日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。/当サイトはプロモーションが含まれています

暮らし

道化師とは?意味や特徴とクラウンの種類/クラウンとピエロの違い

投稿日:

 

滑稽な動きで楽しませてくれるピエロ。

日本では道化師とも呼ばれていますが、近年ではクラウンとも呼ばれているそうです。

道化師には、どんな特徴があるのでしょうか。

道化師の種類や特徴などを紹介します。

スポンサーリンク

 

道化師とは?意味や特徴

道化とは、人を笑わせるための滑稽な言動や動きのことをいいます。

道化師は道化を生業とする、道化を振る舞う人のことをいいます。

また歌舞伎で、喜劇的な演技をする人のことを道化方(どうけかた)と呼んでいます。

道化の語源には、「たわけ」が転じた・おどけること、ふざけた、たわむれなどを意味する「おどけ」の「お」が取れて、長音化して「どうけ」になったなど、諸説がいくつかあります。

 

道化師の歴史

古代ギリシャや古代ローマでは、モノマネや軽口・大食芸などで楽しませていたことが道化師の始まりであるといわれています。

中世ヨーロッパでは王族や貴族などの特権階級が道化として雇っていて「宮廷道化師」と呼ばれていました。

日本で初めて道化師の曲芸が行われたのは、明治時代だといわれています。

海外のサーカスが日本で巡業が行われたときクラウンの芸に興味を持ちましたが日本人には合わなかったそうです。

そのため、日本でサーカスを取り入れたとき、クラウンと芸を排除した内容になります。

そしてクラウンの代わりに曲芸のできない哀れなピエロが口上を言う役割を与えられました。

ピエロはサーカスの芸人と混同され、サーカスの道化としてピエロが浸透していきました。

 

スポンサーリンク

 

日本の道化師・道化方

歌舞伎では喜劇的な演技をする人を「道化方(どうけがた)」と呼んでいます。

ヨーロッパの道化師と同じようにモノマネや滑稽な口上で人を楽しませるが、芝居に欠かせない役の1つとなっているところに違いがあります。

元禄歌舞伎では重要な場面を担当することが多く、ただ滑稽な演技で観客を笑わせるだけでなく、進行役としての役割もあります。

その後、歌舞伎が物語性を追求したことで、道化方の役割がなくなり天明歌舞伎になるころには衰退してしまいました。

 

道化師は総称!クラウンの種類

滑稽な動きで人を楽しませる人たちのことを道化師と呼んでいますが、大きく分けて3つの種類があります。

 

 

ジェスター

中世ヨーロッパ、またはテューダー朝時代に王族や貴族によって雇われていた大道芸人のことで、宮廷道化師とも呼ばれていました。

ジェスターには小人症など肉体的障害を持っている人が多く、笑い物の対象になっていましたが君主に対して無礼にあたる動きや言動をしても許されていました。

曲芸よりも、ジョークを主な芸風としていました。

現在のヨーロッパでも、歴史を再現した催し物などで見ることができるそうです。

 

クラウン

18世紀頃のイギリスで行われていた曲馬ショーで、おどけ役を演じていた役者が「クラウン」と名乗ったのが始まりといわれています。

クラウンには、馬鹿・のろま・おどけ者・ふざける・田舎者などの意味が含まれていて、ショーの合間に下手な曲馬乗りやパロディを披露していました。

現在では観客の余韻が冷めないように、曲芸もできて司会もできる役者のことを言うそうです。

 

ピエロ

クラウンよりもさらに馬鹿にされる芸風を行う人のことで、フランスの喜劇芝居に登場することが多いそうです。

中世イタリアの即興喜劇集団「コメディア・デラルデ」に登場するペドロリーノという役名が由来であるといわれています。

この役名はフランスでは、ピエールと改められ、愛称としてピエロと呼ばれるようになりました。

 

クラウンとピエロはメイクのここが違う

クラウンとピエロのメイクは一見同じように見えますが、ピエロのメイクには涙マークがあります。

ピエロの顔に涙マークがあるのは、馬鹿にされることで観客を笑わせていますが本当は傷ついて悲しんでいるという意味が込められています。

また涙マークには、「人のことを思いやり流す涙」・「人の心の痛みを知って流す涙」などの意味も含まれています。

 

 

クラウンのメイク

クラウンのメイクには主に3種類あるといわれています。

オーギュスト

目や口の周りだけを白くしてあります。

ホワイトフェイス

顔全体を白くしてから、目・鼻・口に色をつけます。

キャラクター

放浪者や警察官・消防士など実在の人物をモデルにしています。

 

道化師とは? さいごに

ピエロやクラウンをまとめて道化師を呼んでいますが、役割・メイクはそれぞれ違いがあります。

その違いでピエロやクラウンたちの芸を見てみてはいかがでしょうか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク

-暮らし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

草履の始めて!日本ではいつから草履が履かれていた?日本での歴史

着物の時の履物といえば草履ですね。 着物によっては下駄ということもあります。 明治時代に西洋文化が日本に入ってくるまでは、当たり前のように使われていました。 日本で草履が使われるようになったのは、いつ …

冷凍食品はアレンジで変身!簡単アレンジと自作冷凍食品レシピ

  冷凍食品は種類も豊富で、お弁当や時間の無い時の夕飯のおかずなどにも大活躍の商品ですよね。 今では、「無くては困るもの」といってもいいほど重宝しています。 我が家でも、毎日のお弁当に夕飯に …

チーズの発祥と起源は?歴史と日本での初めて 自家製チーズの作り方

そのまま食べたり料理やスイーツなどの材料にするなどでチーズは世界中で使われていますね。 チーズの種類は豊富にありますが、始めはいつどこで誕生したのでしょう? チーズの起源や歴史が気になって知りたくなり …

日本の打楽器の種類には何がある?和太鼓の種類や特徴と歴史

シンバルやカスタネット、トライアングルなど世界には数多くの打楽器があり、日本にも和太鼓をはじめとする打楽器があります。 よく聞くところではお祭りの時の太鼓がそうですね。 日本の打楽器にはどれくらいの種 …

日本のはがきの歴史はがきの誕生と語源 絵葉書の歴史ルーツとは

はがきは簡単な用件やメッセージを書いて、封筒に入れずに送ることができる郵便物です。 簡単に書けるしやすく遅れて便利ですよね。 ハガキは日本ではいつから使われるようになったのでしょうか。 はがきが今のよ …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。