日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

暮らし 食材・料理

モンブラン スイーツの名前の由来は山が関係している?色の違いは

投稿日:

モンブランというとスポンジケーキなどの土台に、生クリームをのせ栗をペーストにしたクリームを細く覆うようにデコレーションしたスイーツです。

山の名前にもモンブランがあります。

スイーツのモンブランとどんな関係があるのか?

また色の違いも気になり調べてみました。

モンブランの名にはどんな由来があるのか、また簡単レシピなどもご紹介。

スポンサーリンク

 

モンブラン スイーツの名前の由来は山が関係してる?

モンブランはフランス語で「白い山」という意味になり、フランスとイタリア国境にある山もモンブランといいます。

標高は約4810メートルありヨーロッパアルプスの最高峰といわれています。

 

スイーツのモンブランは、フランスのサヴォア地方やイタリアのピエモンテ州などアルプス山脈に近い地方の家庭で食べられていた菓子が原形といわれています。

栗のペーストに泡立てた生クリームを添えたものです。

その形が山に似ていることからフランスではモンブラン・オ・マロン、イタリアでは「白い山」という意味があるモンテビアンコと呼ばれています。

日本のモンブランは1933年創業の洋菓子店モンブランの店主・迫田千万億(さこだちまお)氏がつけたということです。

迫田氏が旅行でフランスのシャモニーを訪れたときに出会った洋菓子や、ヨーロッパアルプスの最高峰であるモンブランに刺激を受け、モンブランを自分の店の名前にしてもよいと許可を貰ったといわれています。

またシャモニーで出会った洋菓子を日本人の口に合うようにカステラを土台にして、栗の甘露煮をクリームにアレンジした黄色いモンブランを発売しました。

 

スイーツモンブラン黄色や茶色の色の違いはなぜ?

 

日本で初めて登場したモンブランの色は黄色ですが、フランスやイタリアでは茶色となっています。

黄色になっているのは栗の甘露煮をペーストにしたクリーム、茶色は渋皮ごと砂糖に漬けた栗をペーストにしたクリームを使っているという違いがあります。

日本では最近、イチゴや紫芋・抹茶・ほうじ茶で作ったクリームが使われていて、色とりどりのモンブランがあります。

栗のクリームに竹炭と黒ゴマを加えた黒色、抹茶を加えた緑色や生クリームにイチゴを加えたピンク色、紫芋をクリームにした紫色、カボチャをクリームにしたオレンジ色などがあります。

 

スポンサーリンク

 

自分でも作れる!スイーツモンブランの簡単な作り方

土台となるケーキは市販のカステラや蒸しケーキなどを使うと、簡単にモンブランを手作りすることができます。

基本の作り方とアレンジモンブランの作り方を紹介します。

 

 

モンブラン(2個分)

  1. 生栗(200g)の皮を剥きます。
  2. 鍋に栗・牛乳(150ml)を入れ、栗が柔らかくなるまで煮ます。
  3. ボウルに生クリーム(200ml)・練乳(大さじ2)を入れて混ぜ合わせます。
  4. 柔らかくなった栗をブレンダーなどで細かく潰し、生クリームと混ぜ合わせマロンクリームを作ります。
  5. 土台となるカステラ、またはロールケーキを食べやすい大きさに切ります。
  6. モンブラン用の口金がついた絞り袋にマロンクリームを入れ、カステラまたはロールケーキの上にかけたら完成です。

さつまいもモンブラン(1個分)

  1. さつまいも(100g)は皮を剥き、約1cmの厚さに切って茹でます。
  2. ミキサーに茹でたさつまいもを入れ、砂糖(適量)・牛乳(適量)を少しずつ加えながら好みの甘さと滑らかになるまで回し、さつまいもクリームを作ります。
  3. さつまいもクリームをモンブラン用の口金がついた絞り袋に入れ、土台となるカステラやロールケーキなどの上にかけたら完成です。

イチゴモンブラン(1個分)

  1. 15cmのスポンジケーキ、または蒸しパンなどを用意します。
  2. ボウルに生クリーム(1パック)・砂糖(20g)を入れ泡立て、ホイップクリームを作ります。
  3. ホイップクリームの半分を土台にのせ、ドーム型に整えます。
  4. 残ったホイップクリームにイチゴジャム(適量)を加え、混ぜ合わせイチゴクリームを作ります。
  5. モンブラン用の口金がついた絞り袋にイチゴクリームを入れ、土台にかけたら完成です。

スイーツモンブラン さいごに

モンブランはフランスやイタリアの家庭菓子が白い山のように見えたことから名付けられました。

また日本のモンブランも老舗洋菓子店の店主がフランスのシャモニーで見た洋菓子やヨーロッパアルプスの最高峰であるモンブランを見て店の名前にして、日本人の口に合うようにアレンジしたのが由来となっています。

どちらも山が由来となっているのが面白いですね。

最近では色とりどりのモンブランがあるので、食べ比べてみてはいかがでしょうか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング</>

スポンサーリンク

-暮らし, 食材・料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エアコン取り付けで窓パネルに隙間が 対処するには?補助鍵の効果

    賃貸住宅のエアコンを家主が新しくしてくれるなんてこともありますね。 嬉しいけど設置場所が変わり窓にダクト用のパネルがついて、普通に窓の開閉できなくなってしまうことがあります …

じゃがいも主菜のレシピを簡単に!スープと付け合せのじゃがいも料理

  じゃがいもはメインの料理として使うだけでなく、付け合わせやスープにも使える便利な食材です。 じゃが芋を主菜としたレシピやじゃがいものスープ、またじゃがいも料理に合うつけあわせや、逆につけ …

無水エタノールの使い方掃除に万能な理由は? トイレとキッチンの場合

  無水エタノールは水分がほとんど含まれていないため洗浄力が高く、掃除に使うには便利な薬品といわれています。 今回は無水エタノールを使ったトイレとキッチンでの掃除方法について使い方や手順など …

サンドイッチがぺちゃぺちゃにならない方法!作り方のコツとアレンジ

  サンドイッチは簡単に作れて、見た目がキレイなのでお弁当としても人気があります。 でも食べる頃にはパンが水分を吸ってべちゃべちゃになっていることありませんか? 作った時は美味しそうだったの …

傘にアクセサリーで目印!アイデアとアクセサリリーの簡単な作り方

傘にはいろんな色やデザインがあります。 でも、似たようなデザインやビニール傘だとどれが自分の傘なのか分からなくなることがあります。 お店の傘立てなどにおいた時、同じような傘がある中でも、パッと見て自分 …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。

楽天トラベル