日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

季節の行事・歳時

身内が亡くなってから葬式までにやることは?必要な手続きとは?

投稿日:

 

誰にでも必ずやって来る「死」。

特に身内の場合は、悲しむ時間もなく葬儀までにやらなければいけないことがたくさんあります。

身内の死でやることの段取りにはなにがあるのでしょう?
その時慌てないために、今回は身内が亡くなってから葬儀が行われるまでの段取りや手続きについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

身内がなくなってから葬儀まで

亡くなってから葬儀までの流れや段取りを紹介します。

ご臨終

身内の亡くなった場所によってやることが違ってきます。

・病院で亡くなった場合

医師に死亡診断書を書いて貰います。

死亡診断書とは患者が亡くなったことを判定したことを証明する書類で、

医師以外の者が発行することは法律で禁じられています。

医師から死亡診断書を受け取ったら、

左側半分の死亡届に必要事項を書いて役所に提出します。

 

・病院以外で亡くなった場合

自宅や外出先など病院以外の場所で亡くなった場合、

療養中であれば、かかりつけ医に連絡をして来て貰いましょう。

死因に不審な点がなければ、医師による死亡診断書が発行されます。

療養中の死亡でない場合は、事件性があるかを判断するための検視を行う必要があるので、警察に連絡をします。

検視結果に基づいた死体検案書が発行されます。

検視による死因が特定できない場合は司法解剖が行われてから死体検案書が発行されます。

死体検案書も死亡診断書と同じ書類になるので、

受け取ったら必要事項を書いて役所に提出します。

死亡診断書または死体検案書は他の手続きでも必要となる書類なので、

数枚コピーしておきましょう。

 

末期の水(まつごのみず)

臨終に立ち会った人全員が故人の唇を水で湿らせていきます。

配偶者

故人の子ども

故人の両親

兄弟姉妹

故人の子どもの配偶者


の順番に行うのが一般的といわれています。

 

親戚・関係者への連絡

亡くなったことを電話または電報で知らせます。

エンディングノートがある場合は、ノートに連絡して欲しい人が書いてあるかを確認しましょう。

 

葬儀社への連絡

葬儀社を決めたら連絡をして、葬儀についての打ち合わせなどを行います。

・遺体を安置する場所まで運んで貰うように依頼する
・喪主を決める
・葬儀の打ち合わせ

 

菩提寺への連絡

菩提寺がある場合は訃報を連絡します。

葬儀日程の調整を行う場合は、葬儀社の担当者を同席させておくとスムーズに進みます。

 

納棺

遺体を清めて死装束を着せて棺に納めます。

故人が好きだった物や愛用品などを一緒に入れてあげましょう。

ただし、可燃物に限られるので注意してください。

通夜の準備

・供花・供物の発注

親族・会社関係や町内会などの供花・供物をまとめて葬儀社へ発注します。

・料理の発注

通夜振る舞い・精進落としなどの料理を発注します。精進落としは最後までいる人数、宗教者・供養膳の有無の確認が必要となります。

・車両の手配

宗教者の送迎や火葬場まで移動するための霊柩車・バスの手配をします。

・返礼品の発注

通夜・葬儀の時に香典返しとして渡す品を発注します。

発注や手配などが終わったら、祭壇の飾り付け・会場のレイアウトや式典準備の確認を行います。

通夜

読経・焼香を行い、喪主が挨拶をします。

通夜終了後は、喪主から参列者への感謝の気持ちを伝える

「通夜振る舞い」を行います。

 

棺守り

通夜振る舞いが終わり参列者や世話役が帰り、

遺族だけになった時点で本当の意味での通夜となります。

棺守りとは、灯明と線香の火が消えないように、

夜通し棺に付き添うことです。

翌日には葬儀もあるので体力のある遺族が行うといいでしょう。

 

葬儀

通夜と同じように読経・焼香が行われ、故人との最後のお別れをしてから出棺となり火葬場へ向かいます。

火葬場にて火葬・骨上げをします。

 

葬儀会場に戻ってから

初七日法要と精進落としを行い葬儀終了となります。

 

 

身内の死の際に必要な手続き一覧

手続きには、すぐに行う必要があるものと葬儀後に行っても大丈夫なもの、

の2種類に分けられます。

すぐに手続きが必要なものをまとめてみました。

 

死亡診断書または死体検案書

病院や自宅療養中に亡くなった場合は医師が発行する死亡診断書、

病気でなく自宅や外出で亡くなった場合は検死後に発行される死体検案書になります。

死亡届を提出するときに必要となるので、すぐに書いて貰いましょう。

 

死亡届

死亡地・本籍地・住所地のいずれかの役所窓口で、

死亡診断書または死体検案書を提出して手続きを行います。

死亡届が受理されないと葬儀を行うことができないので、

記入事項に不備がないかをしっかりと確認しましょう。

 

死体火葬許可書

死亡届が受理されると死体火葬許可書が発行されます。

この書類がないと火葬することができないので、必ず受け取りましょう。

 

身内がなくなってから さいごに

身内が亡くなるということはショックな出来事ですが、

やることがありすぎて悲しんでいる時間がないくらいです。

葬儀は故人との最後のお別れになるので、後悔がないように気をしっかりと持って送り出してあげましょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-季節の行事・歳時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

成人式で振袖の髪飾りにはどんな種類がある?自分に合う髪飾りの決め方

  成人式を迎えるあなた、成人式に着る振袖や髪型は決まったけど、 髪飾りのことを忘れていませんか? 髪飾りはなくても特に問題はありませんが、髪型のワンポイントになり小顔効果がありますよ。 髪 …

七五三のお祝いはいつから?男女で時期が違うの??

  もうすぐ七五三の季節です。 七五三と言えば3歳になったらお祝いをするものですが、最近では2歳でお祝いをする方も増えています。 あれ?七五三は3歳で祝うものじゃないの??と 疑問に思う方も …

喪中はがきの基本マナー いつまでに?どの範囲まで?書き方は?

  年内に亡くなった方がいる場合、喪中はがきをだします。 自分の身内が亡くなった場合に喪中はがきを書くのですが、今までにそんな経験がないと、誰にとか、いつまでにとか解らないこともあります。 …

金沢で新年会するなら!雰囲気で選ぶ女子に人気の居酒屋5選紹介

大掃除におせち料理や帰省の準備、旦那さんや子どもたちのお昼の用意など、 主婦の年末年始はなにかと大忙しです。 正月三が日が過ぎ、時間に余裕ができたら主婦仲間での新年会で楽しい時間を過ごすのもいいですよ …

太巻き作りはじめての挑戦!今年の恵方巻きは福をいっぱいつめたアレンジ!

  節分の豆まきで家の中を清めた後に福を呼び込むために食べると良い、 と言われる「恵方巻き」。 1989年にコンビニエンスチェーンが広島市で販売を開始したことがきっかけとなり、全国的に広まり …

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。