日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

暮らし 未分類 食材・料理

塩の使い道は料理以外でもこんなにある!漬物にかかせないわけは

投稿日:2020-05-20 更新日:

 

塩は料理に欠かすことのできない調味料ですが、野菜の色出しや果物の変色防止、鍋の焦げを取ったり・ガラス容器のくもりを取るなど・・・様々な使い方があります。

またご飯につきもののお漬物にも塩はかかせません。

そしてパンや麺類のグルテン形成にも一役。

料理以外での塩の使い道や漬物にかかせない理由などまとめてみましたのでご紹介。

 

スポンサーリンク

 

塩の使い道は料理以外でもこんなにある!

塩には食材に味をつける・臭みを取るなどで料理に使われています。

料理以外での塩の使い道をいくつかあげてみますね。

 

里芋のぬめり取り

里芋の皮を剥いてから、塩で良く揉んでから洗い流すとぬめりが取れます。

スーパーマーケットで購入した牡蠣を塩で優しくもみ洗いすると、ぬめりと一緒に汚れも落とすことができますよ。

 

焦げを取る

調理中にうっかり鍋やフライパンにつけてしまった時の焦げを取ることができます。

 

【手順】

  1. 熱湯と食器用洗剤でよく洗います。
  2. 焦げている部分に熱湯をかけてから、たっぷりと塩をふりかけて約20分放置します。
  3. スポンジでこすり落とします。
  4. 焦げが残った場合は塩をふりかけてから水を入れて沸騰させ、冷めてからスポンジでこすり落とします。

 

木製まな板の手入れ

木製まな板に塩をふりかけてから、スポンジで擦ります。

研磨効果や殺菌作用によってカビによってできた黒ずみや雑菌・臭いなどを取り除くことができますよ。

 

茶渋を落とす

スポンジに塩をつけて擦ると、湯飲みや急須などに付いた茶渋を取ることができます。

塩がタンニンと結びついて、落とす性質があるそうです。

 

スポンサーリンク

 

畳やカーペットなどの掃除

塩を撒いてから掃除機をかける、またはホウキで掃きます。

塩が畳やカーペットなどにある細かいチリやホコリが吸着してくれます。

 

切り花を長持ちさせる

切り花の茎を斜めに切ってから濃い塩水につける、または切り口に塩をすりこんでから花瓶で生けます。

殺菌作用によってバクテリアの繁殖を防いでくれるそうですよ。

 

シミの広がりを防ぐ

服に醤油やコーヒーなどシミになりやすいものをこぼした場所に塩をタップリと振りかけて、しばらく放置してから塩を取り除きます。

塩の吸水性によって、汚れた部分の水分を吸い取ってくれるのでシミの広がりを防いでくれます。

 

風邪・インフルエンザ予防

歯磨きをしてから塩を入れたお湯でうがいをすると殺菌作用によって、口の中がキレイになります。

風邪やインフルエンザなどを予防することができますよ。

 

【手順】

  1. コップにお湯(200ml)と塩(小さじ1)を入れて良く混ぜます。
  2. 口に含んで塩水が全体に行きわたるようにブクブクと動かします。
  3. 喉に塩水が届くようにガラガラとしてから吐き出します。

 

歯茎マッサージ

指に塩をつけて歯茎に当てマッサージをします。

殺菌作用によって、歯槽膿漏の原因となる菌を殺菌してくれます。

また歯茎が引きしめられて丈夫になるそうですよ。

 

スポンサーリンク

 

塩で脱水と防腐 漬物にはかかせないわけ

塩には脱水・防腐作用があり、浸透圧によって食材から水分が抜けることで細菌が死滅し繁殖が抑えられます。

野菜を塩漬けにすると、細胞から水分がしみ出てくることで繊維がしんなりとしてきます。

野菜から水分とともに出た成分を元に乳酸菌などが発酵して、独特の風味が出て漬物が美味しくなります。

浸透圧によって腐敗菌の活動が抑えられるので、保存性も良くなるそうです。

 

 

グルテン形成にも一役!塩の使われ方

うどんやパンの生地を作るときに塩を入れます。

塩には、小麦粉に含まれているタンパク質・グリアジンとグルテニンに水を加えることで作られるグルテンを引き締める働きがあります。

塩を入れなくても生地を作ることはできますが、タンパク質分解酵素の働きを抑えることができないので時間が過ぎていくと生地はダレてしまいます。

 

名古屋の味噌煮込みうどんのように、麺を茹でずにだし汁で煮込む場合は生地に塩が入っていなくても大丈夫ですが、パン生地に塩が入っていないとベタベタになり、焼き上げたときの色は薄くボリューム感も少なくなってしまいます。

生地を作るときに塩を入れることでグルテンを引き締めるだけでなく、酵母の発酵を抑えてくれる働きもあるといわれています。

 

スポンサーリンク

 

塩の使い道 さいごに

塩は味をつけるだけでなく、歯槽膿漏や風邪予防などで健康を守る・汚れを落とす・切り花を長持ちさせるなど、いろんな場面で役に立つ万能アイテムなんでね。

塩を上手に活用してみたいと思います。

 

♪塩は美容にもいいようです (^^) こちらの記事も合わせてご覧ください。

塩の美容効果とは?いいことづくしの塩効果!スクラブ効果と使い方

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-暮らし, 未分類, 食材・料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

救急箱と置き薬の歴史 置き薬とは?家庭に置かれたのはいつから?

  ケガや体調が悪くなったときに応急処置ができる医療道具・薬などが入った救急箱は、いつから家庭で置かれるようになったのでしょうか。 また薬を使った分だけ支払う置き薬というものがありますが、そ …

珈琲豆の品種は大別すると3種 銘柄別の特徴と焙煎による味の違い

珈琲豆の生産は世界で約60カ国。 それぞれの気候や風土にあった栽培方法で生産されています。 産地によって形や味・香りなどに違いがあります。 珈琲豆はアラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種の3種類に分けられ …

マスクで臭いが気になる!不快な臭いにはアロマスプレーで対策を

  冬の時期や花粉症の時期に多く見られるのが、マスクをした人。 風邪予防や花粉の防止に大活躍のマスクですよね。 かくいう私もマスクは必需品なんです。 でも、このマスク、臭いが気になってしまう …

甘くない栗の活用法!甘くない栗の美味しい食べ方と栗を甘くする方法

  秋には美味しいものがたくさんあります。 栗もそのひとつ。 栗ご飯や栗きんとん・モンブランなど、いろんな食べ方ができる秋の味覚の栗。 でも、いざ食べてみたら、甘くないなんていうことがありま …

そばと行事食の関係なぜ行事食にそば?節分そばや彼岸そば・雛そば?

    季節ごとの行事に用意する特別な食事「行事食」には様々な料理があります。 蕎麦にも大晦日には年越しそば、節分には節分そばなどがあります。 蕎麦と行事食の関係や使われている理由 …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。

楽天トラベル