日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

季節の行事・歳時

5月5日端午の節供のお飾りの兜はいつから飾るの?兜を飾る意味とは

投稿日:2019-03-09 更新日:

 

5月5日は「こどもの日」ですが、男の子の節句・端午の節句でもありますね。

端午の節句になぜ鎧を飾るのでしょう?

そして兜飾りを買う時の悩みがほんとうは誰が買うのが正解?ということ。

そんな疑問がわいて調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

端午の節句とは?

端午の節句とは五節句の1つです。

男の子の健やかな成長を願う風習で奈良時代から始まりました。

が、鎌倉時代になり武家政治へと移り変わったことで廃れていきました。

江戸時代になると「菖蒲(しょうぶ)」が武を重んじる「尚武(しょうぶ)」と同じであることから、尚武の節日として盛んに祝うようになりました。

中国で始まった行事ですが、中国では5月は急に気温が上がり暑くなるため、

病気にかかりやすく場合によっては亡くなってしまう人が多かったため

「毒月」とも呼ばれていました。

厄除け・毒除けをするために菖蒲やヨモギの葉を門に刺し、薬用酒や肉粽を飲食して健康増進を祈願しているそうです。

そんな端午の節供の飾りとして兜や鎧を飾りますが、どんな意味があるのでしょう?

 

 

こどもの日に兜を飾る意味とは?

兜や鎧は武将にとって自分を守る大切な道具だったことから、命を守る象徴として考えられるようになりました。

そんな鎧兜には男の子を事故や病気・災害などから守ってくれますようにという願いが込められています。

だからこどもの日―端午の節供には兜などが飾られるようになったんですね。

 

飾る期間と片付けるのはいつ?

兜や鎧を飾る時期は特に決まってはいませんが、3月21日頃から4月中旬頃に飾るのが一般的です。

雛人形のように、ひな祭りが終わってからすぐに片付けないと結婚が遅れるというような言い伝えはないんですね。

端午の節句が終わった後にも飾っていてもいいんですが、遅くとも5月下旬頃までの天気が良い日に片付けるようにしましょう。

お天気の良い日にしまうというのは、湿気などをさける意味もあります。

また、縁起をかつぐ意味として大安または友引の日に片付けるのもいいですよ。

 

スポンサーリンク

 

こどもの日の兜は誰が買うのが正解?

孫の初節句となると、お祖父ちゃん・お祖母ちゃんが張り切って兜や鎧を買ってあげると言ってくるのではないでしょうか。

兜や鎧は誰が買うのかは地域によって違うそうです。

関東では家を継ぐ男の子が生まれたという喜びを込めて父親の実家、

関西では嫁いだ娘が肩身の狭い思いをしないようにと母方の実家、

が買うのが一般的と言われていました。

それぞれに昔からの由来や意味もあるのですが、現在では、誰が買うのかを話し合いで決めることが一般的となっているようです。

是非孫にはお祝いとして買ってあげたいというお祖父ちゃん・お祖母ちゃんの意向をとりいれて、祖父母に買ってもらう・・・

また両家の親が折半する・親である自分たちも含めてみんなでお金を出し合うなど、その家庭でのケースバイケースで決まることが多いようです。

 

 

買うのはいつ頃がいい?

売り場に兜や鎧が出るのは、ひな祭りが終わった後の3月中旬頃になります。良い物はすぐに売り切れてしまうことがあるので売り場に並び始めたら、すぐに買いに行くようにするといいですね。

また、ネットで買って送ってもらうというのも足がない場合は便利です。

端午の節供のお飾りはこいのぼり?兜を飾りたい!お子さんの願いにお薦めセット

端午の節供の兜飾り まとめ

昔はどちらの家が兜を買うのかが決まっていましたが、今ではそこまでこだわることはなくなってきたようです。

みんなでお金を出しあう・兜は自分たちで鯉のぼりは両家のお祖父ちゃん・お祖母ちゃんたちが買うなどいろいろ方法があるので、話し合ってお互いが納得できるようにして、端午の節句をお祝いしてあげましょう。

こどもの日・端午の節供の記事一覧

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

-季節の行事・歳時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

書き初めとは?書初めのはじめて なんのためにいつからある習慣なの?

  書き初めは日本の年中行事の一つです。 新年に1年の豊富などを毛筆で書きます。 新年になって初めて書く字や絵を「書き初め」と言います。 小学校の頃には、冬休みの宿題の1つに書き初めがありま …

秋の五節句!重陽の節句の由来 行事食や花にはどんなものがある?

日本では四季があり、その季節の節目の日に節句という行事があります。 1月には七草の節句、3月は桃の節句、5月は端午の節句、7月には七夕と・・ そして 9月には重陽の節句というのがあります。 これらの節 …

お彼岸とお盆 こんな違いがあった お彼岸の始まりはいつから?

お彼岸やお盆には、お墓参りに行くお家も多いと思います。 そんな時、お子さんに「お彼岸とお盆って何が違うの?」と聞かれたら? これはなかなか難しいですよね^^; 即座に答えられるという方は、ここはパスし …

家族葬とは?やり方とメリットデメリット 故人の意志は尊重するべき?

  お葬式では準備や当日の取り仕切り、弔問客の対応などで慌ただしく過ぎてしまい、故人との最後のお別れがゆっくりできずに終わってしまうことがありますね。 近年では家族や親戚、ごく親しい人たちだ …

お通夜と葬儀 親しい友人の場合どっちに出たらいい?服装のマナ―は?

  親しい友人の訃報を受け取ったとき、お通夜だけ、 または葬儀だけの参列かとか、両方参列してもいいのか・・ 迷ってしまうことがありますよね。 初めてだと他にもいろいろわからないことがでてきま …

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。