日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。/当サイトはプロモーションが含まれています

暮らし

ガス事業のはじまり/都市ガスとLPガスの誕生と歴史

投稿日:2023-06-13 更新日:

現在では生活にかかせないガス。

お風呂を沸かすのや料理をするのに必要となるガスですが、いつから利用されるようになったのでしょうか。

ガスの誕生や歴史、そして日本でのガスの使用の始まりなど。

また、プロパンガス・都市ガスが使われるようになった歴史などを紹介します。

スポンサーリンク

 

ガス事業のはじまりと歴史

1792年、スコットランドの技師であるウィリアム・マードックが石炭を蒸し焼きにして作ったガスで灯りを灯したのが始まりであるといわれています。

1812年、イギリスのロンドンに世界初となるガス会社「ロンドン・アンド・ウェストミンスター・ガスライト・アンド・コークス社」が設立され、ガス事業が始まりました。

この頃の日本は鎖国をしていたため、ガスが伝わることはありませんでした。

明治時代になり、江戸から東京に地名が変わったことと社会の仕組みが大きく変わったことで海外との交流が再開したことで、いろんな文化が日本へ入ってきました。

1872年に横浜で初めてガス灯が灯りました。

当時は毎日夕方になるとガス灯に点火、朝になると消して回る点消方(てんしょうかた)と呼ばれる専門職の人がいて、1人で約100本のガス灯を担当していました。

点消方が寝坊してしまうと、いつまでもガス灯が灯ったままになってしまいます。

そのため点消方になれるのは、起こしてもらうことができる既婚者だけだったといわれています。

1874年には東京の銀座通りに約86基のガス灯が設置されたことを皮切りに、次第に増えていきました。

 

 

1900年代になるとガスは灯りだけでなく、いつでも簡単に使えて自由に調節ができる熱源として注目されるようになりました。

そして全国に約70社のガス会社が設立され、ガスの普及に力を入れるようになりました。

高度経済成長期になると、電気製品とともにガスレンジやガスコンロ・湯沸かし器・ストーブ・炊飯器・冷蔵庫・アイロンといった家庭用ガス製品が誕生しました。

しかし、ガスボンベで供給していたガスと違い、電気は大規模な電源開発によって供給量が増えたことで一気に電気製品が普及していきました。

やがて明かりは電気、熱源はガスというすみ分けができました。

 

LPガスの誕生と歴史

プロパンガスが誕生したのは、1790年のイギリスです。

当時は石炭の需要が高くアフリカで炭鉱開発をしていて、毎年約500万トンの石炭を発掘していました。

しかし、採掘を進めていくうちに石炭の残量は一気に減っていきました。

そのため石炭に変わる別の燃料を探し始め、液化天然ガスにたどりつきました。

 

スポンサーリンク

 

液化天然ガスは海洋上で抽出することができるだけでなく、少量でも長期間エネルギーを供給することができることが分かり、イギリスのオックスフォードにある企業がペルシャ湾内に採掘ラボを作ったことでプロパンガスが誕生しました。

作られたプロパンガスは、ガスボンベに入れて自国へ送っていました。

日本でプロパンガスが使われるようになったのは、1938年で自動車用の燃料でした。

当時は燃料として使っていた石炭はアメリカから輸入していました。

しかし日中戦争によって、日本は欧米各国から侵略者とみられていました。

そのため経済制裁としてアメリカが日本への石炭輸出を禁止になったことで、燃料資源が不足してしまいました。

そこで政府は、プロパンガスを自動車の燃料として使用することにしました。

1953年頃からプロパンガスは、家庭でも使われるようになりました。

 

それまで家庭で使われていた燃料といえば、薪や炭・練炭などでした。しかし燃料と使えるようになるまで、手間がかかるだけでなく火力も不安定だったため毎日使う物としては不便でした。

その点プロパンガスは、簡単に使えて強い火力が得られることで全国へと広まっていきました。

 

都市ガスの誕生と歴史

都市ガスは1792年にスコットランドの技師であるウィリアム・マードックが石炭を蒸し焼きにして作ったことで誕生しました。

日本では1872年、横浜でガス灯が灯されたことから始まりました。

1874年になると東京と神戸で都市ガスの供給が始まり、その後大阪や名古屋に相次いでガス会社が誕生しました。

第2次世界大戦後、都市ガスの製造・供給設備が破壊されていたため供給量が減少していましたが1950年頃までに復旧されました。

現在では環境に優しいクリーンエネルギーとして、様々なところで使われています。

 

 

ガスの誕生と歴史 さいごに

日本でガスが使われるようになったのは明治時代からです。

それまでは薪や炭などを使って火を起こしていましたが時間がかかり火力も弱いものでした。

今ではガスコンロのツマミをひねれば簡単に火をつけることができるようになっています。

ガスの便利さを感じながら使ってみてはいかがでしょうか。

♪ 今は電化が進みガスを使わないという住まいもあるようですが、やはりガスは生活に欠かせないものの一つ。ガスについて書いてみましたが、一人暮らしの場合は都市ガスとプロパンガスどちらがいいのでしょう?そんなことを知りたくなったらこちらもご覧ください。

一人暮らしの場合では都市ガスとLPガス どっちがいい?

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク

-暮らし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

弁当のおかずの定番を簡単に!作り置きおかずと節約弁当レシピ

弁当作りを始めてみたけど、おかずのレパートリーが少なくて気がつけば同じおかずが続いているということがありませんか? 弁当の定番のおかずを簡単に作る方法や作り置きできるおかずレシピ、そして折角弁当にする …

はじめての一人暮らし引っ越し準備で必要な事と手順とやることリスト

  人生で引っ越しを何度も経験する人もいれば、初めての引っ越しを経験する方もいますよね。 大学進学とともに一人暮らしを始める方や、独り立ちしたいと意を決して引越し!なんていう方も。 もちろん …

動物園の歴史と日本の動物園のはじまり/世界初の動物園は

動物園は、野生動物の保護や研究・調査などを目的としてつくられた施設です。 動物園はいつ、どこで誕生したのでしょうか。動物園の歴史を調べてみましたのでご紹介します。 スポンサーリンク

枝豆の旬の美味しい食べ方とアレンジ/枝豆ポタージュの簡単な作り方

枝豆は6~8月に旬を迎える夏の野菜で、ビールのお供として知られています。 しかし、使い方次第では料理に彩りを加えるだけでなく、違った食べ方もできます。 枝豆の美味しい食べ方やアレンジレシピ・枝豆ポター …

秋の味覚美味しい栗の見分け方 栗を簡単に剥くコツとおかずレシピ

  栗を買ってきたのはいいけど、皮を剥いているときや食べようとしたときに中に虫がいたり、思っていたより美味しくなかったり・・ガッカリしたことありませんか? 買う時に美味しい栗の特徴や栗の見分 …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。