日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

季節の行事・歳時

七五三のお祝い 男の子の衣装はやっぱり袴?購入かレンタルか

投稿日:

七五三とは、3・5・7歳の時に神社やお寺などへ行きお参りをして子どもの成長を祝う伝統行事です。

地域によって違いますが、女の子は3歳と7歳、男の子は5歳に行うのが一般的となっていて、男の子の場合は1回だけの七五三になります。

 

スポンサーリンク

七五三の男の子の衣装

男の子が5歳で行う七五三は「袴着の儀」(はかまぎのぎ)と呼ばれています。

生まれて初めて袴を身につけることで「男性の仲間入りをする」という意味が込められています。

最近ではスーツでお参りする家庭もあるようですが、せっかくの機会だから日本の正装である袴を着せてあげたいと思う方もいるのではないでしょうか。

袴の購入またはレンタルのメリット・デメリット、

着付けの仕方などをまとめました。

 

七五三の男の子の衣装 購入とレンタルのメリット・デメリット

 

男の子が5歳の七五三で着る袴は、

羽織と馬乗り袴(うまのりばかま)の組み合わせになります。

 

購入の場合

 

【メリット】

  • 好きな時に着せることができる

手元にあるので都合の良い時やお正月・お祝いの時にも着せることができます。

  • 思い出の品として残せる

写真だけでなく、七五三のお祝いの品として残すことができます。

  • 次の代に引き継ぐことができる

きちんと保管しておけば、弟だけでなく孫にも着せてあげることができます。

【デメリット】

  • 購入費用が高い

生地やデザインによって違いますが、11,000~240,000円の購入費用がかかります。また、家紋入れ・肩上げ・腰上げが必要な場合は別途費用がかかります。

  • 保管が大変

洋服ダンス・衣装ケースで保管しても大丈夫でしょうが、その前に陰干し・着物クリーニングをする必要があります。陰干しの時は直射日光が当たらないように注意しないと、せっかくの着物が色褪せしてしまう恐れがあります。

 

レンタルの場合

 

【メリット】

  • 費用が安くできる

レンタル料は10,000~20,000円と購入に比べると費用を安く抑えることができます。

  • 着付けをして貰える

レンタル料金には着付け料金が含まれている場合があるので、お母さんが着付けができなくても心配ありません。また、出張着付けサービスを行っているレンタル店もあります。

  • 手入れする必要がない

着物を長持ちさせるための陰干しや着物クリーニング、保管場所の確保をする必要がありません。

【デメリット】

  • 好きなデザインを選べない場合がある

デザインが豊富にあるのがレンタル店のメリットですが、人気があるデザインやあったとしても、サイズがない場合があります。

  • 予定変更ができない

予約が取れても、子どもが体調を崩す・急病になってしまうことやお父さんの仕事などで急にキャンセルになることがあります。改めて希望する日に予約を入れることが難しい場合があります。

  • 追加料金が発生する

少しの汚れくらいなら問題ありませんが、汚れや破損が酷い場合は追加料金が必要なることがあります。

 

スポンサーリンク

 

こんなに簡単 七五三用の男の子の袴の着付け

 

袴の着付け方と必要なセットをご紹介します。

5歳の七五三衣装を袴にする場合必要な物

着物 羽織 袴 襦袢 羽織紐 草履 角帯 新品足袋 腰紐3本 扇子 短剣 お守り

 

【着付け方】

  1. 長襦袢を着せて腰紐を締めてから、衿元はピッタリに裾は短めにします。
  2. 着物を着せて下前から合わせ、半衿は1~5センチくらい出します。
  3. 上前を合わせて腰紐を腰あたりで締めます。
  4. 後ろの中心部分で「て」の部分を約40センチ残してから、帯を2周巻いてからひと結びします。
  5. 「たれ」の部分を手に取って、15センチ幅ずつ中へ折り込んでいきます。
  6. 「て」の部分を下から上に巻き、残った部分は帯の間に入れます。
  7. 袴をはかせ、帯が1センチくらい見えるようにして袴をおさえます。
  8. 前ひもを後ろにまわし、帯の結び目をおさえるように交差させます。
  9. 前に持ってきた紐を向かって左側の位置で交差させて後ろに回します。
  10. 帯の結び目の下あたりで蝶結びにします。
  11. 腰板に付いているへらを帯の間にはさみ、腰板を結び目の上に安定させます。
  12. 後ろ紐を前に回し、前紐の内側にクロスするように通します。
  13. 右側の紐が上になるようにクロスさせ、右側の紐を上から下にくぐらせます。
  14. 左側の紐を右に持ってきて、もう1度くぐらせます。
  15. 右の紐を手に取り、7センチほどの長さで折り込んでいきます。
  16. 左の紐を先に折り込んだ紐先の中心に上からまっすぐ下ろし、十文字になるようにします。
  17. 羽織を着せて襟を折り、羽織紐をつけて完成です。

袴の着付け方法は、こちらの動画でも確認することができます。

 

 

 

七五三5歳の袴 まとめ

5歳男の子の七五三は「着袴の儀」があり、袴を着用することで一人前の男として認められる儀式です。

袴を着せて七五三のお祝いしてみませんか(^^)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-季節の行事・歳時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自然に帰る埋葬の形樹木葬とはどんなもの?費用や葬儀の流れは?

  樹木葬とは、自然葬のひとつで墓石の代わりに樹木を墓標とするお墓のこと。 許可を得た場所に遺骨をそのまま埋葬する葬送方法です。 許可された場所は樹木墓地、樹林墓地とも呼ばれています。 前か …

ひな祭りパーティーはみんなで飾り付けから!準備もパーティーのうち

  女の子のいる家庭では、家族でひな祭りのお祝いをする方も多いですよね。 でも小さな子どもを持つママは、ママ友とひな祭りパーティーをする方もいるのではないでしょうか。 料理も大切ですが、パー …

神社の鈴の意味とは?鳴らすタイミングと効果は?鈴の歴史や由来は

  神社の拝殿中央、丁度お賽銭箱の真上あたりに銅や真鍮製の大きな鈴が吊されています。 参拝者は鈴から下がっている麻縄や紅白の布を振り動かし、鳴らしてからお参りをします。 鈴を鳴らすにはどんな …

成人式に関する記事一覧

成人式関係の記事を集めました 成人式に振袖を着る方や男性ならスーツの方が多いと思いますが 自分で着付ける?どこかに依頼する?髪飾りは?などの記事をまとめました それぞれ独立した内容なので 気になるもの …

母の日参りにすることは?母の日には好きだった花を供えてお墓参り

  5月の第二日曜日は「母の日」です。 いつもお世話になっている母親に、感謝の気持ちを込めてメッセージやプレゼントを贈る日です。 いつもは感謝の気持ちもなかなか言えないけど、 1年に1度この …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。