日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。/当サイトはプロモーションが含まれています

暮らし 食材・料理

かき氷の歴史 日本ではいつから食べていたの?昔のかき氷とは

投稿日:2019-05-13 更新日:

 

夏になったら食べたくなるものと言えば、定番は冷やし中華・スイカ・トウモロコシなどがありますが、かき氷もその1つ!

日本でかき氷が食べられるようになったのは、いつ頃なのでしょう?

はじめのかき氷とはどんなもの?

なんていうことが気になったので調べてみました(^^)

今回は、その調べたかき氷の歴史や種類などをまとめたものです。

 

スポンサーリンク

 

かき氷の歴史 日本では

記録によると日本でかき氷が登場したのは平安時代

女流作家・清少納言の「枕草子」第四十二段に

削り氷にあまづら入れて新しき金椀に入れたる

と書かれています。

保存することのできなかった氷はとても貴重な品のため、貴族しか口にすることができない高級な食べ物だったんですね。

江戸時代になると、夏でも北国から氷を江戸まで運べるようになりましが、

まだ保存する技術がなかったため将軍や大名など特権階級の人たちしか食べることができませんでした。

波空
庶民がかき氷を食べられるようになったのは明治時代になり、人工氷が作られるようになってからといわれています。
猫にゃん
誰でも食べられるようになったのって、そんなに昔じゃないんだにゃ

 

日本のかき氷の今と昔 昔のかき氷とは

平安時代の貴族たちが食べていたかき氷は、削った氷にあまづらというハチミツに似た甘味料をかけ、江戸時代ではかき氷に砂糖ときな粉をまぶしていたそうです。

明治時代では砂糖を振りかけた「雪」・砂糖蜜をかけた「みぞれ」・小豆あんをのせた「金時」が良く食べられていました。

でも第二次世界大戦後になると、いちごやメロン・レモンなどのかき氷専用のシロップが使われるようになったため、砂糖を振りかけていた「雪」はなくなりました。

 

 

今では定番のいちご・メロン・レモンのシロップの他に、天然氷と果物を組み合わせたもの、見た目がケーキになっている変わり種など種類は豊富にありますね。

 

スポンサーリンク

 

かき氷の種類はこんなにある!珍しいかき氷紹介

日本各地にある珍しいかき氷をご紹介します。

 

酢だまり氷

いちごシロップをかけたかき氷に酢醤油を加えたもので、山形県山辺町の名物です。

サッパリとした後味が特徴となっています。

終戦後シロップが手に入りにくい時に、ところてんに使われていた酢醤油をかき氷にかけたのが始まりといわれています。

赤福氷

抹茶蜜をかけたかき氷の中に氷に馴染むように作られた特製の餡とお餅が入った伊勢名物赤福の夏季限定メニューです。

1961年に二見浦で海水浴客向けに考案され、何度か改良され現在の形になりました。

白くま

かき氷に缶詰のミカンやパイナップル・果物などを盛り込み、アズキをのせて練乳をかけた鹿児島名物です。

多くの喫茶店や飲食店で提供されています。

1949年天文館むじゃき本店で販売が開始されました。

焼き氷

氷にカラメルソースがかけられていて、まるで氷が焦げたように見えるところから「焼き氷」と名付けられたといわれています。

明治時代後期頃に東京・大阪で食べられていたそうです。

当時のレシピは残っていませんでしたが、2012年7月に通天閣100周年を迎えた時、大阪市新世界にあるレストラン「グリルDEN・EN」が文献などに残されていたお客さんの感想をもとにして再現して提供が始まりました。

2013年にはNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」に焼き氷が登場して注目を集めました。

コバルトアイス

かき氷に青いブルーハワイシロップと練乳をかけた、九州各地にある「蜂楽饅頭(ほうらくまんじゅう)」の期間限定メニューです。

やさしい甘みとフワフワとした氷の食感が楽しめます。

ぜんざい

ぜんざいと言えば小豆を砂糖と水で柔らかく煮て餅や白玉だんごを入れた温かい食べ物を思い浮かべますが、沖縄では金時豆を黒糖で煮てから冷やし、かき氷にかけたものをぜんざいと呼んでいます。

みかん氷

昔ながらの粗い氷の上に缶詰のミカンをのせて缶詰のシロップをかけた横浜スタジアムの名物メニューです。

暑い野球場にはピッタリのかき氷で、早々に売り切れることもあるそうです。

また、容器がヘルメット型になっているボリューム満点のヘルメットみかん氷もありますよ。

 

 

かき氷の歴史 さいごに

現代では家庭用かき氷器なんかもあるので簡単にかき氷が食べられます。

オリジナルな味も楽しめますね。

かき氷と言ってもいろんな種類があります。

インパクトのあるかき氷を提供しているお店もあるので、

自宅で楽しむだけでなく食べに出かけてみてはいかがでしょうか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-暮らし, 食材・料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

米ぬかは食べられる?食べる効果と炒りぬかの作り方のコツやレシピ

玄米から白米へと精米するときに出てくる米ぬか。 掃除や洗い物・家庭菜園・入浴剤・洗顔などに使うことができますが、栄養が豊富に含まれているので料理に加えることもできます。 といっても米ぬかを食べるって想 …

都市鉱山とは? レアメタル回収方法-レアメタルのリサイクル

レアメタルはパソコンやスマホ・家電など様々な機器に使われている材料の1つです。 しかし、レアメタルは存在量が少なく、採掘や純度を高める作業のコストが高すぎるなどの理由で入手が難しくなっています。 使わ …

おから卯の花の簡単レシピ!アレンジレシピでもっと美味しく!

  豆乳を絞ったときに出る残りかすのおからは、シイタケやニンジンなどの野菜・油揚げなどを具材に炒り煮した卯の花と呼ばれる料理の材料に使います。 卯の花って作ったことありますか? 私はなんとな …

ジーパンの洗い方!洗濯機での注意と色落ち防止/洗う頻度は?

ジーパンを洗うと生地が傷む・型崩れしてしまうなどの理由で「ジーパンは洗わない方が良い」と言われていました。 しかしジーパンを洗わず、そのままにするとデニム生地に汚れが蓄積してしまいダニやカビを発生させ …

牡蠣の殻付きの洗い方と簡単な開け方!生食用牡蠣のおいしい食べ方

スーパーマーケットでは、むき身となった牡蠣が売られているのが一般的です。 しかし、産地や物産展・ネット販売では殻が付いたままで牡蠣が売られていることがあります。 殻付きの牡蠣は美味しいけど、どうやって …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。