日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

暮らし 食材・料理

調理器具のおたまの種類は?名前の由来とおたまやへらの歴史

投稿日:

おたまは、カレーやシチュー・味噌汁など汁物を掬うときに使う調理器具です。

海外ではレードルと呼ばれていますが、なぜ日本では「おたま」と呼ばれているのでしょう?

お玉は掬うだけでなくまぜたりもしますが、それにはヘラや菜箸もあります。

調理器具の使い方に基準はあるのでしょうか?

おたまの名前の由来や歴史・種類などを調べてみました。

スポンサーリンク

 

 調理器具のおたまにはどんな種類がある?

おたまの種類には、素材や形状、機能などでそれぞれの種類を分けられます。

 

素材

おたまの素材にはステンレス・ナイロン・シリコン・木があります。

 

ステンレス

熱に強くて丈夫なので長く使うことができます。

またニオイや色がつきにくいので、カレーやシチューに使うことができます。

ステンレスは硬いので、フッ素樹脂加工してあるフライパンや鍋の調理面を傷つけてしまうことがあります。

熱伝導率が良いため、長時間使っていると持ち手部分が熱くなり火傷することがあるので、注意しましょう。

持ち手部分が樹脂や木など熱くならない素材で覆われているタイプもあります。

 

ナイロン

軽いので誰でも手軽に使えることができます。

フッ素樹脂加工してあるプライパンや鍋の調理面を傷つける心配がないので安心です。

ただし耐熱性は高くないので、揚げ物に使う、または長時間鍋に入れたままにしておくと変形する・溶けてしまうことがあるので注意しましょう。

 

シリコン

柔軟性があるのでゴムベラのように鍋底の料理をかき集めることができます。

また商品によっては耐熱性の高いものがあるので、ナイロンのように溶ける・変形の心配は少なくなります。

ただしカレーやニンニクなどに使うと色やニオイがつきやすい、刃物に弱いので注意する必要があります。

 

 

鍋やフライパンを傷つけることなく使えます。

また見た目がいいので、大皿料理の取り分けスプーンとして使うこともできます。

ただし、しっかりと水気を取らないとカビが生えてしまうので、洗った後は乾かしましょう。

また燃えやすいので、火のそばに置いてはいけません。

 

スポンサーリンク

 

形状

おたまには、お椀型・楕円状・横口・中華用・両口などがあります。

 

お椀型

一般的なおたまで、初心者でも使いやすくなっています。

深さがあるので、大きな具材のある料理やスープ・味噌汁などの汁物がすくえます。

 

楕円状

お椀型より少し横に広がっていて、具材や汁物がすくいやすくなっています。

 

横口

おたまの横に注ぎ口があり、汁をこぼさずに器に入れることができます。

茶碗蒸しを作るとき、卵液を器に入れるときに便利です。

ただし利き手があるので、左利きの人は左利き用を用意してくださいね。

 

中華用

柄が長く椀部分との角度が浅くなっているので、強火で炒めるときに便利なおたまです。

 

 

両口

椀部分の両側に注ぎ口がついているので、利き手に関係なく使うことができますよ。

 

スポンサーリンク

 

機能

料理するときに便利な機能がついているおたまを紹介します。

 

目盛り

椀部分の内側に目盛りがついているので、計量カップや計量スプーンを用意する手間が省けます。

また均等に取り分けるときの目安にもなりますよ。

 

自立型

おたまに支えがある・底部分がフラットになっているので、おたまを置くための皿を用意する必要がありません。

 

穴あき

椀部分の底に穴が開いているので、具材と汁を分ける・揚げ物を取り上げるときに便利です。

 

おたまの名前の由来

おたまは「お玉杓子」が正式名称ですが、「お多賀杓子(おたがじゃくし)」が語源になっているといわれています。

奈良時代、元正天皇が病気になったとき滋賀県にある多賀大社の神官たちが完治を祈念し、米を蒸して飯にした強飯(こわめし)を大きな杓子に乗せて献上しました。

元正天皇の病気が治ったことで、杓子は縁起物となり「お多賀杓子」と呼ばれるようになり、「お玉杓子」や「お玉」へと変わっていったそうです。

 

スポンサーリンク

 

おたまやへらの歴史

縄文時代、煮炊きするようになったとき棒で料理をかき回していました。

かき回しやすくするために棒をヘラ状に加工、汁をすくうために棒の先に貝殻をつけて使ったのが始まりであるといわれています。

 

その後、調理方法の変化によって様々な形状や素材のおたま・ヘラが登場するようになりました。

 

お玉 さいごに

おたまは料理をかき混ぜる・すくうのに便利な調理器具です。

ステンレスやシリコン・ナイロンなど様々な素材があるので、自分に合ったおたまで料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング</>

スポンサーリンク

-暮らし, 食材・料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

塩の使い道は料理以外でもこんなにある!漬物にかかせないわけは

  塩は料理に欠かすことのできない調味料ですが、野菜の色出しや果物の変色防止、鍋の焦げを取ったり・ガラス容器のくもりを取るなど・・・様々な使い方があります。 またご飯につきもののお漬物にも塩 …

もみじが紅葉する仕組みは?紅葉しないことも?そのわけと対処法

  もみじの葉が緑から赤や黄色に変わっていくのを見ると、秋の深まりを感じることができます。 しかし年によっては紅葉しないことがあります。 もみじが紅葉していく仕組みや、紅葉していないわけとは …

塩麹とは?その効果は?簡単な作り方と使い方を食材別にご紹介!

塩麹とは塩や麹などを混ぜ合わせた発酵調味料です。 少し前にブームになったこともあるので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 塩麹に肉や魚などを漬けておくと柔らかくなるし、味に深みが出るなど …

記憶とは分類すると2種類!物忘れと痴呆の違いを判断する方法は?

記憶とは物事を忘れずに覚えておくことをいいますが、記憶にはいくつかの分類と種類があるといわれています。 記憶の分類や種類ってどんなものがあるのでしょう。 最近知人と会話をしていると顔はわかるが名前がで …

これで節約!?万能ネギを自宅で栽培する方法

  自家栽培をしたことはありますか? 自家栽培といえば定番はトマトやキュウリ、インゲン豆など比較的簡単で、料理にと良く使う野菜を多く栽培しますよね。 万能ねぎって買うと結構量があって、使い切 …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。

楽天トラベル