日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

季節の行事・歳時

節分の行事食 にいわしや豆や恵方巻きを食べるのはなぜ?

投稿日:2019-01-11 更新日:

 

節分には、いわし・豆・恵方巻きは節分の定番メニューとなっていますが、

食べる理由を知っていますか?

今回は、節分にイワシや恵方巻き・豆などを食べる理由や恵方巻きを無言で食べる理由、節分に食べると良いと言われている食べ物などを調べました。

 

スポンサーリンク

節分に食べると縁起のよい食べ物

節分に食べると良いと言われる食べ物、いわゆる行事食ですね。

いろいろありますが食べるわけも一緒に紹介しますね。

 

 

豆まきには、邪気を払い無病息災を願うという意味があります。

豆まきをした後に節分までに誕生日を迎えた人は現在の年齢の数、

まだ誕生日を迎えていない場合は現在の年齢の数に1つ追加した数

で豆を食べます。

この豆は火で炒って邪気を祓った福豆です。

福を食べて体にいれることで次の年も健康で幸せにすごせるという願いがこめられているんですね。

豆を年齢の数食べきれない場合は、湯飲みに梅干し1個・塩昆布適量・豆3粒入れてお湯を注いだ「福茶」にして飲む方法があります。

 

いわし

いわしの生臭いニオイや焼いたときの煙は、鬼が嫌がるので追い払うことが出来ると言われています。

また、焼いたいわしの頭に柊の枝を指し玄関に飾る風習のことを

東日本では「柊鰯(ひいらぎいわし)」

西日本では「焼嗅(やいかがし)」と呼んでいます。

 

塩焼きにして食べるのが一般的ですが、フライやつみれ汁などのいわし料理でも大丈夫です。

 

 

恵方巻き

七福神にちなみ7種類の具材を使った巻き寿司のことです。

その年の最も縁起の良い方向・恵方に向かって願い事をしながら無言で1本完食するという風習があります。

1989年にコンビニエンスチェーンが広島で販売したことにより、全国に広まったと言われています。

恵方巻きに使う7種類の具材に特に決まりはないので、好きな具材で作っても大丈夫です。

定番としては、しいたけ・うなぎ・かんぴょう・エビ・玉子・でんぷん・きゅうりがあげられます。

 

こんにゃく

こんにゃくには食物繊維が豊富に含まれていて、体内を掃除して毒素を取り除く効果があるので、「胃のほうき」・「砂おろし」と呼ばれています。

旧暦では節分は大晦日にあたるので、身体を清めるという意味で食べられていたそうです。

 

けんちん汁

けんちん汁とは、大根・ごぼう・里芋・こんにゃく・豆腐などをごま油で炒めてから出汁を加えて煮込み、醤油で仕上げた汁物です。

地方や家庭によって、味噌仕立てにすることもあります。

関東の一部の地域で節分に食べる風習があるそうです。

 

クジラ

山口県の習慣で「大きなものを食べると縁起が良い」と言われていて、

節分にクジラを食べることで大きな幸せを願うという意味があります。

クジラ料理には、刺身・竜田揚げ・クジラ汁などがあります。

 

そば

節分そば」と呼ばれていて、江戸時代後期に全国に広まったと言われています。

そばは箸で切れやすいので、災いを切り捨てるという意味があります。

また、そばの実は三角形となっていて邪気を払う力があることから、

縁起が良いと言われています。

 

節分の恵方巻きなぜ無言で食べるの?しゃべったらどうなる?

 

恵方巻きは1人1本、恵方に向かって願い事をしながら無言で一気に完食するというルールがあります。

一気に完食するというのは、噛み切ってしまうと縁が切れてしまうと言われているからです。

また無言で食べる理由は、喋ってしまうと開いた口から福が逃げるからだそうです。

 

スポンサーリンク

 

節分の豆まき今の時代は掃除が楽な袋入り?

豆まきをした後の掃除は、散らばった豆を探すのは大変です。

掃除を簡単に済ませる方法として、

・個包装された豆を買ってくる

・豆を小袋に入れて封をする

・個包装したキャンディやチョコレートなどのお菓子や殻付きの落花生を豆の代用品とするなどがあります。

豆を入れる小袋は、ラッピング用紙やマスキングテープを使うと可愛く仕上がります。

 

 

節分の行事食 まとめ

節分で食べるものと言えば豆やいわしが定番となっていますが、クジラやこんにゃくを節分料理として食べる地域があります。

恵方巻きは今では全国的となりましたが、無言で食べる意味を知らない方もいるのではないでしょうか。

正しい食べ方を確認して、福を逃がさないようにしましょうね(^^

 

節分の記事一覧へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-季節の行事・歳時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お歳暮を贈る意味は?正式なマナー 誰に贈るのが正しいの?渡し方は

お歳暮とは、日頃からお世話になっている人・知人や友人、両親たちに1年の締めくくりとして感謝の気持ちを込めた贈り物です。 お歳暮を贈りたいけど、初めての場合、正しい渡し方や時期・金額の相場など分からない …

七五三のお祝いはいつから?男女で時期が違うの??

  もうすぐ七五三の季節です。 七五三と言えば3歳になったらお祝いをするものですが、最近では2歳でお祝いをする方も増えています。 あれ?七五三は3歳で祝うものじゃないの??と 疑問に思う方も …

正月には昔ながらの遊びを親子で楽しむ!室内と屋外の昔遊びあれこれ

  最近の子どもの遊びと言えば、ゲーム機やスマホアプリなどが中心となっていて、外で遊ぶことも少なくなってしまいました。 お正月くらい、みんなで昔ながらの遊びを楽しんでみるのもいいのではないで …

お墓参りも代行する時代!?改めて知りたいお墓まいりの意味

お墓参りに行きたいけど、忙しくて時間がない・遠方にあり行くのが面倒、なかなか行けないという方もけっこういるのではないでしょうか。 最近では墓参りを代行してくれるサービスもあるそうです。 なぜ、お墓参り …

節分の豆まきで落花生の地域があるわけ 鬼役はだれがやるのが正しい?

  2月3日は節分の日ですね。 「鬼は外!福は内」と声を出しながら豆を撒き、年の数だけ豆を食べる厄除けの行事です。 撒く「豆」は、大豆を使用している所が多いと思いますが、地域によっては「落花 …

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。