日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

暮らし 食材・料理

豆乳で健康に!豆乳の選び方は?栄養と効果そして効果的な飲み方

投稿日:2021-12-19 更新日:

健康のために豆乳を飲んでみようと思っているあなた。

豆乳には無調整豆乳・調製豆乳・豆乳飲料の3種類があります。

漠然と飲もう!と思っても、どれを飲めばいいのか分からないことがあるのではないでしょうか。

目的によって選ぶ豆乳は変わってきます。

豆乳の選び方や栄養効果また、効果的な飲み方や飲むのによい時間などをご紹介します。

スポンサーリンク

 

豆乳で健康に!豆乳の選び方は?

豆乳は無調整豆乳・調製豆乳・豆乳飲料の3種類があり、目的によって選ぶ豆乳が変わります。

料理として

無調整豆乳は大豆本来の味を楽しむことができるだけでなく、大豆と水だけで作られているため料理に使うことができます。

グラタンのホワイトソースやクリームパスタを作るときに牛乳の代わりとして使う・味噌汁に加える・にがりを加えて豆腐を作る・レモン汁を加えてチーズを作るなどで料理に活用することができます。

また調製豆乳には砂糖が入っているので、プリンやケーキなどスイーツの材料として使えます。

 

 

飲み物として

豆乳に飲み慣れていない、またはジュース感覚で味わいたい場合は豆乳飲料がおすすめです。

豆乳飲料には味の種類が豊富にあるので、自分好みの味を探す楽しみがあります。

豆乳飲料は甘すぎて苦手な人には塩や砂糖を加えて味を調節して無調整豆乳より飲みやすくしてある調製豆乳があります。

牛乳の代わりにコーヒーや紅茶・抹茶に調製豆乳加えると、ソイラテやソイチャイ・抹茶ラテとして味わうことができます。

 

 

豆乳で摂れる栄養は?どんな効果がある?

豆乳に含まれている栄養は豊富にあります。

主な栄養と効果には、どんなものがあるのでしょうか。

 

大豆タンパク質

動物性タンパクよりカロリーが低く、基礎代謝を活発にする働きがあります。

体内での吸収や分解に時間がかかることで満腹感を得ることができるのでダイエットにも効果があるといわれています。

また血清コレステロールを低下させる・血小板の凝集性を抑えるなどの働きによって血流改善にも効果があるといわれています。

 

イソフラボン

大豆の胚芽に含まれているポリフェノールの1種で、女性らしい身体をつくる・妊娠の準備をする働きのある女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持っています。

エストロゲンが足りない場合は補い、多い場合は減らそうとする働きがあります。

また閉経後エストロゲンが不足することで、骨にカルシウムを届けにくい状態になり骨粗鬆症になる可能性が高くなります。

イソフラボンを摂ることでエストロゲンの代わりとして働き、骨粗鬆症予防に役立ちます。

 

サポニン

血液中にあるコレステロールや中性脂肪など余分な脂質を洗い流すことで肥満予防になるといわれています。また抗酸化作用によって身体の老化と動脈硬化を予防する働きがあります。

 

レシチン

体内の細胞が正常に働けるように細胞膜をキレイにする・新しい細胞が生まれるための働きがあります。

またコレステロールを乳化させてから肝臓へと運び排泄させることで動脈硬化を予防する・血管を強くすることで高血圧を予防する・神経伝達物質をつくることで脳を活性化させ認知症の予防するなどに効果があるといわれています。

 

スポンサーリンク

 

豆乳の効果的な飲み方や飲む時間とは

 

豆乳を飲む時間帯

豆乳は、いつ飲んでもいいですが時間帯によって得る効果に違いがあります。

 

起床直後は空腹状態になっているので、栄養の吸収率は高くなっています。

このタイミングで豆乳を飲むことで豆乳の栄養を効率良く摂ることができます。

 

  • 食前

食事の約30分前に豆乳を飲むことで、大豆サポニンの働きによって満腹中枢が刺激され満腹感を得られやすい・脂肪燃焼を促進するなどの働きによってダイエット効果にあるといわれています。

 

  • 寝る前

寝る30分から1時間前を目安に豆乳を飲むと体内エネルギーを熱に変えて体温を維持する働きのある褐色脂肪細胞を増やし、脂肪を身体に蓄える働きのある白色脂肪細胞を減らして脂肪が燃焼されやすい状況を作ってくれます。

 

 

豆乳を飲む量

1日に飲める量は200mlが目安といわれています。

イソフラボンを摂り過ぎてしまうと、女性ホルモンのバランスを崩し肌荒れや生理不順になる可能性があります。

またマグネシウムの過剰摂取によって下痢になることがあります。

 

豆乳の栄養と効果 さいごに

 栄養豊富な豆乳ですが、摂り過ぎてしまうと身体に悪影響を与えてしまいます。

1日に接種できる量を守って、豆乳の栄養・効果を効率良く取れるようにしましょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング</>

スポンサーリンク

-暮らし, 食材・料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ご飯のお供の定番は?ふりかけにはどんなものがある?起源と歴史

  日本では主食はいろいろありますが、まずはご飯! ご飯はそのままでも美味しく食べられますが、ご飯のお供があるとより美味しく食べることができますね。 梅干しや塩昆布・佃煮など多くのご飯のお供 …

クリームシチューの発祥は日本!?起源と歴史 本格的で簡単な作り方

  クリームシチュー   寒い季節に嬉しいシチュー。 肉や野菜などの具材を鍋にたくさん入れて煮込む料理で古くから西欧地域で作られています。 でも、クリームシチューは日本で作られた料 …

レジ袋の有料化でエコバッグのウイルス対策 エコバッグの洗い方は?

  2020年7月から始まったレジ袋有料化によってエコバッグを使い始めたとうい人が多いのではないでしょうか。 エコバッグは食料品だけでなく、生活用品を買うときにも使います。 使い回しすること …

大豆ミートとは?使い方と作り方 大豆ハンバーグ美味しくするコツ

  ベジタリアンやマクロビオティックを実戦している人たちには馴染みのある大豆ミート。ソイミートともいいますね。 「畑のお肉」とも呼ばれていて栄養価も高く、良質なタンパク質が摂取できるのでダイ …

白味噌と赤味噌と合わせ味噌の違いは?味噌を混ぜる割合や使い分け

  味噌は大豆や米・麦などの穀物に塩と麹を混ぜて発酵して作られた日本古来の食べ物で、味噌汁やいろんな料理に使われています。 種類は豊富にありますが、色で分けると赤味噌・白味噌・淡色味噌の3つ …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。

楽天トラベル