日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。/当サイトはプロモーションが含まれています

暮らし

バターとマーガリンの違い?ケーキ用マーガリンとバターは何が違う?

投稿日:2020-11-08 更新日:

 

日本では2006年に生乳廃棄処分や乳牛の頭数削減による生産調整を行ってから、数年おきにバター不足になることがありました。

2020年では新型コロナウィルスの影響で自宅で料理やスイーツ作りをする人が増え、一時バターが店頭から消えました。

バターの代用品としてマーガリンを使う人が多いですが、バターとの違いや特徴・使い分けなどまとめました。

スポンサーリンク

 

バターとマーガリンの違い

バターは牛乳を原料にして作られていて、冷蔵庫に入れておくと固く温度が20度では柔らかくなり、30度前後になると溶け始め、40度くらいになると液体になります。

香りや風味が良く、コク・深みがあるので、料理だけでなくパンや菓子作りにも使われています。

値段は約400~500円前後が相場となっています。

マーガリンは植物性または動物性の油脂を原料にして作られていて、冷蔵庫に入れてもバターのように固くなることはありません。

冷蔵庫から出しても柔らかくなるまで待つことなく、すぐに使えます。

バターと比べるとあっさりとした味になっていて、菓子作りの材料として使うと軽くてふんわりとした食感が楽しめますよ。

値段は約200~300円前後となっていてバターより安くなっています。

バターの原料は牛乳で値段が高く、マーガリンの原料は油脂で値段が安いことが違いとなります。

 

製菓用マーガリンとバターは何が違う?

マーガリンには菓子作りに適している製菓用マーガリンがあります。

製菓用マーガリンとはケーキ用マーガリンと呼ばれていて、マーガリンから塩分を抜いて生地に練り込みやすい・ホイップしやすくなるように融点を調節したマーガリンです。

菓子作りでは無塩バターまたは製菓用マーガリンを使いますが、風味の強さに違いがあります。

バターの風味が欲しい時は無塩バター、必要でないときは製菓用(ケーキ用)マーガリンにするといいですよ。

 

バターとマーガリンを特徴で使い分けるには

バターとマーガリンは使い分けることで風味や形状を活かすことができます。

菓子作りでは、風味と味を重視したい時はバター、軽い口当たりにしたい時はマーガリンを使うといいですよ。

ただし、バターケーキやバタークッキーのようにバターをメインにした菓子にはマーガリンは適していないので注意しましょう。

 

 

料理ではバターは加熱すると風味と旨味が引き立つので、脂肪の少ない肉をソテーしたい時や淡泊な魚料理のコクを出したい時に使うといいでしょう。

マーガリンは食材の味を活かしたいオムレツや炒め物・パスタに絡めるなどの料理に適しているそうですよ。

またマーガリンは冷蔵庫から出してもスッと伸びるのでサンドイッチを作る時、パンに塗りやすくて便利です。

 

スポンサーリンク

 

パター・マーガリンを使った簡単レシピ

代表的なバター・マーガリンを使った料理を紹介します。

 

ベーコンと小松菜のバター炒め

【作り方】

  1. 小松菜(80g)はザク切り、ベーコン(60g)は食べやすい大きさに切ります。
  2. バター(10g)をフライパンに入れて熱してから、小松菜を炒めます。
  3. 小松菜がしんなりしてきたら、ベーコンを加え焼き目が付くまで炒めます。
  4. コーン(大さじ2)を加え、塩(適量)で味を整えたら完成です。

ハムサンド

【作り方】

  1. サンドイッチ用の食パン(2枚)にマーガリン(適量)を塗ります。
  2. ハム(1枚)とスライスチーズ(1枚)をサンドイッチ用食パンにのせて重ねます。
  3. 食べやすい大きさに切ったら完成です。

 

バターとマーガリンの違い さいごに

バターは紀元前2000年頃に作られ医薬品や化粧品として使われ始め、紀元前60年頃から食用として使われるようになりました。

マーガリンはプロシアと戦争していたフランスではバターが足りなくなり、代用品として牛乳と牛脂を混ぜて冷やし固めたのが始まりといわれています。

材料や値段に違いがありますが、バターとマーガリンを使い分けることで料理や菓子作りの仕上がりが良くなります。

それぞれの良さを活かしてバターとマーガリンを上手に使い分けたいですね。

 

♪マーガリンと端への違いがわかったところでそれぞれの生まれた歴史なんて興味ありませんか?こちらの記事をご覧いただければと思います。

マーガリンとは?マーガリンができた歴史 ファットスプレッドって?

バターとは?始まりの歴史 無塩・有塩・発酵バターの違いと特徴使分け

 


人気ブログランキング

スポンサーリンク

-暮らし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

粉末納豆とは?効果は普通の納豆と同じ?おいしい食べ方と納豆の歴史

元画像:佐川醤油店   粉納豆・・・納豆を粉末状にした「粉末納豆」を知っていますか? 糸を引かないし香りがすくないのでいろんな料理に使うことができます。 納豆は苦手という方のほとんどはあの、 …

鍵と錠前の違いとは?鍵の歴史 いつから?日本の昔の鍵江戸時代は

  鍵は危険から身を守る・財産を守るなどに欠かすことのできないアイテムです。 普段は「鍵」という一言で様々な場所にある鍵穴の方も一緒くたに考えていました。 でも、鍵はその施錠されているものが …

かぼちゃ丸ごとの切り方これで簡単!切ったかぼちゃの定番レシピ

いろいろな料理だけでなく、スイーツの材料など、色々な料理に使えるかぼちゃ。 しかし、かぼちゃは固く切るのに苦労してしまうことがありますね。固いヘタの上から包丁を入れてしまうと抜けなくなってしまうことが …

凧あげをこどもにわかりやすく説明するには?由来と歴史と季節

  凧あげは童謡「お正月」の歌詞にもなっている代表的な正月遊びです。 小さい子供はなんにでも疑問符がつきます。 すると質問攻め(^^;) 凧あげをする意味や由来・歴史など、どうしてお正月や寒 …

絵馬とは?絵馬の歴史や起源は?正しい書き方と奉納のしかた掛け方

  神社仏閣の境内には絵馬がたくさんかけられている場所がありますね。 絵馬にはいろんな願い事・叶った事への感謝の言葉などが書かれています。 絵馬はいつごろからあるのでしょう? 絵馬の起源や歴 …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。