日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

季節の行事・歳時

雛人形の十二単や束帯の意味は?昔の人はどんな生活をしていたの?

投稿日:2019-01-30 更新日:

 

ひな祭りは、ひな人形や桃の花を飾り女の子の健やかな成長・良縁・幸福を願う行事で「桃の節句」とも呼ばれています。

雛人形は宮中の結婚式を模していて、天皇・皇后のような幸せな結婚ができますようにという願いが込められています。

女雛の衣装は十二単、男雛の衣装は束帯と言われています。

十二単や束帯にはどんな意味が込められているのでしょうか。

また、その昔にはどんな生活をしていたのでしょうか?気になりますね。

 

スポンサーリンク

 

十二単の着物本当は何枚?日常生活の不便は?

十二単とは、平安時代から始まる平安装束のひとつで女性貴族用の正装のことです。

正式名称は「五衣唐衣裳(いつつぎぬからぎぬも)」といいます。

 

十二単の構成

十二単は、唐衣(からぎぬ)・表着(うはぎ) ・打衣(うちぎぬ)・五衣(いつつぎぬ)・単衣(ひとえ)・長袴(ながばかま)・裳(も)で構成されています。

 

唐衣(からぎぬ)

一番上に着ます。

身に羽織るだけなので、背身頃は前身頃の約2/3の長さ、

袖丈より短くなっています。

 

表着(うはぎ)

唐衣の下に着ます。

二重織物などの高級な生地が用いられ、裏は無地で、襟、袖口、裾が1cmほど「お退り(おめり)」に仕立てられています。

 

打衣(うちぎぬ)

表着の下に着ます。

表地は綾、裏地は平絹を使っています。

 

五衣(いつつぎぬ)

袿(うちぎ)を5枚重ねて着るので五衣と呼ばれていますが、

形や大きさは表着と変わりません。

 

単衣(ひとえ)

袿の下に着ます。

形は袿と同じですが、裄と丈が他の袿より大きく長く仕立てられています。

 

長袴(ながばかま)

筒形になっていて、裾は後ろに長く引くようになっています。

 

裳(も)

奈良時代には腰に巻いたものでしたが、平安時代になってからは衣服を数多く重ね着するようなり腰に巻くことができなくなったため、腰に当てて結び、後ろに垂れて引くものになりました。

 

スポンサーリンク

 

十二単の由来

十二単だから12枚の着物を着ているからと思われがちですが、

「十二分に着ている」という意味から呼ばれるようなったそうです。

また12という数字は語呂が良い、平家物語の異本の1つ「源平盛衰記」の中にある「弥生の末の事なれば、藤がさねの十二単の御衣を召され」という部分を世間が取り違えたからなどの説もあります。

 

十二単の重さ

季節に合わせて装束が変わりますが、約20kgの重さがあったといわれています。

記録によると、袖口や襟元に見える部分にこだわるあまりに20枚上の衣を重ねたため、総重量が約60kgとなり重くて動けなくなったそうです。

自分で自由に動けなかったので、常にお世話係の人が身の回りのことをしてくれていたようです。

 

貴族の生活

午前3時頃に起きて、自分の属する星の名前を唱えてから、歯を磨きます。

今度は西に向かってお祈りをします。

朝食をとってから午前7時頃に出勤し11時頃まで仕事をして帰宅となります。

正午までに昼食をとり、午後は和歌や音楽・蹴鞠・貝合わせなどをして過ごし午後4時頃に夕食となっていたそうです。

女性は自由に出歩くことができなかったので、家の中で過ごしていたそうです。

 

男雛の衣装の束帯とは?

 

公家男子の正装で「昼装束(ひのしょうぞく)」とも呼ばれています。

冠(かんむり)・袍(ほう)・半臂(はんぴ)・下襲(したがさね)・衵(あこめ)・単(ひとえ)・表袴(うえのはかま)・大口(おおくちばかま)・石帯(せきたい)・帖紙(たとう)・笏(しやく)・襪(しとうず)・沓(くつ)で構成されていています。

女性より大変だったんですね(^^;)

一番上に着る袍には2種類あり、文官や高位の武官は「縫腋(ほうえき)」、

一般の武官・未成年は「闕腋(けってき)」を着用します。

 

十二単や束帯 まとめ

雛人形のお内裏様が着ている十二単と束帯について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

ひな祭りの歌詞に「お内裏様とおひな様 二人仲良く並んで」とありますが、

内裏とは天皇の私的区域のことで他に御所(ごしょ)・禁裏(きんり)・大内(おおうち)などがあり、天皇が住む宮殿のことを言います。

お内裏様とは男雛と女雛の2人、おひな様とは仕丁・随身・五人囃子・三人官女・お内裏様と全ての雛人形を指しているのです。

男雛と女雛が2人ずつ並んでいることになるそうです。

この歌が有名になったので今でも勘違いしている人が多いんですね。

歌詞はそのまま浸透してしまいましたが、お内裏様は男雛と女雛だということを覚えておきましょう。

 

ひな祭りに関する記事一覧

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

-季節の行事・歳時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

衣替えを見直そう!収納でついた嫌な匂いをとる技と仕舞い方のコツ

毎年季節の変わり目にする事と言えば衣替え! ちゃんときれいにして仕舞ったのに、衣替えの時ににおいが気になったことありませんか? なにが原因だろう?どうしたらいいのかな・・そんな疑問を解決すべく調べてみ …

母の日参りにすることは?母の日には好きだった花を供えてお墓参り

  5月の第二日曜日は「母の日」です。 いつもお世話になっている母親に、感謝の気持ちを込めてメッセージやプレゼントを贈る日です。 いつもは感謝の気持ちもなかなか言えないけど、 1年に1度この …

母の日には手作りケーキとカーネーションで日頃の感謝を込めて!

  5月の第2日曜日は「母の日」ですね。 お母さんに日頃の感謝の気持ちを込めてなにか素敵なプレゼントを考えているあなたに(^^)絶対喜ばれるプレゼントの提案です! カーネーションと一緒に手作 …

敬老の日におすすめの工作とケーキ!親子で作ろう!

9月の第三月曜日は「敬老の日」です。 土・日・月と3連休になるのでおじいちゃんおばあちゃんの家に遊びに行くのもいいですね。 日頃からお世話になっている大好きなおじいちゃんおばあちゃんに感謝の気持ちとお …

七五三のお祝いはいつから?男女で時期が違うの??

  もうすぐ七五三の季節です。 七五三と言えば3歳になったらお祝いをするものですが、最近では2歳でお祝いをする方も増えています。 あれ?七五三は3歳で祝うものじゃないの??と 疑問に思う方も …

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。