日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

暮らし

使い捨てマスクの正しい使い方とは? 使用期限や捨て方も大事!

投稿日:

 

風邪や感染などの予防や花粉症対策、口・喉の乾燥対策など、いろんな使い方があるマスク。

安くて手軽な使い捨てマスクを使っている人も多いですよね。

使い捨てといっても、見た目が綺麗だと、もったいなくて使い続けてしまいがちになりませんか?

使い捨てマスクを使い続けることでどんなことになるのか、いつまで使っても大丈夫なのか、正しい捨て方などを調べてみました

 

スポンサーリンク

 

使い捨てマスクの使い方

使い捨てマスクの主な使い方をみてみましょう。

 

感染予防

感染者による咳やくしゃみで飛び散ったウィルスを口に入らないようします。

マスクをすることで、喉の粘膜を乾燥から守ることができるので体内への侵入を防ぐことができます。

 

感染拡大防止

風邪やインフルエンザなどの症状がある人が他人に感染させないようにすることで、感染が広がることを防ぐことができます。

 

乾燥防止

マスクと肌に接する部分の空気の湿度が高くなるため口腔内の乾燥を防ぐことができます。

またマスクを通って暖かい空気が目のあたりに当たるので、ドライアイ対策にもなります。

 

ダイエット

マスクをつけることで腹式呼吸しやすくなり、インナーマッスルを鍛えられます。

そのためでダイエット効果があるそうです。

マスクをつけることで間食を抑制することもできます。

 

その他

女性がノーメイクを隠すためや人目を避けるためにマスクが使われることもありますね。

 

使い捨てマスクを使い続けるとどうなる?

見た目が綺麗だから、まだ捨てるのはもったいないと使い捨てマスクを使い続けている方もいますが、使い続けることによってどんなことが起こるのでしょうか。

 

 

マスクは口から吐き出したウィルスを外に出さないという役目があります。

または空気中に飛散しているウィルスを口から入らないように防ぐ効果があります。

1日使ったマスクは、外側はウィルスやホコリ、内側は呼気に含まれる細菌が溜まってしまうので、衛生上良くありません。

また、1度外したマスクの表裏を間違えてつけてしまう可能性があり、ウィルスを口の中に入れてしまう恐れがあります。

使い捨てマスクは、1日使ったら新しいマスクに変えることが風邪やインフルエンザなどの感染を予防することができます。

 

スポンサーリンク

 

使い捨てマスクの正しい捨て方

使い捨てマスクを正しく捨てないと、ウィルスを体内に入れてしまう恐れがあります。

使い捨てマスクを外す時は、マスクの表面を触らないように耳にかけているゴム紐を持って外します。

また、鼻や口まわりを触らないように注意しましょう。

 

 

外したマスクは口・鼻部分を触らないようにして内側に折りたたみ蓋付きのゴミ箱に入れる、またはビニール袋に入れてウィルスが拡散しないように袋口を縛ってから捨てます。

マスクを捨てた後、指先にウィルスがついている可能性があるので、すぐに石けんを使って30秒以上こすり洗いしてから、しっかりと水で洗い流し、手についた水分を拭き取りましょう。

手のこすり洗い方

 

1. 手を流水で洗い流します。

2. 石けんを良く泡立てます。

3. 手のひらをこすり合わせます。

4. 手のひらを合わせ指の間を洗います。

5. 指先は反対の手のひらに立てるようにこすり合わせます。

6. 手の甲に手のひらを合わせてこすり合わせてから、指の間を洗います。

7. 親指は反対の手のひらで包むようにしてこすり合わせます。

8. 手首は反対の手のひらで包んでねじり洗いをします。

 

・・・とはいっても面倒ですよね(^^;)

私もこれほどしっかりやってはいませんが、普段マスクを捨てる時は、ふつうに外して内側にたたんでビニール袋にポイ。でも気になるようになったので、捨てた後はしっかり手を洗うようにしています。正しいといっても細かいところまで実行するのはなかなか億劫です。

気になる方は一度このとおりにしっかりやってみて、できそうなら実行することをおすすめします。

私のような無精者は、やってみて、どこが注意のポイントか考えて手を抜けるところを抜いて実行してみてください(^^;)

 

使い捨てマスク まとめ

1日使ったマスクは、いくら見た目が綺麗で再利用できるかもと思い使い続けてしまう方がいるかもしれません。

しかし、1日使ったマスクの表裏にはウィルスや細菌がついてしまっています。

そのマスクを使い続けてしまうと風邪やインフルエンザに罹ってしまう恐れがあります。

もったいないと思ってしまいますが、風邪やインフルエンザに罹って病院に行くことになると治療費で余計な出費になってしまいます。

使い捨てマスクに関しては「もったいない」は考えない方がよいようです。

予防対策と出費を抑えるために、使い捨てマスクは最低でも1日経ったら新しいマスクに取り替えるようにしましょう。

本当はマスクは一度はずしたら替えた方がよい、というお医者さんもいます。

また、普段からうがいと手洗いもしっかりしておくことで感染予防効果が上がりますね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

-暮らし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

温泉卵とは?半熟卵との違いはなに?独自の温泉卵のある温泉地は?

  卵を温泉につける、または蒸気で蒸して作る温泉卵は、温泉旅館の朝食に出てくる定番料理です。 半熟卵とよく似ていますが、温泉卵は黄身も白身も完全に固まらずトロッとしているのが特徴となっていま …

割り箸とは?その起源と種類 割り箸のメリッとデメリッ本当はエコ?

  外食したときやコンビニやスーパーマーケットなでお弁当を買ったときなどについてくる割り箸。 何気なく使ってはいるけど、割り箸の起源やはじめてはいつなんだろう? とか、その由来や種類など気に …

雨の日に歩くと裾が濡れる原因 靴や履き方で違う水はねしない歩き方

  雨の日の外出で憂鬱になってしまうといえば足元が濡れてしまうことですね。 水や泥がはねてズボンの裾やストッキングが濡れてしまうことで不快な気分になってしまいます。 今回は、雨の日に歩くと裾 …

名刺の始まりと歴史 日本ではいつから名刺のやりとりが始まったの?

  社会人になり、仕事を覚え始めると渡されるもの。 それは、自分の「名刺」です。 名刺を貰うと、「これで会社の一員になったんだなぁ・・・」と、 実感が湧きませんか? 頑張る気も一層強まります …

無水エタノールとは?消毒用エタノールとの違いと保管方法や保管場所

  アロマスプレーを作るのに欠かすことのできない無水エタノール。 アロマオイルは水に溶けにくいだけでなく、直接肌につけることができないので、無水エタノールで溶かして薄める必要があります。 ア …

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。