日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

暮らし 食材・料理

おにぎりとおむすびの違いはなに?歴史はいつから?具は何がある?

投稿日:

ご飯を三角や丸・俵型に握った食べ物を「おにぎり」、または「おむすび」と呼びます。

なぜ呼び名が違うのか?おにぎりとおむすびには、どんな違いがあるのでしょうか。

地方によっての呼び名の違いと言うのでもないようです。形でもない?

「おにぎり」と「おむすび」の違いを調べてみました。

またはじまりの歴史や具材などもまとめました。

スポンサーリンク

 

おにぎりとおむすびの違いはなに?

 

「おにぎり」と「おむすび」のどちらも、ご飯を握って作られる料理です。同じ料理の「おにぎり」と「おむすび」ですが、違いには以下のような諸説があります。

  • 「おにぎり」の形には決まりがないが、「おむすび」は三角形であるという説。
  • 「おにぎり」の形は三角形で、「おむすび」は俵型であるという説。
  • 「おにぎり」はご飯を握り固めてあるが、「おむすび」は「おにぎり」をワラで巻いて運びやすくしてあるという説。
  • 「おにぎり」は丸型で全体を海苔で覆われているが、「おむすび」は三角形でパリッとした海苔を一部に巻いてあるという説。
  • 「おにぎり」は江戸時代から呼ばれるようになったが、「おむすび」はそれよりも前から呼ばれていたという説。

など

波空
諸説では形が逆になっているのもありますね。真相は不明と・・
猫にゃん
どちらもご飯をにぎったもので美味しいという共通点があるからどちらでもいいにゃん。

 

おにぎりやおむすびの歴史はいつ始まった?

石川県杉谷にある弥生時代後期の遺跡・杉谷チャノバタケ遺跡から、日本最古といわれている「おむすび」が発見されたことから「おにぎり」はこの頃から食べられていたといわれています。

平安時代では現在のおにぎりの原型となる屯食(とんじき)が食べられるようになりました。

この頃の屯食は蒸した餅米を大きな楕円形にしたものでした。

鎌倉時代の承久の乱では、鎌倉幕府側の武士に梅干し入りの「おにぎり」が兵糧として配られました。

これがきっかけとなり梅干しが全国へと広まっていきました。

鎌倉時代末期になると、うるち米で「おにぎり」が作られるようになりました。

戦国時代になると「おにぎり」は兵糧として重宝されるようになり、大根やニンジン・小松菜などの若葉と米を一緒に炊いた「菜飯おにぎり」が主流となりました。

江戸時代になると旅人の携帯食、農作業の合間に食べるものとして「おにぎり」は弁当として重宝されるようになりました。

 

 

江戸時代後期にはアサクサノリの養殖が始まったことで、「海苔巻きおにぎり」が発明されました。

明治18年には、黒ごまをまぶした梅干し入りの「おにぎり」2個とたくあん2枚を竹の皮で包んだ日本初となる駅弁が販売れました。

また明治22年になると、山形県鶴岡町にある私立忠愛(ちゅうあい)小学校で貧困児童を対象とした給食が始まりました。

当時の献立は「おにぎり」・塩鮭・漬物でした。

 

昭和27年にスーパーマーケット、昭和46年にコンビニエンスストアの登場により、作り置きの「おにぎり」が販売されるようになりました。

昭和32年には三重県津市にある天ぷら定食店の千寿が、まかない食として作っていた海老天を具材にした「天むす」が販売され、名古屋めしの1つとして有名になりました。

 

平成25年に「おにぎり」は、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。

 

スポンサーリンク

 

おにぎりやおむすびの具には何がある?

ご飯に合う食材なら、「おにぎり」「おむすび」の具にすることができます。

「おにぎり」「おむすび」に使われている具には、どんな物があるのでしょうか。

 

 

免疫力や記憶力の向上・老化防止などに効果があります。

  • 梅干し

整腸作用や疲労回復・食欲増進などに効果があります。

梅干しの酸っぱさが苦手な場合は、梅干しを包丁で叩いて細かくすると食べやすくなります。

  • おかか

シミやソバカスを抑えるなどの美肌効果や骨粗しょう症予防・疲労回復などに効果があります。

  • ツナマヨ

ツナとマヨネーズを混ぜ合わせた物で、免疫力向上や疲労回復・貧血予防などに効果があります。

  • チーズ

高血圧防止や疲労回復・美肌効果などに効果があります。

鮭や野菜・小魚などと組み合わせることもあります。

  • 塩昆布

新陳代謝を上げる・疲労回復・貧血予防などに効果があります。

  • 枝豆

高血圧や夏バテ防止・疲労回復・腸内環境を整えるなどの効果があります。

  • ひじき

血行促進や動脈硬化防止・骨を丈夫にするなどの効果があります。

  • たらこ

疲労回復や美肌効果・骨粗しょう症予防・冷え性改善などに効果があります。

 

おにぎりとおむすびの違い さいごに

「おにぎり」と「おむすび」の違いについては、いくつか諸説があるためハッキリとした違いは分かりません。

「おにぎり」はずっと昔から食べられていて、今でも手軽に食べられる料理です。

具材の組み合わせや工夫次第で、また違った味の「おにぎり」を楽しむことができるので、「おにぎり」作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク

-暮らし, 食材・料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

縁起とは?由来とその意味 縁起のいい言葉の漢字や縁起いい日

日常生活で「縁起がいい」とか「縁起が悪い」というのを耳にすることや、または自分でも使うことがあります。 なんとなく聞いたり使ったりしていましたが、その由来や意味にどんなものがあるのか知っていますか? …

だし汁の基本の取り方 とった後の鰹節は食べる?一番だしと二番だし?

  だし汁は料理の味を決める大切な調味液。 顆粒タイプで簡単に作るのは便利ですが、一度自分で出し汁を取ってみてはいかがでしょう。 味の違いや、基本の方法を知るというのも大事かなと思います(^ …

簡単牡蠣の土手鍋の作り方とコツ!牡蠣の美味しい食べ方とお薦めレシピ

牡蠣はそのまま食べても美味しいですが、揚げる・煮る・焼くなど牡蠣料理にしてもおいしく食べることができます。 普通に鍋物に牡蠣を入れるだけでもおいしいですが、牡蠣と味噌を使った土手鍋が広島県の郷土料理と …

香辛料とは?調味料との違いとは?日本の香辛料の種類と歴史

香辛料には食材の臭みを取る、料理に加えて食欲をわかせるなどの効果があります。 代表的なものではバジルやナツメグ・セージなどがあります。 料理をする時に調味料を使うことがありますが、香辛料とはどんな違い …

食用キノコの栄養と特徴 きのこと合う食材は?和洋きのこ料理

きのこには食物繊維やビタミンDが豊富に含まれていて、腸内環境を整えたり骨を強くしたり免疫機能を調整するなどの働きがあります。 鍋物や汁物・炊き込みご飯・パスタなどの具材にするのが一般的ですが、きのこは …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。