日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

暮らし 食材・料理

フェイクミートとは?本当の肉との違い フェイクミートの種類やタイプ

投稿日:2019-06-16 更新日:

 

フェイクミートが話題になっています。

健康と環境に良い食材として注目されていますね。

フェイクミートとは、どんな食材なのか?

本物の肉との違いや種類・使い方などが気になります。

フェイクミートについて調べたことをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

フェイクミートとはなに?本当の肉とどう違う?

フェイクミートとは野菜を原料にして作られた肉のことで、

日本では「植物肉」と呼ばれています。

 

高タンパクで低カロリーとヘルシーだけでなく、肉と比べて柔らかいので噛む力の弱い高齢者でも食べることができます。

 

本物の肉との違いには次のような特徴があげられます。

・歯ごたえが弱い

・臭みがない

・肉特有の風味が感じられない

・油分が少ないため胃もたれが起きにくい

 

こうして特徴を並べてみると、なんだかあんまり美味しそうというイメージがわきません(^^;)

味のほうも気になりますね。

いろいろな方が食べた感想を書いています。賛否両論ありました。

味に関してはどんな食べ物も好みなどがあるので一概に言えませんが、

やはり自分で食べてみないと・・ですね。

 

ただ、栄養面やカロリー、また美容面などからみると、いろいろ利用できそうです。

ヘルシーだし、ベジタリアンの人にはいいんじゃないでしょうか?

わざわざ偽物の肉を食べる意味がないって?(^^;)それはそうですよね。

 

でも、肉が食べたくても食べられない人には、偽物でも美味しくて肉を食べている気分になれるのなら嬉しいかもしれませんね。

 

ビヨンドミートとインポッシブルミートの違い

ビヨンドミートとかインポッシブルミートというのを聞いたことがありますか?

私はうとくて、最近知りました。

フェイクミートのようですが、違いはなんなんでしょう・・

調べるとこの二つは、フェイクミートの代表的なメーカーでした。

 

ビヨンドミートとは

カリフォルニア州エル・セグンドに本部がある植物由来のフェイクミートを製造・開発をしている食品テクノロジー企業で2009年に創立されました。

大豆・エンドウ豆などを主原料として、本物の肉と全く同じ味の開発を目指しているそうです。

2016年に販売開始となったハンバーガー用ビーフパティー「ビヨンドバーガー」は、本物の肉のように生肉状態で販売されました。

火を通すと肉汁のような液体が出て焼き色がつき、味も本物の肉と同じということで注目されました。

 

 

インポッシブルミートとは

カリフォルニア州レッドウッドシティに本部がある植物由来の人工肉・乳製品の製造・開発をしている食品テクノロジー企業で2011年に創立されました。

大豆・じゃがいもを主原料として、こんにゃく成分をつなぎに、ココナッツオイルや大豆プロテインで脂身に見立てて人工肉を作っています。

アメリカ西海岸を中心に1,400店舗以上のレストランで提供されている

「インポッシブルバーガー」が大好評で、2018年4月には香港でも販売されるようになりました。

 

どんな違いがある

どちらのメーカーも見た目は本物の肉と変わりませんが、材料に違いがあります。

インポッシブルミートは大豆・じゃがいもに小麦・ココナッツオイルなどを加えています。

それに対し、ビヨンドミートは大豆・エンドウ豆に大豆由来のプロテインを加えていますがグルテンが含まれていないことがインポッシブルミートとの違いになります。

 

スポンサーリンク

 

フェイクミートの種類とタイプ その使い方は?

フェイクミートは「培養肉」と「大豆ミート」の2種類があります。

 

培養肉とは

動物の可食部から細胞を取り出し、組織培養した肉のことです。

動物を屠殺する必要がない・厳密な衛生管理ができる・ヘルシーな肉が作れる・地球環境への負荷が少ないなどのメリットがあります。

まだ研究段階であるが、従来の食肉に変わるものとして期待が高まっています。

 

大豆ミートとは

大豆を原料とし、油分を搾取して過熱加圧・高温乾燥させたもので「畑のお肉」とも呼ばれています。

大豆で作られているので食物繊維・ミネラル・イソフラボン・鉄分などが豊富に含まれています。

小麦タンパクなどの植物性タンパクをつなぎにしたソイミートもありますよ。

 

フェイクミートの使い方

培養肉はまだ市場には出回っていませんが、大豆ミートとソイミートにはいろんなタイプがあります。

ソイミートにはつなぎが使われているので、型くずれすることなく大量に調理することができます。

 

 

【大豆ミート】

・ミンチタイプ

ハンバーグや餃子・麻婆豆腐などの材料として使われています。

 

・スライスタイプ

炒め物や肉巻き、ミルフィーユカツなどの材料として使われています。

 

・ブロックタイプ

ゴロッとしているので唐揚げや天ぷら・煮物料理の材料として使われています。

 

【ソイミート】

・唐揚げタイプ

見た目が唐揚げのように成形されています。

他にも大きなサイズに成形することができるトンカツタイプもあります。

 

・ミンチタイプ

ひき肉料理の材料として使われています。

 

・スマートタイプ

チンジャオロースに入っているような細長い形になっています。

 

フェイクミート まとめ

健康と環境に良いことから欧米では大ブームになっているフェイクミート。

本物の肉との違いが、ほとんどないのが凄いですね。

乾燥タイプだけなく、簡単に食べられるレトルトタイプもあります。

どんな味なんでしょうね?

一度、フェイクミートを食べてみたいなぁと思うこの頃。ダイエットにもいいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-暮らし, 食材・料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

白ネギと青ネギの違いは?栄養からみた違いとネギの種類と使い分け

  ネギにはいろいろありますが、大きく分けて白ネギと青ネギに分けられます。 関東では白ネギ、関西では青ネギが良く使われています。 また料理によって白ネギと青ネギが使い分けられています。 白ネ …

リモート会議で好印象を与えるメイクのコツは?男の化粧がもたらす効用

在宅勤務が導入されたことでリモート会議が当たり前のようになってきました。 作業する時は他の人と顔を合わせることはありませんが、リモート会議では参加者と顔を合わせるので画面越しでの印象が気になりますね。 …

マスクで臭いが気になる!不快な臭いにはアロマスプレーで対策を

  冬の時期や花粉症の時期に多く見られるのが、マスクをした人。 風邪予防や花粉の防止に大活躍のマスクですよね。 かくいう私もマスクは必需品なんです。 でも、このマスク、臭いが気になってしまう …

お好み焼きの発祥はいつ?起源は?お好み焼きともんじゃ焼きの違い

  お家で手軽に作っても、専門店で食べても美味しいお好み焼き。 お好み焼きは小麦粉と水で作った生地にキャベツや魚介類・肉など好きな具材を加え、混ぜてから焼く鉄板料理ですが、地域によっては焼き …

着物の着付け必要な物と自分でする着付け方 依頼する場合の料金は?

  着物を着る機会って、案外あるものですね。 お正月・成人式・結婚式・お茶会・催し物・入学卒業式・・などなど 他にも夏には浴衣や場合によってはお葬式とかもですよね。 海外旅行に着物持参という …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。

楽天トラベル