日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。/当サイトはプロモーションが含まれています

暮らし

便利なペットボトルはいつからある?誕生と歴史とリサイクルの流れ

投稿日:2023-11-15 更新日:

 

ペットボトルは、様々な液体を入れられる・何度もフタを開閉できる・軽くて持ちやすい・リサイクルできるという特徴のある容器です。

便利なペットボトルですがいつ誕生したのでしょうか。

ペットボトルの歴史やリサイクルの流れ・正しい出し方などをまとめてみましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

 

ペットボトルの誕生と歴史

ペットボトルは、1967年にアメリカ人の科学者であるナサニエル・ワイエスが炭酸飲料用容器の開発を始め、1973年に特許を取得しました。

1974年にペプシコーラの容器に採用され、世界で初めて使われるようになりました。

日本では、1977年にキッコーマンと吉野工業所が醤油用の容器を開発、1982年に飲料用に使うことが認められ、同年に日本コカ・コーラ、1985年にキリンビバレッジが1.5リットルのペットボトルに入れた飲料を発売しました。その後、多くのメーカーでペットボトルが使われるようになりました。

1996年まではペットボトルの大量生産に自主規制がありましたが、緩和されたことにより500ml以下のペットボトルも作られるようになりました。

 

ペットボトルのリサイクルの流れ

各家庭から出されたペットボトルは、どのような流れでリサイクルされているのかを紹介します。

  1. 使用済みとなったペットボトルは、各自治体のルールに従って出します。
  2. 回収したペットボトルから再利用できない異物を取り除き、さらに分別して圧縮梱包して保管します。
  3. 圧縮梱包したペットボトルを事業者が引き取り、再商品化するためにフレークやペレット状に加工します。
  4. フレークやペレット状にしたものから、様々な製品が誕生します。
    ※フレークは薄片、削り片等の意味。ペレット(pellet)とは、粒状(米粒)の形をした合成樹脂 (プラスチック )のことを指します。

リサイクルで作られる製品

    • ペットボトル
    • 食品トレー
    • 卵パック
    • 包装フィルム
    • 衣料品
    • バック など

 

ペットボトルのリサイクルの出し方

ペットボトルをゴミとして分別するルールは自治体によって違いがありますが、マナーとして知っておいて欲しいペットボトルの出し方を紹介します。

  • 分別する

ペットボトルはキャップ・ラベル・本体で構成されていて、使われている素材が違います。

そのまま出してしまうと、正しくリサイクルに使われない可能性が高くなります。

【ペットボトルで使われている素材】

  • ポリプロピレン(PP)

キャップに使われている素材で、軽い・耐熱・耐水性が高い・形成加工が簡単というメリットと、低温で衝撃に弱い・印刷や塗装が難しいというデメリットがあります。

ペットボトルのキャップ以外ではマーガリンや食用油の容器・ティーバック・カーペット・包装材料などに使われています。

 

  • ポリスチレン(PS)

硬い・透明性に優れている・断熱性が良い・加工がしやすいというメリット、耐衝撃性が低い・油に弱いというデメリットがあります。

CDケースや使い捨てフォーク・コンビニの弁当ケースなどに使われています。

 

  • ポリエチレンテレフタレート(PET)

丈夫で耐圧性があるため食品包装に適しているというメリット、成形加工条件によって耐熱性に違いがあるというデメリットがあります。

食品容器や合成繊維などに使われています。

 

 

【キャップを分別する理由】

ペットボトルからキャップを分別するには、リサイクルの品質を高めるだけでなく回収する側の事情があります。

  • 機械や人に汚れがつく

ペットボトルの中に液体が残っていると漏れてくるだけでなく、回収に使われている車や人に汚れがついてしまう可能性が高くなります。

また、リサイクルするときに機械が故障となる原因にもなります。

  • 破裂する

フタの閉まったままのペットボトルは、風船を潰して割ろうとする時と同じように盛大に破裂することがあります。

また、状況によっては作業員がケガをする可能性が高くなります。

  • 洗う

ペットボトル本体は水ですすぎ乾かしましょう。

洗っておくことで、業者の衛生面を守るだけでなく、リサイクル工場の機械を汚すリスクを減らすことができます。

  • 潰す

1度に多くの量を回収するために、軽く潰しておくことが大切です。

 

スポンサーリンク

 

ペットボトルの誕生と歴史 さいごに

ペットボトルは便利な容器でリサイクルもできますが、リサイクルに使うためには出す側にもマナーを守る必要があります。

リサイクルを意識して出すことで使える素材を無駄にする可能性が低くなります。

マナーを守ってリサイクルできるペットボトルを大切にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク

-暮らし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

賢い帽子の収納法 埃も型崩れも解決!おしゃれな収納のアイデア

  様々な素材やデザインのある帽子をどんなふうに収納したらいいのか分からないということはありませんか。 収納したのはいいけど、使う時に出してみたら型崩れしていたらガッカリしてしまいますね。 …

ワキガのセルフチェックは簡単にできる?部屋の残り香を素早く消臭

ワキからの発汗によって独特の臭いがするワキガは、自分では気づきにくいため知らずに周囲に不快な思いをさせている可能性があります。 ワキガになる原因には、どんなことがあるのでしょうか。 ワキガなのかをチェ …

凧揚げの種類と特徴 上手くあげるコツと子供とできる簡単な作り方

  空高くうかぶ凧は観ていても気持ちよさそうです。 あなたも、もっと高くとぐんぐんあがることを思いながら凧あげをしたことありませんか。 でも高く上げられない・・凧あげもなかなか難しいですよね …

弁当のおかずの定番を簡単に!作り置きおかずと節約弁当レシピ

弁当作りを始めてみたけど、おかずのレパートリーが少なくて気がつけば同じおかずが続いているということがありませんか? 弁当の定番のおかずを簡単に作る方法や作り置きできるおかずレシピ、そして折角弁当にする …

砂糖の代用品にはなにがある?特徴と代用品で作るお菓子のレシピ

砂糖は料理でも菓子作りでも甘味を加えたり照りやツヤをつける他食材の水分を保つなどのメリットもあります。 でも取りすぎてしまうと身体に悪影響を与えてしまうともいわれています。 砂糖を使わないで代用品を使 …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。