担当の医者が死亡診断書を作成します。

自宅で亡くなっている状態を発見した場合は、かかりつけの医者または救急車を呼びます。

死亡が確認されたら死亡診断書が作成されます。

事故・災害などで突然亡くなった場合は、警察に連絡します。

検視による死因が確認できたら死体検案書が作成されます。

 

2.火葬許可証・埋葬許可証の受領

亡くなってから7日以内に市町村役場へ死亡届を提出します。

死亡届を行うと市町村役場で火葬許可証が発行されます。

霊園・墓地・寺院などに埋葬許可証を提出する必要がありますが、火葬許可証と一緒になっているのがほとんどです。

 

3.お通夜・お葬式

葬儀社と打ち合わせをして、お通夜・お葬式をそれぞれの宗派に従って行います。

 

4.火葬

火葬許可証を持参して火葬場で荼毘に付します。

火葬は1時間ほどかかります。

その後、拾骨室で遺骨を骨壺に収めます。

火葬許可証に証印が押されて返却されるので忘れずに受け取りましょう。

 

5.埋葬・散骨

許可を得た場所に埋葬または山・海・空などに散骨をします。

 

●他にもお葬式や埋葬についてまとめました。こちらの記事も参考になさってください。

お葬式や埋葬についての記事一覧へ

 

自然葬とは さいごに

自然葬について紹介しましたがいかがだったでしょうか。

お墓に遺骨を納めるのではなく、自然に還す葬送方法は近年増えています。

しかし、まだ認知度が低く場合によっては親族から反対されることもあります。

故人が自然葬を望んでいる場合は、みんなに納得して貰うように話し合い、

気持ちよく見送ってあげるようにしましょう。

喪中はがきのマナー

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

-季節の行事・歳時, 葬儀
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家族葬とは?やり方とメリットデメリット 故人の意志は尊重するべき?

  お葬式では準備や当日の取り仕切り、弔問客の対応などで慌ただしく過ぎてしまい、故人との最後のお別れがゆっくりできずに終わってしまうことがありますね。 近年では家族や親戚、ごく親しい人たちだ …

通夜の服装とお葬式の服装のちがいは?失礼にならないためのマナー

    急にお通夜に参列することになった時、迷ってしまうのは服装ではないでしょうか。 私も実際、急に親友の親が亡くなってしまい通夜に参列することになったのですが、やっぱり悩んだのは …

初めての七五三 正式な時期や服装は?写真はいつ撮るのが最適?

お子さんが3歳になって初めて迎える七五三。 お母さんは初めてのことなので、なにかとわからないことも多いですよね。 七五三と言えば、神社でお参りをしたり写真を撮ったりするのが一般的。 七五三を迎える前に …

敬老の日におすすめの工作とケーキ!親子で作ろう!

9月の第三月曜日は「敬老の日」です。 土・日・月と3連休になるのでおじいちゃんおばあちゃんの家に遊びに行くのもいいですね。 日頃からお世話になっている大好きなおじいちゃんおばあちゃんに感謝の気持ちとお …

お彼岸のお供え物の熨斗の正しい使い方や書き方 日にちはいつから?

  お店でお菓子などの贈答品を買うと、「のしをお付けしますか?」 と聞かれることがありますね。 のしを付けたい場合、その贈答品の用途を伝えると、店員さんが適切なのしを 選んでくれるので、特に …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。

楽天トラベル