日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

季節の行事・歳時

こどもの入学祝 身内以外のお返しは必要?するなら相場はどのくらい

投稿日:2019-02-24 更新日:

 

子供の入学の時ってたくさんの人からお祝いを貰いますよね。

身内、親戚、友達、会社の上司など、色々な人からお祝いを頂きます。

とても嬉しい事なんですが、ちょっとしたお悩みも出てきます。

私が悩んだのは、お返しをどうしたらいいのか・・・

 

スポンサーリンク

 

入学祝の身内以外へのお返しは必要?

両親、兄弟など身近な人からは「お返しはいいから」と言われたのでしませんでしたが、会社の上司とかだと、やらない訳にはいかないような。

なので、ちょっと調べてみた所

「基本的にはお返しは必要ない」という答えが出ました。

ただ、最近では入学祝いもお祝いごとだから「入学内祝い」として返すべきだ。という考えも増えてきているそうで、ちゃんと返す方も増えてきているそうです。

 

また、地域によっても違いがあり、冠婚葬祭と同じようにちゃんと贈るべき。

という所もあれば、贈らなくていいという所も・・・。

地域の慣習に沿うのがいいと思いますね。

 

ちなみに私の住んでいる地域では、入学内祝いは贈りませんが、もし贈るとしたら相場はどのくらいなのか?というと、

「貰ったお祝いの三分の一から半分」

が目安になっています。

 

物で貰った場合は、だいたいの予想で返すのがいいですね。

あまり高価なお返しはしないよう注意しましょう。

 

 

入学祝いのお返しに熨斗はつけるの?熨斗の書き方は

入学祝いのお返しをする場合熨斗はつけるのでしょうか?

正式にはつけるんですね。

その場合は紅白の蝶結びの水引きがついたものを使います。

 

表書きには、「内祝い」もしくは「入学内祝い」とし、下に子供の名前を書きます。

 

入学内祝いの場合、熨斗紙は包装紙の内側に掛ける「内のし」にする事が多いです。

ギフトカードや物を贈る場合、そのお店でのしも付けてくれたりするので、

お願いするといいですね。

 

スポンサーリンク

 

入学祝いのお返しをする場合のマナー いつまでに?

入学内祝いを贈るのは、一般的には入学式が終わってからです。

入学式から1か月以内には贈りましょう。

忘れたころに贈られてきた・・という事がないようにしましょう。

あまり遅くならないよう気を付けます。

 

また、お返しをすることが決まっていたとしても、入学祝いを貰った時は、口頭、書状、電話などですぐに感謝の気持ちを伝えましょう。

おじいちゃんおばあちゃんからのお祝いなら、入学式の写真にこどもからの一言を添えてみるというのがいいですが、そこまででなくても、親戚や親の会社関係でもちょっとしたこどもからの一言があるといいですね。

 

なによりも、子供本人からもきちんと感謝の気持ちを伝えさせるのが、贈った方も嬉しいですね。

「ありがとうございます」だけでも、簡単な言葉でも全然OKです。

お手紙で伝える場合でも、子供にも書いてもらうのがいいですね。

☆入学や入園に関する記事を集めましたので、こちらもご覧いただければと思います。

入園入学や卒業に関する記事一覧へ

 

入学祝のお返し 最後に

入学のお祝い。

お祝いして貰えるのはとても嬉しい事ですね。

お返しも気持ちでいいような気はしますが、贈るなら熨斗をつけきちんとした形で贈るのがいいと思います。

ちなみにお返しで人気なのは、商品券やギフトカード、カタログギフト、お菓子の詰め合わせなど。

現金を返すというのもあるそうですが、現金を貰って現金で返すのも何だか抵抗がありますよね。

特に年配の方々だと現金で返されるのは抵抗があるようです。

なので、やはり商品券やギフトカードなどが無難なのかなと思います。

お返しをする場合は、忘れずに入学式後1か月以内には贈るようにしましょうね。

とんでもない時期に贈って、相手にも「えっ。今頃?」と思われないように気を付けましょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-季節の行事・歳時
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小学校の入学までに準備するものやすること 身に付けたい生活習慣は

  春から小学校に入学するお子さんを持つお母さんにとって、成長を嬉しく思う反面入学準備や生活習慣をどうやって身につけさせるか悩んでしまいますよね。 今回は入学までに身に付けておきたい生活習慣 …

変化する埋葬の形 自然葬とは?一般の葬儀となにが違うの?

最近耳にするようになった自然葬。自然葬とはどんなものなのでしょう? 種類もいろいろあるようです。 自然葬とはどんなものか、メリットやデメリット、その種類などを調べてみました。   スポンサー …

七五三のお祝いはいつから?男女で時期が違うの??

  もうすぐ七五三の季節です。 七五三と言えば3歳になったらお祝いをするものですが、最近では2歳でお祝いをする方も増えています。 あれ?七五三は3歳で祝うものじゃないの??と 疑問に思う方も …

通夜の服装とお葬式の服装のちがいは?失礼にならないためのマナー

    急にお通夜に参列することになった時、迷ってしまうのは服装ではないでしょうか。 私も実際、急に親友の親が亡くなってしまい通夜に参列することになったのですが、やっぱり悩んだのは …

身内が亡くなってから葬式までにやることは?必要な手続きとは?

  誰にでも必ずやって来る「死」。 特に身内の場合は、悲しむ時間もなく葬儀までにやらなければいけないことがたくさんあります。 身内の死でやることの段取りにはなにがあるのでしょう? その時慌て …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。