日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

暮らし

すだれ(簾)とよしず(葭簀)の違いや効果 簾の使い方と葭簀使い方

投稿日:

 

夏の熱い日差しを遮るものにはカーテンやサンシェード・グリーンカーテンなどがあります。

そして日本には古くから「すだれ(簾)」と「よしず(葭簀)」と呼ばれる物があります。

どちらも日除けとして使われていますが、どんな違いがあるのでしょう。

この「すだれ(簾)」と「よしず(葭簀)」の違いや特徴、

そしてこれらの使い方や効果などをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

すだれ(簾)とよしず(葭簀)の違いは何?

「すだれ(簾)」と「よしず(葭簀)」は、それぞれどんな物でしょうか。

 

すだれ(簾)とは

すだれは、竹や葦を原材料として細く切って地面に対し横に並べ錦糸で編んだ物です。

日除け・虫除け・目隠しなどの目的で使われています。

日本では奈良時代から使われていたようで、万葉集には「すだれ」が登場する歌があります。

公家や貴族の室内では「みす(御簾)」と呼ばれる縁取りのある「すだれ」が、

仕切りとして使われていました。

 

 

よしず(葭簀)とは

葦を原材料として2~3mの葦を地面に対し縦に並べシュロ糸で編んだものです。

「すだれ」よりサイズが大きいのが特徴です。

「すだれ」と同じく日除け・虫除け・目隠しなどの目的で使われています。

北海道などの寒冷地では寒さや雪を防ぐために冬でも使われることもあるそうです。

 

 

すだれ(簾)とよしず(葭簀)の違い

「すだれ」・「よしず」とも日除け・虫除け・目隠しに使われていますが、

ひとつには使い方のちがいがあります。

「すだれ」は窓の外や軒先に吊して使用します。

「よしず」は窓全体を覆うように立てかけるという使い方をします。

 

また「すだれ」は竹で作られ様々なサイズがありますが、

「よしず」は葦の茎で作られ幅が約180cmと決まっているという

素材と大きさにも違いがありますよ。

 

スポンサーリンク

 

すだれとよしずの効果はどんなこと

すだれ(簾)とよしず(葭簀)を使うことで、どんな効果がえられるのでしょうか。

どちらも日よけなどで吊るしたりたてかけたりしますが、

それによって得られる効果があります。

 

室内を涼しくできる

「すだれ」と「よしず」には隙間があるのでカーテンと違い風通しが良く、

室内の温度を下げることができます。

 

電気代の節約になる

直射日光を遮り室内に風を取り込むことができるため、エアコン・扇風機をつけっぱなしにする必要がないので電気代を抑えることができますよ。

 

インテリアになる

「すだれ」・「よしず」といえば和のイメージが強いですね。

でも最近ではプラスチックやシリコンなどを素材にしたものやカーテンや巻き取り式になっているタイプがあります。

種類や色・デザインが豊富にあるのでインテリアとして使うことができます。

 

簾の使い方と葭簀の場合の使い方

すだれ(簾)とよしず(葭簀)の使い方を紹介します。

 

すだれ(簾)の使い方

「すだれ」には室内に吊るす場合と室外に吊るす場合の2通りがあります。

 

・室外にかける

室外に「すだれ」をかけるには、専用のすだれハンガー・結束バンドとダブルクリップを使う方法があります。

 

すだれハンガー

サッシの枠に取り付けて「すだれ」をかけます。

小さいサイズや粘着式・マグネット式になっているものなどの種類があるので、窓の大きさに合わせることができますよ。

 

ダブルクリップ

結束バンドを「すだれ」とダブルクリップのレバーに通します。設置したい場所にダブルクリップを挟みます。

 

・室内にかける

室内に「すだれ」をかけるには、カーテンレール・すだれ用フックを使う方法があります。

 

カーテンレール

カーテンレールにカーテン用アジャスターフックを付けてから、

「すだれ」に引っかけます。

 

すだれ用フック

カーテンレールの端に取り付けるタイプと窓枠に挟むタイプがあります。

 

よしず(葭簀)の使い方

よしずは商店などで店先にたてかけて使っているのを見かけることがありますね(^^)

軒先やベランダの窓に立てかけるだけで簡単に設置できます。

風にあおられて倒れないように、真ん中あたりに紐を下に向けて通してブロックやレンガなどに結びつけて重石にするといいですよ。

上の部分はサッシの枠などに結びつけておくと固定することができます。

 

 

すだれとよしず まとめ

「すだれ」や「よしず」を使うと室内を涼しくすることができるので、

冷房機器をずっとつける必要がなく電気代の節約になるのが魅力ですね。

違いや特徴を活かして、上手に使って暑い夏を乗り切りましょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-暮らし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

醤油の種類別の特徴と料理の使い分けのコツ 地方で違う醤油の種類

  日本各地で作られている醤油は地域の特性や醸造方法によって、 たくさんの種類があります。 大きく分けて濃口・淡口・溜・白・再仕込みの5種類になります。 料理によって使う醤油が違ってきます。 …

保冷剤と蓄冷剤の違い 繰り返し使える仕組みは?お弁当の保冷剤冷たい時

  ケーキやチョコレートなどの洋菓子・アイスクリームを購入するときに入っている保冷剤には、味を落とすことなく冷やせて、冷凍庫で凍らせると再度使うことができる便利なアイテムです。 なぜ保冷剤が …

こたつのヒーター寿命は?買い換え目安と見極め自分で取替える方法

  冬の暖房でほっこりできるアイテムの炬燵。 でも、こたつを使い続けていると部品の劣化などでスイッチを入れてもつかない・暖かくならないということが起こります。 こたつの寿命ってどのくらいなん …

ハラスメントの定義とは?種類や意味 意外と知らない当たり前のこと

  最近はハラスメントという言葉を日常でもたびたびきくようになりました。 ハラスメント(Harassment)とは、「人を困らせること」・「嫌がらせ」という意味で、セクハラ・パワハラ・マタハ …

割り箸のなぜ 割れていない理由は?割り箸のマナーとうまく割る方法

  割り箸の入った袋に「おてもと」と書いてありますが、どんな意味があるのかでしょう? また、割り箸が最初から割れていないことも気になりますよね。 割り箸のなぜ?について気になることを調べてみ …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。