日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

季節の行事・歳時

節分の豆まきで落花生の地域があるわけ 鬼役はだれがやるのが正しい?

投稿日:2019-01-07 更新日:

 

2月3日は節分の日ですね。

「鬼は外!福は内」と声を出しながら豆を撒き、年の数だけ豆を食べる厄除けの行事です。

撒く「豆」は、大豆を使用している所が多いと思いますが、地域によっては「落花生」が撒かれているのをご存知ですか?

 

スポンサーリンク

節分に落花生を撒くのはなぜ?

実は東北地方に住む人にとって、節分に落花生を撒くのは当たり前。

節分が近くなると、スーパーには落花生のたくさん入った袋がズラリと並びます。

(たまに大豆の姿もありますが)

東北では節分の日には落花生を撒いています。

 

 

一般的には大豆を撒いている。

というのは、芸能人が豆まきしている様子をテレビで見て気が付くわけです。

その時「あれ?撒いている豆が違う?落花生じゃないの」と初めて気づくんですね。

 

豆まきについて調べてみると、豆まきで落花生を撒く地域は、

北海道、東北、信越地方で、寒くて雪の多い地域という事がわかりました。

なぜ、寒い地域では落花生なのか?

 

理由は、

雪の中に撒くため、落花生の方が見つけやすい

衛生的で掃除も楽」という事らしいです。

 

また、落花生はカロリーも高いので、寒い地域で好まれるようになったとも言われています。

 

節分の豆まき 鬼の正体とは?

 

「鬼は外。福は内」と毎年節分には鬼を追い払っていますが、

鬼とはいったい何なのでしょう。

本物の鬼の事?

 

豆まきの風習は、中国から伝わってきました。

季節の変わり目には、邪気(鬼や魔物)が生じるとのことから、

邪気を払う目的で豆まきが行われるようになったそうです。

 

そしてこの鬼の正体は諸説ありますが、中国でいう鬼とは「死んだ人の霊」という考えだそうです。

他にも、鬼は災いをもたらす存在、邪気とは物の怪や病気といった意味があるそうです。

なので鬼とは、「災いごとや病気、不幸や不運」のことを言うそうです。

 

スポンサーリンク

 

節分の厄払いで豆まきの鬼役は誰がやる?

 

節分には鬼に向かって豆を投げますよね。

多くの家庭では、お父さんが鬼役をやるのではないでしょうか。

鬼役のお父さんに向かって、子供が豆を撒く。

よく見る光景のような気がします。

 

しかし昔の豆まきは、家の主人が代表して豆を撒いていたんですね。

今とは全く逆ですね。

 

最近では、厄除けの風習というより、イベント的に行われている感じもあるので、時代とともに徐々に変わっていったのかもしれません。

 

そして、鬼には「邪気」という意味があり、実際は目に見えるものでは無い為、鬼役はいらないという考えもあるそうです。

このように、鬼といっても決まりはなく、誰がやってもいいように思いますよね。

 

家庭によって、お母さんだったり子供だったり家族みんなで楽しみながら、厄払いできればいいのかもしれませんね。

 

ちなみに私が子供の頃の豆まきは、鬼役は誰もせず、みんなで外(玄関の方)に向かって豆を投げていました。

みんなで鬼(厄)を追い払うという感じでしたね。

 

いつも夕ご飯後に行っていたので、外が暗いなか落花生を拾うのは大変でしたが、今ではいい思い出です。(東北で)

 

もう一つ、豆を撒く人ですが、家族の中に厄年の人や年男、年女がいる場合は、厄払いの意味も込めてその人が撒くのが縁起がいい。

という考えもあるそうです。

 

節分の豆まき まとめ

北海道や東北地方、信越地方では、節分の豆は落花生を使用しています。

節分といったら「落花生」が当たり前。

大豆を使っている所は少ないのではないでしょうか。

節分には、厄除けという意味があります。

鬼役は誰がやってもいいので(いなくてもOK)みんなで楽しみながら豆まきをするのがいいのかもしれませんね。

1年元気に過ごせるように、楽しみながら鬼(災いや病気)を追い払いましょうね。

 

節分の記事一覧へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-季節の行事・歳時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お彼岸のお供え物ののしの正しい使い方や書き方 日にちはいつから

お店でお菓子などの贈答品を買うと、「のしをお付けしますか?」 と聞かれることがありますね。 のしを付けたい場合、その贈答品の用途を伝えると、店員さんが適切なのしを 選んでくれるので、特に気にかける方も …

成人式の髪型は和風の編み込みで!自分らしさを出すには

  成人式は1月の第二日曜日に行われる、年度内に20歳となる人たちが地元に集まり、成人になったお祝いをする行事ですね。 また懐かしい級友たちと久しぶりに顔を合わせられる場でもありますよね。 …

秋の五節句!重陽の節句の由来 行事食や花にはどんなものがある?

日本では四季があり、その季節の節目の日に節句という行事があります。 1月には七草の節句、3月は桃の節句、5月は端午の節句、7月には七夕と・・ そして 9月には重陽の節句というのがあります。 これらの節 …

七五三の起源とは?いつからあるどんな行事なの 千歳飴との関係は?

七五三とは、子供の成長を祝う年中行事です。 子供が、七歳、五歳、三歳になると成長を祝い、神社にお参りしたり、 着物やドレスに着飾り記念写真を撮ったりと、今では大きなイベント として行われていますよね。 …

5月5日端午の節供のお飾りの兜はいつから飾るの?兜を飾る意味とは

  5月5日は「こどもの日」ですが、男の子の節句・端午の節句でもありますね。 端午の節句になぜ鎧を飾るのでしょう? そして兜飾りを買う時の悩みがほんとうは誰が買うのが正解?ということ。 そん …

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。