日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

暮らし

着物の時のマナー立ち居振る舞い 初詣の着物でお出かけのポイントは?

投稿日:2019-12-21 更新日:

 

初詣に着物を着て行ってみたいけど、立ち振る舞いや所作などのマナーが分からず躊躇してしまうことってありますよね。

自信をもって着物ででかけられるように、着物を着たときの歩き方や所作美しく見える立ち振る舞いそして着物でのマナーなどをまとめました。

初詣に着物でというあなたの参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク

 

着物のマナー立ち居振る舞い 初詣でのポイントは?

着物で初詣に行くときに気をつけたいポインをまとめました。

お出かけの際に確認してみるといいですね。

 

足元の寒さ対策

足袋はくるぶしあたりまでしかなく、歩くと裾から冷気が中に入ってきます。

裾が開きすぎないように着付けをすることができますが、寒さに弱い人は和装用のストッキング・レギンスを履いておくといいですよ。

また手の防寒対策として手袋を用意しておきましょう。

 

トイレ

多くの人が参拝に訪れるので、場合によっては入場制限で長時間待つ可能性があります。

着物でのトイレは大変なので、事前に済ませておきましょう。

 

袖の長さ

振袖の袖は長いので気をつけないと、うっかり踏むこともありますね。

また、踏まれてしまう可能性もあります。

階段の段などで引きずらないように気をつけましょう。

 

羽織る物

着物の上に羽織る防寒着として、羽織・ショール・コートなどがあります。

 

羽織

着物の時によく使われる防寒着です。

丈の長さ・裏地・紐など細かい部分のおしゃれも楽しめるようになっていて、着物とのコーディネートが楽しめますよ。

 

ショール

洋装でも使える便利な防寒アイテムです。

ボリューム感のあるショールは着物との相性が良く着こなしが楽しめます。

 

コート

コートでも和装用があり衿や袖がゆったりとしているので、中で着物がよれる心配はありませんよ。

 

 

着物の歩き方や階段・乗り物などでの所作は?

着物で歩くときや階段の上り下りなど基本の動作についてのポイントです。

 

立ち姿

背筋をピンと伸ばし、つま先が開かないように体の中心に力を入れて内股気味に立ちます。

両手は前で重ねる・片足を軽く後ろに引くと、よりキレイに見えますよ。

手を上げるときは二の腕が見えないように肩より下で袖口を抑えましょう。

 

歩き方

小股でまっすぐ前に足を運ぶようにすると裾が乱れる心配はありません。

履物を引きずる・大きな音をたてないように注意してください。

荷物は左手に持ち、右手は上前に添えて着物のつま先がヒラヒラとなるのを防ぐようにしましょう。

 

 

階段

右手で着物の竪褄(たてづま)を軽くつまみ持ち上げ、裾が地面・階段で汚れないようにします。

階段に対して少し斜めに体を向けるようにすると、足運びがスムーズにできますよ。

竪褄を持ち上げすぎると足首が見えてしまい印象が悪くなり、着崩れの原因にもなるので注意しましょう。

竪褄とは着物の前身頃の襟先から裾までの長さのことで、襟下または褄下(つました)ともいうそうですよ。

 

乗るときは右手で竪褄を軽くつまみ持ち上げ、お尻から入るように車のシートに座ります。

両足を揃えて地面から離し片手で袖を持ち、もう片方の手で上前を押さえ体を回転させながら足を入れます。

降りるときは体の向きを変えて足を車の外に出します。

地面に足がついたら、頭をぶつけないように気をつけながら体を外に出します。

荷物がある場合は乗るときは先に座席の奥に置き、降りるときは立ち上がるときに持ちます。

乗っているときにシートにもたれてしまうと帯の形が崩れてしまうので、浅く座るようにするといいですよ。

 

電車・バス

ステップで裾を踏まないように右手で竪褄を軽くつまみ持ち上げます。

つり革を持つと袖が下がってしまい腕が見えてしまうので、ポールにつかまるようにしましょう。

どうしてもつり革を持つ場合は反対の手で袖口をおさえるといいですよ。

 

スポンサーリンク

 

着物の時手を伸ばしたりしゃがむ時の注意点

着物での動作の時に気をつけたいことです。

物を取るために手を伸ばすときは片手で袖口をつまみ、腕が出ないようにしましょう。

遠くにある物に手を伸ばしてしまうと、たもとが他の物に当たって倒す・壊す原因となります。

他の人に頼んで取って貰うようにするといいですよ。

しゃがむときは左手で竪褄(たてづま)を軽くつまみ持ち上げ、右足を半歩後ろに引きながら腰を落とします。

座敷の時は膝をつけた方がいいですが、地面の場合は膝がつかないように注意します。

 

着物のの立居振舞 さいごに

初詣は新年を祝う日なので華やかな振袖がおすすめです。

寒さを忘れるようなローズカラーやオレンジ・スカーレットのような温かみのある色、新春のイメージがある椿や梅・水仙がいいですよ。

和装での初詣を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

☆他のお正月に関する記事はこちらに集めました。

こちらもご覧下さい。

お正月に関する記事一覧

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-暮らし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

浴衣の着付け 男性が自分でできる着崩れしにくい着方のコツ!

  彼女とデート。 彼女が浴衣を着てくることになったので、自分も浴衣を着てデートしたい! と思っている彼氏のあなた。 男性が浴衣を着るのに気になる事って、「着崩れしないかな・・・」という事じ …

大豆ミートとは?使い方と作り方 大豆ハンバーグ美味しくするコツ

  ベジタリアンやマクロビオティックを実戦している人たちには馴染みのある大豆ミート。ソイミートともいいますね。 「畑のお肉」とも呼ばれていて栄養価も高く、良質なタンパク質が摂取できるのでダイ …

刺青はなぜダメ?温泉やプールで拒否されるわけ? ファッションタトゥー

  不特定多数が利用する施設の入り口に「刺青(入れ墨)・タトゥーをされている方の入場・利用をお断りしています。」という案内が表示されていることがあります。 なぜ刺青やタトゥーが入っていると施 …

木製椀の発祥は?椀の歴史を辿る 汁椀が木製の理由 種類と素材の特徴

  洋食などのスープの器は陶磁器が多いですが、日本食で味噌汁などの汁物を盛り付ける汁椀は木製を使うことが多いですよね。 木製椀の発祥はいつからそしてどこからなんでしょう? 椀の歴史を辿ってみ …

月には満ち欠けや季節で変わる別称や天候や見え方による呼び名がある

  月には満ち欠けによる名前があります。 日本では春は花見、夏は花火大会や盆踊り、夏祭りそして秋はお月見や秋祭り、また冬は酉の市など日本には季節ごとに行事があります。 そして月にも季節によっ …

楽天トラベル

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。

写真素材素材【写真AC】