日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

季節の行事・歳時

お彼岸の食べ物には何がある 意味や由来は?料理にお肉がNGな理由は?

投稿日:2018-07-21 更新日:

お彼岸といえば、イコールお墓参り、くらいの考えしかなかったところに・・・
お彼岸に旦那の実家でおもてなしをする側になって、お料理を任されてしまった。

おはぎすら、今まで市販のものを買ってきていたのにお料理なんて!(><
普段のお料理とは違い、お彼岸の料理って、なにを作ればいいの?・・・
お彼岸までに食べ物やお料理について調べなくちゃ。

こんな悩みってありますよね。(^^;)

急に普段とは違う事をしなければならない・・なんていうこと。

今回は、お彼岸の食べ物について知らないと困ることや、そもそもの意味などをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

お彼岸の意味や食べ物の由来は?

お彼岸とは、年2回。3月の春分の日と9月の秋分の日それぞれを中日とし、
前後3日間を合わせた7日間のことをいいます。

春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈みます。

西方には阿弥陀如来がいらっしゃる浄土があるとされ、
西方に沈む太陽を礼拝し極楽浄土に思いをはせたのが彼岸の始まりとされています。

彼岸はやがて祖先供養の行事に変わっていき、お墓参りをされるようになりました。

この祖先供養の行事であるお彼岸は日本独自のものだそうです。

さて、 お彼岸に食べるものはというと、真っ先に思い浮かぶのは、

ぼたもちやおはぎではないでしょうか。

 

他にはどんなものがあるの?

なぜ食べるのか由来や意味は?

ここらへんも把握しておかなくては。

 

春分の日に食べるのを「ぼたもち」といい、

秋分の日に食べるのを「おはぎ」と言います。

名前は違いますが、この2つは同じものなんです。

ぼたもちは、春に咲くぼたん、おはぎは秋に咲く萩に名前が由来しています。

 

 

なぜ、このふたつが食べられるのでしょうか?

ぼたもち、おはぎに使われる小豆の朱色には、

災難から身を守る、厄除けという意味があります。

なので、邪気を払う食べ物として食べられるようになったんですね。

同じように、お赤飯にも厄除けの意味があるとして食べられています。

 

「じゃあ、小豆を使ったこの3つだけがお彼岸の食べ物なの?」

と思うかもしれませんが、実は他にもあるんですね。

 

まず、

「精進揚げ」です。

これは、野菜や茸などをてんぷらにして揚げたものです。

 

「彼岸そば、うどん」

春分の日や、秋分の日は季節の変わり目にあたり、体調を崩しやすい時期です。

そのため、消化によいものを食べるようになったそうです。

また、そばは五臓六腑の汚れを清めるとされ、

身体を清めて先祖を迎えるために、食べられているそうです。

 

ほかにも旬のものを使ったお料理が喜ばれます

例えば、

 

春なら 
・お赤飯
・たけのこの七味焼き
・菜の花のかき揚げ
・揚げだし豆腐
・野菜たっぷりのけんちん汁 など

 

秋なら
・なすとさやいんげん、車麩の煮物
・精進揚げ
・栗おこわ
・里芋の白煮
・まいたけの卵とじ汁 など

スポンサーリンク

 

お彼岸の料理にお肉はNG!? その理由とは

仏教には、殺生禁断の教えがあり、お彼岸に仏様に差し出される料理には、

殺生を思わせる肉や魚はダメとされています。

 

なので、殺生を避けることを主として作られた料理が「精進料理」です。

 

 

精進料理は、野菜、豆、穀物、海藻、果実などを使い、
薄味に仕上げられた料理のことをいいます。

出し汁も、かつおぶしや煮干しはダメとされているので、
昆布やシイタケで出し汁をとっています。

確かに、てんぷらというと、魚やエビなどもありますが、
精進揚げには一切ないですよね。

すべて野菜や山のもの

いままで深く考えず、出てきていたものを食べていた。

という場合は、

いただく機会があれば、ちょっと観察してみるといいかもしれませんね。

お料理にもそれぞれ意味があるんですね(^^

 

お彼岸の食べ物 料理 まとめ

・お彼岸に食べるものには、おはぎ、ぼたもち、赤飯、彼岸そば、うどん、
精進揚げなどがあります。

・お彼岸は仏教の殺生禁断の教えからきていますので、肉、魚などは
食べてはいけないとされています。

・お彼岸に料理を作る時には、これらのことを頭にいれておけば、
どんな食材で何を作ったらいいかわかりますよね(^^

そんな時には、あなたの感性を活かしたオリジナルなものも
一品くらい作ってみてもいいかもしれませんね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-季節の行事・歳時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5月5日端午の節供のお飾りの兜はいつから飾るの?兜を飾る意味とは

  5月5日は「こどもの日」ですが、男の子の節句・端午の節句でもありますね。 端午の節句になぜ鎧を飾るのでしょう? そして兜飾りを買う時の悩みがほんとうは誰が買うのが正解?ということ。 そん …

節分の豆まきはなぜ鬼に豆をぶつけるの?そもそもの由来とは

  節分とは、せち分かれと言い季節の分かれ目である立春・立夏・立秋・立冬の前日を指す言葉です。 立春の前日を「節分」と言い、豆をまいて悪疫退散・招福の行事を行います。 節分と言えば鬼に豆をぶ …

お墓は宇宙!宇宙葬とは?日本でも可能なの?その種類や費用とは

  最近の葬儀には様々な形があります。 通常のお葬式をしても、その後お墓に埋葬しない形の自然葬が増えています。 火葬のあとでお骨を海に散骨したり、樹木を墓標とする形など、 宇宙葬もそのひとつ …

お彼岸とお盆こんな違いがあった お彼岸の起源 始まりはいつから?

お彼岸やお盆には、お墓参りに行くお家も多いと思います。     そんな時、お子さんに「お彼岸とお盆って何が違うの?」と聞かれたら? これはなかなか難しいですよね^^; 即座に答えら …

七五三の起源とは?いつからあるどんな行事なの 千歳飴との関係は?

七五三とは、子供の成長を祝う年中行事です。 子供が、七歳、五歳、三歳になると成長を祝い、神社にお参りしたり、 着物やドレスに着飾り記念写真を撮ったりと、今では大きなイベント として行われていますよね。 …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。