日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

暮らし

錠前と鍵の種類をタイプでわけると?錠前の仕組みと鍵の種類と特徴

投稿日:2020-03-15 更新日:

 

一般的に鍵といえば錠前も含まれていることが多いですが、それぞれ違う役割がありますよね。

錠前はどんな仕組みになっているのでしょうか。

とても気になります(^^;)

そこで今回は錠前と鍵の仕組みについて、そして鍵と錠前の種類などを調べてみましたのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

錠前と鍵の種類をタイプでわけると?

一般的に使われている錠前と鍵の種類をタイプ別にみてみましょう。

 

 

ディスクシリンダー

シリンダー内部には円弧を描いたような金属板が並んでいて、鍵が差し込まれると回転して解錠されます。

間違った鍵を差し込むと回転せずにロックするピッキング防止機能があるタイプもありますよ。

住宅の玄関に多く使われていますが、現在では簡単にピッキングされてしまうのでメーカーによっては製造終了になっていることがあります。

 

ピンシリンダー

シリンダー内部には1列に並んだピンがあり、鍵を差し込むことでピンが所定の位置まで押し上げられ一致すると解錠することができます。

住宅の玄関や机の引き出し・ロッカーなどに使われています。

 

ディンプルシリンダー

ピンシリンダーと同じく鍵を差し込み、ピンを押し上げることで解錠できるようになっています。

ピンシリンダーのピンは1列ですが、ディンプルシリンダーのピンは複数列あるため防犯性が高くなっています。

住宅の玄関に使われています。

 

ロータリーシリンダー

外筒と内筒を貫いている部品・ロッキングバーとタンブラーが別々になっていて、正しい鍵を入れるとタンブラーの切欠きがロッキングバーを一致すると内筒に収まり解錠できるようになっています。

防犯性が高いので、スペアキーを作るとき正確にコピーしないと解錠できないどころか、鍵穴から抜けなくなってしまう恐れがあります。
住宅の玄関に使われています。

 

ウォード錠

内部にウォードと呼ばれる障害物があり、正しい鍵を差し込むとウォードにぶつかることなく回転して解錠できるようになっています。

単純な原理になっているため、建物の鍵として使われていませんがカバンやアンティーク製品などに使われています。

装飾が施されているものもあり、見た目がおしゃれになっているタイプもありますよ。

 

南京錠

取り外しができて持ち歩くことができる錠前です。

本体には可動式の掛け金がついていて、大きさも小さいものから大きいものまでと豊富にあります。

鍵を差し込むまたは暗証番号をセットすると解錠できるようになっています。

金庫やカバン・ロッカーなどに使われています。

 

 

 

マグネットシリンダー

タンブラーと鍵表面の磁石が反発することで内筒が回り解錠できるようになります。

配列が複雑になっていて全部合致しないと内筒が回らないようになっているのでピッキングが難しいタイプとなっています。

住宅の玄関やスーツケース・バイクのシャッターキーなどに使われています。

 

スポンサーリンク

 

錠前の基礎知識とその仕組み

錠前にはどんな部品が使われているのか?主な部品を紹介しますね。

ケース

ラッチボルトやデッドボルトなど錠前の機構が入っています。

扉の中に収める彫り込み型と扉面につける面付け型があります。

 

シリンダー

鍵を差し込む部分で、一致しないと回らないようになっています。

 

サムターン

シリンダーの反対側にある金具で開け閉めを行い、施錠時は横になっています。

 

ノブ

取っ手の役割とラッチボルトの出し入れを行います。

レバーハンドルも同じ仕組みとなっています。

 

 

フロント

ケースの先端にある板でラッチボルト・デッドボルトの出し入れする穴とケースを扉に取りつけるためのビス穴が付いています。

鍵のメーカー・型式記号などが刻印されています。

 

ラッチボルト(仮締め)

ドアが風で開かないようにする仮締めの役割があります。

 

デッドボルト(本締め)

