日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

暮らし 食材・料理

キャベツの旬とそれぞれの特徴 選び方は?見た目や重さや芯では

投稿日:

キャベツは千切りをトンカツや揚げ物に添えたり炒め物や汁物・焼きそばなどの具材・漬物などで利用したりと様々な食べ方ができる万能食材です。

1年中栽培されていますが、キャベツには旬の時期というものがあるのでしょうか?

キャベツの旬やその時期のキャベツの特徴、また選び方はどこをみればよいのかなどまとめてみましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

 

キャベツの旬とそれぞれの特徴

キャベツはアブラナ科アブラナ属の多年草で、旬の時期は冬・春・夏の3つがあります。

冬キャベツ

夏に種をまき、11~3月頃に収穫するキャベツです。

寒い時期に収穫することから寒玉と呼ばれていて、楕円形に近い形をしていて、色は白に近い黄緑色になっています。

冬キャベツの葉は1枚1枚が厚くて固いが、加熱すると柔らかくなり甘味が出ます。

鍋物や炒め物の具材やロールキャベツなどの料理に適しています。

 

春キャベツ

秋に種をまき、3~5月頃に収穫するキャベツです。

春玉、または春キャベツと呼ばれていますが、収穫時期が新年度と重なることから新キャベツとも呼ばれています。

形は丸い球体で、色は黄緑色となっています。

葉は柔らかく、水分を多く含んでいるのでサラダや漬物・サッと煮込むだけのスープや味噌汁の具材・パスタのトッピングなどの料理に適しています。

 

夏キャベツ

春に種をまき、7~10月頃に収穫するキャベツです。

冬キャベツを品種改良したもので、高原キャベツとも呼ばれています。

色は緑色でしっかりとした巻きがあり、強い甘味を持っています。

水分を多く含んでいて柔らかく、煮崩れしにくいことからサラダや煮込み料理に適しています。

 

キャベツの選び方 見た目では

外葉がみずみずしくしっかりとしたキャベツを選びましょう。

外葉はキャベツの鮮度の目安となっていて、古くなるとしなびて色あせてしまいます。

また外葉が白くなっているのは虫に食べられた、または何枚か剥かれている状態になっていて品質が落ちている状態になっています。

冬の時期は霜によって外葉が紫っぽくなることがありますが、味に影響はありません。

  • 表面に白い異物がある

キャベツの表面に白い異物が付いていることがあります。

これは、キャベツ由来の天然成分でブルームと呼ばれるロウ物質です。

簡単に取り除くことができ、食べても問題はありません。

  • 表面に黒い斑点がある

冬に収穫されるキャベツに見られるもので、凍害による壊死またはポリフェノールが原因による内部黒変病状と呼ばれています。

黒い斑点はカビではありませんが、取り除いてから食べるようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

キャベツの選び方 重さや芯からみると

  • 重さ

キャベツを持ってみて、ズシッとした重みがあれば柔らかくみずみずしい状態になっています。

持っても軽い場合はキャベツが生長しすぎて葉が固くなっているので注意しましょう。

キャベツは芯から傷み始めてくるので、芯の切り口をチェックすることが大切です。

切り口の状態が

  • 白い
  • みずみずしい
  • 大きさが500円玉ぐらい

となっているのが状態の良いキャベツです。

 

また切り口の状態が

  • 茶色っぽくなっている
  • 割れ目がある
  • 大きさが500円玉より大きくなっている

となっていると水分が抜けてしまい、葉が固く苦味のあるキャベツとなっています。

 

カットキャベツの選び方

半玉、または1/4サイズにカットされたキャベツは、

  • 葉に隙間がない
  • 表面がみずみずしい状態
  • 芯が変色していない

となっているものを選びましょう。

表面がカサカサになっていて変色している、芯が変色していると鮮度が落ちているので注意してください。

 

 

千切りキャベツの選び方

パックされた千切りキャベツがスーパーマーケットやコンビニエンスストアで販売されていることがあります。

新鮮な千切りキャベツは

  • 色が良い
  • みずみずしくハリがある

となっているものを選びましょう。

 

パサパサになっている千切りキャベツを戻す方法

鮮度が落ちてくると色が薄くなり、みずみずしさがなくなってしまいます。

でも約50度のお湯につけるとシャキシャキとした千切りキャベツにある程度戻すことができます。

【手順】

  1. ボウルに約50度のお湯を入れます。
  2. 千切りキャベツをお湯の中に入れて約1分30秒放置しておくことで、ペクチンという物質が細胞をくっつけて硬くしてくれます。
  3. 水気を切ってから、水に浸して冷やしたら完了です。

 

キャベツの旬と選び方 さいごに

キャベツは収穫時期によって冬キャベツ・春キャベツ・夏キャベツの3つに分けられます。

夏キャベツは冬キャベツを品種改良したものであまり違いはありませんが、春キャベツの葉は柔らかいので煮込むと崩れてしまうので注意しましょう。

それぞれの特徴をいかして、料理に活用してみてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク

-暮らし, 食材・料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

うどんの自作は意外と簡単!めんつゆの簡単な作り方と汁なしレシピ!

うどんは消化が良いので夜食や意の具合が良くないときなどにおすすめの食べ物ですね。 またスーパーマーケットでは特売品で販売されていることもある手軽に手に入ることができます。 そして、うどんは小麦・塩・水 …

かぼちゃ丸ごとの切り方これで簡単!切ったかぼちゃの定番レシピ

いろいろな料理だけでなく、スイーツの材料など、色々な料理に使えるかぼちゃ。 しかし、かぼちゃは固く切るのに苦労してしまうことがありますね。固いヘタの上から包丁を入れてしまうと抜けなくなってしまうことが …

レアメタルとは?日本での定義 レアメタルとレアアースの違い

レアメタルとはスマートフォンやパソコン・小型家電・飛行機・電気自動車などに使われている希少な鉱物のことです。 日本でのレアメタルの定義とはどのようなものなんでしょう? またレアメタルの種類にはどんなも …

少林寺拳法とは?日本の武道となった由来と歴史!少林拳との違い

画像元:wikwより 少林寺拳法ときくと、中国の武道と思う人が多いのではないでしょうか。 似たものがいろいろあり解らなくなってしまいました。 少林寺拳法は実は日本発祥の武道なんですね。 中国の少林拳と …

白味噌と赤味噌と合わせ味噌の違いは?味噌を混ぜる割合や使い分け

  味噌は大豆や米・麦などの穀物に塩と麹を混ぜて発酵して作られた日本古来の食べ物で、味噌汁やいろんな料理に使われています。 種類は豊富にありますが、色で分けると赤味噌・白味噌・淡色味噌の3つ …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。

楽天トラベル