日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

季節の行事・歳時

衣替えの習慣はいつから?由来からわかる衣替えの意味

投稿日:

季節の変わり目になると、必ず行うのが「衣替え」です。

出したり入れたり「面倒だなぁ・・」と思いながらも、

冬に半袖で居るわけにもいかず、やっぱりやらざるを得ない。

そんな当たり前にやっている衣替えって、どんな由来があるのか、

いつからある習慣なのか?

気になりますよね。

そこで衣替えの由来などを調べてみました。

 

スポンサーリンク

衣替えの習慣はいつから?

 

この衣替えの習慣ですが、始まりは平安時代の宮中行事からのようです。

平安時代に中国の風習が取り入れられ、10月1日に夏服と冬服を着替えると定められました。

これを「更衣」と呼んでいましたが、天皇の女官の職名も更衣という為、更衣から「衣替え」というようになったそうです。

 

始めは年1回の衣替えでしたが、江戸時代になると着物も増えたことから、

年4回の衣替えでの出仕(しゅっし―すること)が制度化されました。

 

年4回の衣替えの時期

旧暦  4月1日~5月4日 袷(あわせ)裏地つきの着物

5月5日~8月末日 帷子(かたびら)裏地なし単仕立ての着物

9月1日~9月8日 袷

9月9日~翌3月末日 綿入れ(表布と裏布の間に綿を入れた着物)

 

これが、今の衣替えの始まりになっています。

 

日本には四季があり、気候の定まっている国とはちがって、暑さや寒さに合わせて衣服を着替えます。

それらを全ていつでも着られるようにと出しておくのは大変ですよね。

なので、衣替えという習慣を利用して、その季節にあった服をすぐ着られるようにだして、季節の終わった服はきれいにして仕舞っておく、というのが衣替えの意味になりますね。

 

学校ではなぜ一斉に衣替えをするの?

 

明治時代に入ると洋服を着るようになりました。

これを役人、軍人などの制服と定め、衣替えの時期も制定されました。

明治6年1月1日に新暦が採用された事により

 

   6月1日~9月30日を夏服

 

   10月1日~翌年5月31日を冬服

 

と定められ、これが学校や一般にも定着して、6月1日と10月1日には

一斉に衣替えするようになりました。

これが、現在の衣替えに繋がっています。

*ただし地域によっては、その土地の気候によって時期がずれている所もあります。

 

一斉とはいえ、気候はそう都合よくコロッと変わるわけではありません。

6月でも肌寒い日があったり、10月とはいっても残暑のような暑さの残る日もあったりします。

現在では、移行期などを設けているところも多いようです。

 

スポンサーリンク

 

衣替えのタイミングはいつがベスト?

 

学校の衣替えは、6月と10月に決まっている事がわかりましたが、

私たちが普段着る洋服はいつ頃衣替えをしたらいいんでしょう。

 

実は衣替えの時期を知るには、気温が関係しています。

その時期の最高気温を目安にするのが良いそうです。

 

最高気温が15℃以下だと冬物、22℃以上だと夏物がベストです。

 

15℃以下    冬物  

15℃~20℃  春物、秋物

20℃~22℃  春物、夏物、秋物  

22℃以上    夏物

この気温を目安に「衣替え」を行うと良いと思います。

 

感覚で、暑い・寒いと頃合いをはかってやるのもいいですが、

迷ってしまう時には、目安があると便利ですよね。

「よし、やるか!」という気にもなりますよね(^^)

 

衣替えの由来 まとめ

・衣替えは平安時代の宮中行事から始まったんですね。中国の風習が取り入れられたのが始まりです。

今のように年4回の衣替えを行うようになったのは、江戸時代に制度化された時からです。

 

・学校での衣替えは、明治時代の役人や軍人の衣替えの制度からきており、

6月1日と10月1日に一斉に行われます。

 

・普段着などの衣替えのタイミングは最高気温を目安とし、

最高気温15℃以下は冬物、22℃以上は夏物がベストです。

 

毎年、衣替えのタイミングに苦労していました。

そろそろ夏物・・・と思うと急に涼しくなったりと、なかなか進まなかったりします。

週間天気などの気温を見ながら、最高気温を目安に今度からは行いたいと思います。

ぜひ皆さんも参考にしてみてください。

 

そして、衣替えは出来れば天気の良い日に行うのがベストです。

天気が悪い日だと衣類にも湿気が溜まりやすいですからね。

湿気が残っている状態でしまうと、カビや臭いの原因にもなりそうです。

天気の良い日に、最高気温を見て行いましょうね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-季節の行事・歳時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海洋葬とは?手続きや散骨までの流れ 散骨場所は選べるのか?

  海洋葬とは、自然葬のひとつで、パウダー状にした遺骨を海に散骨して 自然へ還す葬送方法です。 お墓でなく、好きな海の中で眠りたいと希望する人が海洋葬を選ぶことが 増えたそうです。 海洋葬を …

七五三のお祝いはいつから?男女で時期が違うの??

  もうすぐ七五三の季節です。 七五三と言えば3歳になったらお祝いをするものですが、最近では2歳でお祝いをする方も増えています。 あれ?七五三は3歳で祝うものじゃないの??と 疑問に思う方も …

お墓は宇宙!宇宙葬とは?日本でも可能なの?その種類や費用とは

  最近の葬儀には様々な形があります。 通常のお葬式をしても、その後お墓に埋葬しない形の自然葬が増えています。 火葬のあとでお骨を海に散骨したり、樹木を墓標とする形など、 宇宙葬もそのひとつ …

お彼岸の食べ物には何がある 意味や由来は?料理にお肉がNGな理由は?

お彼岸といえば、イコールお墓参り、くらいの考えしかなかったところに・・・ お彼岸に旦那の実家でおもてなしをする側になって、お料理を任されてしまった。 おはぎすら、今まで市販のものを買ってきていたのにお …

親が自分でできる簡単でかわいい七五三の髪型 アレンジと手作り髪飾り

七五三の着付けはどこでやっていますか? 着付けからヘアセットまで美容院で。 という方もいれば、着付けもヘアセットも自分で。 という方もいるのではないでしょうか。   自分でやる場合、悩むのが …

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。