シリンダーやサムターンと連動していて、鍵を回すと壁側の枠に入り施錠されるようになっています。

 

ストライク

ケースから出てくるラッチボルト・デッドボルトを入れるための枠です。

 

錠前の仕組み

代表的な錠前の仕組みを紹介します。

 

 

ピンシリンダー

鍵を差し込むと内部のピンが動きシャーラインが揃うと左右に回るようになります。

 

ディンプルシリンダー

仕組みはピンシリンダーと同じですが、内部のピンは複数列あるので防犯性に優れています。

 

イモビライザーキー

車の鍵として使われていて、搭載されているICチップが登録されている情報と一致するとエンジンがかかるようになっています。

 

電気錠

配線をつないだ操作盤がドアに埋め込んであり、操作盤からの電気信号によって解錠できるようになっています。

 

スポンサーリンク

 

鍵の種類の名称とそれぞれの特徴

代表的な鍵について紹介します。

 

 

ディンプルキー

表面にくぼみがあるのが特徴となっています。両面が使えて滑らかになっているので、引っかかる心配がありません。

住宅の玄関・金庫・ロッカーなどに使われています。

 

ロータリーシリンダーキー

刻みがある・くぼみのような形があるタイプの2種類があります。

不正ピッキング防止構造や破壊に強い部品が使われています。

 

ピンシリンダーキー

差し込み方向が一定になっているため使いにくいと感じるタイプの鍵です。

古いタイプは会穴からのピッキングができるため防犯性が低いです。

現在では簡易鍵として使われています、

 

ディスクシリンダーキー

古い車やバイクなどに使われていて、鍵穴内部には平板が並んでいます。

建物用に使われているタイプはピッキングに弱くなっています。

 

エースキー

八万ロックまたは管鍵と呼ばれていて、円形になっています。

主に自動販売機・パチンコ・バイクのディスクロックなどに使われています。

 

 

鍵の種類と錠前の仕組み さいごに

鍵には様々な種類があります。

用途に合わせて使い分けて、大切なものを守るようにしましょう。

 

☆鍵の歴史や昔の鍵に興味のある方はこちらの記事を合わせてご覧いただければと思います。

 鍵と錠前の違いとは?鍵の歴史 いつから?日本の昔の鍵江戸時代は

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

スポンサーリンク

-暮らし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

腕時計と懐中時計は何が違う?歴史から魅力がわかる懐中時計の種類

時計といえば置き時計や掛け時計などがありますが、持ち歩くことができる時計として腕時計と懐中時計があります。 最近懐中時計に魅力を感じて気になっています。 腕時計のように一般的ではない懐中時計。 腕時計 …

便利な不用(要)品回収業者 違法業者とまともな業者の見分け方は?

「不要となった家具や電化製品などを無料で回収します」というアナウンスを流しながらトラックで回る不用品回収業者をよくみかけます。 不要品をまとめて処分したいけど地域のゴミステーションに出せる曜日が決まっ …

コーヒーの抽出器具にはどんな種類があるの?透過法と浸漬法とは?

サイフォンやペーパードリップなど、コーヒーの抽出法にはいくつかあります。 また、抽出法によっては味に違いが出ることがあるようです。 いつもはペーパードリップで淹れている珈琲も抽出器具によって味の違いが …

ビーフシチューはスープ?おかず?ビーフシチューに合うお薦めの一品

  我が家では、カレーについで人気のビーフシチュー。 ビーフシチューとは、ビーフと野菜をたっぷりと煮込んだ料理。 デミグラスソースで味付けした、とっても濃厚で美味しい一品です。 柔かく煮込ん …

テレワークの必需品!イヤホンとマイクの選び方とあると便利なグッズ

在宅でテレワーク中に子どもの声やペットの鳴き声が耳に入って集中できないということがあるのではないでしょうか。 イヤホンがあれば聞き取りにくいことはなくなりますが、テレワークに適したイヤホンには、どんな …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。

楽天トラベル