日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

暮らし

いろいろな調味料の捨て方まとめ 引越しの調味料の梱包と捨て方

投稿日:

調味料には、砂糖や塩・醤油・味噌をはじめとする種類が無数にあります。

中には試しに買ってはみたけど、使い切れずにそのままにしてしまった調味料があるのではないでしょうか。

不用となった調味料を捨てるときには正しい方法で行わないと自然環境に影響が出てしまいます。

調味料の捨て方や引っ越しで調味料を梱包する方法などを紹介します。

スポンサーリンク

 

いろいろな調味料の捨て方まとめ

調味料は大きく分けて、ドロッとした粘度のあるもの・液体・粉末・固形などに分類されます。

調味料の捨て方は分類によって変わってきます。

  • 粘度のあるもの(ケチャップ・マヨネーズなど)・固形(味噌・バターなど)
  1. 新聞紙を広げ、その上にキッチンペーパーを置きます。
  2. 中身をキッチンペーパーに出します。
  3. 新聞紙を包み、ビニール袋に入れます。
  4. 中身が出ないように、ビニール袋の口をしっかりと封をして可燃ゴミとして出します。
  5. 容器に少量の水を入れてすすぎ洗いをして、各自治体のルールに従って出します。

 

  • 液体(醤油・ソースなど)
  1. 牛乳パック、またはビニール袋に新聞紙や布を入れます。
  2. 中身を注ぎ入れます。
  3. 新聞紙や布に染み込んだことを確認したら、ビニール袋の口をしっかりと封をして可燃ゴミとして出します。
  4. 容器に少量の水を入れてすすぎ洗いをして、各自治体のルールに従って出します。
  • 油(サラダ油・オリーブオイル)
  1. ビニール袋の中に牛乳パックを入れます。
  2. 牛乳パックの中に新聞紙や布を入れます。
  3. 中身を注ぎ入れます。
  4. 新聞紙や布に染み込んだことを確認したら、自然発火しないように少量の水を注ぎ入れます。
  5. 牛乳パックとビニール袋の口をしっかりと封をします。
  6. ビニール袋に牛乳パックを入れて、しっかりと封をして可燃ゴミとして出します。
  7. 容器に少量の水を入れてすすぎ洗いをして、各自治体のルールに従って出します。

 

  • 粉末(砂糖・塩など)

そのままビニール袋に入れて、しっかりと封をして可燃ゴミとして出します。

 

引越しの調味料の梱包は?

使用中の調味料を引っ越しで運ぶとき、中身が出ないようにしっかりと梱包する必要があり、種類によって方法が違ってきます。

どのダンボールに入っているかが一目で分かるように「調味料」、上下逆さまにならないように「天知無用」、または「逆さ厳禁」と書いておきましょう。

  • 液体(醤油・ソースなど)・油(サラダ油・オリーブオイルなど)
  1. フタの上からラップをかけて、輪ゴムで留めます。
  2. ラップで包んだ部分をキッチンペーパーで包み、輪ゴムで留めます。
  3. 新聞紙で全体を包み、ビニール袋に入れます。
  4. ビニール袋の口をしっかり封をします。
  5. 口の部分が上になるようにしてダンボールに入れます。
  6. 移動中に容器が倒れないように、隙間にタオルや新聞紙を詰めます。
  • 粉末(砂糖・塩など)
  1. 袋の口をしっかりと封をします。
  2. ビニール袋に入れて、しっかりと封をします。
  3. ダンボールに入れます。

 

  • 小瓶(卓上塩・コショウなど)
  1. フタがしっかり締まっていることを確認したら、ラップで全体を包みます。
  2. 新聞紙で包み、セロハンテープで留めます。
  3. フタの部分が上になるようにダンボールに入れます。
  4. 移動中に容器が倒れないように、隙間にタオルや新聞紙を詰めます。
  • 要冷蔵(マヨネーズ・ケチャップなど)

引っ越しで使われているトラックの荷台には、温度調整機能がありません。

要冷蔵の調味料は引っ越しの時は運ばない方がいいのですが、どうしても運びたいのであれば梱包同様に保冷対策が必要となります。

中身が出ないようにしっかりと梱包してからクーラーボックスに入れて運ぶ、またはクール便で送るようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

引越しの時の調味料の捨て方

引っ越し先で調味料を捨てるときは、ゴミの出し方を確認する必要があります。

地域によってはマヨネーズやケチャップの容器は洗わずに可燃ゴミ、または洗って資源回収ゴミになる違いがあります。

ゴミの出し方を間違えて、ご近所とのトラブルにならないように気をつけましょう。

中身の捨て方は、普段の時と同じです。

 

調味料の捨て方まとめ さいごに

不要となった調味料を、そのまま排水溝に流してしまうと川や海に悪影響を与え、魚が住めなくなってしまいます。

また詰まりの原因にもなります。

正しい方法で調味料を捨てるようにしましょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク

-暮らし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鼻緒の位置はなぜ真ん中?鼻緒の歴史と起源 鼻緒誕生の理由

草履や下駄・雪駄などには履物と足を固定するための鼻緒がついています。 鼻緒って下駄や草履の真ん中の穴についています。 なぜでしょう? そしてこの鼻緒はいつから使われるようになったのでしょうか。 ちょっ …

相撲のはじまりと歴史 相撲という名前の由来は?相撲がなぜ国技?

日本の武道のひとつになっている相撲。 あまり武道というイメージはないけど日本の国技として年に数回、大相撲が行われています。 この相撲は、いつから行われるようになったのでしょうか? 相撲の歴史や相撲とい …

浴衣とは?日本の浴衣の歴史と由来知っている?起源は火傷防止!?

  夏になると、涼しげな夏の装いの浴衣姿がイベントやお祭りなどでも目につくようになりますね。 この浴衣、昔、蒸し風呂に入ったときに水蒸気で火傷しないための着物だったのが始まりだと、あなたは知 …

冷凍食品の活用で毎日のおかず作りを楽に!こんな使い方で見栄えもUP

  お弁当作りに欠かせないものといったら、「冷凍食品」 メインのおかずから、サブのおかず、野菜のおかずと色々あって、重宝しますよね。 お弁当作りで、一番気にするのは見た目ではないでしょうか。 …

木魚とは楽器?叩く意味は?なぜ魚?疑問を由来や歴史からみると

お坊さんがお経を読む時にポクポクと叩く木魚ですが楽器として使われることがあるそうです。 よくみかける木魚の形は丸いですが、魚の形になっている木魚もあります。 どうして、魚の形をしているのでしょうか。 …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。

楽天トラベル