日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

暮らし 食材・料理

じゃがいも主菜のレシピを簡単に!スープと付け合せのじゃがいも料理

投稿日:2019-10-23 更新日:

 

じゃがいもはメインの料理として使うだけでなく、付け合わせやスープにも使える便利な食材です。

じゃが芋を主菜としたレシピやじゃがいものスープ、またじゃがいも料理に合うつけあわせや、逆につけあわせとしてのじゃがいもレシピは?

じゃがいも料理をいろいろ紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

じゃがいもを主菜にしたレシピを簡単に

じゃがいもピザ

ピザ生地の代わりにじゃがいもを使ったピザです。

焼く時間が短いので具材によっては先に火を通しておくといいですよ。

 

じゃがいもピザ

 

【作り方】

  1. じゃがいも(大・2個)を洗い、皮を剥いたら約3mmに薄切りにしてから水にさらします。
  2. 好きな具材を食べやすい大きさに切ります。
  3. 水にさらしておいたじゃがいもをザルにあけ、水気を切ります。
  4. フライパンでオリーブオイル(適量)を熱してから、じゃがいもを並べ中火で焼きます。
  5. 両面に焼き目がついたら、ピザソース(大さじ3)・具材(適量)・チーズ(大さじ5)・パセリ(適量)の順にのせていきます。
  6. フタをしてチーズが溶けたら完成です。

じゃがいものシャキシャキ炒め

シャキシャキとした食感が楽しめる炒め物です。

いろんな種類の野菜を細切りにして加えるのもいいですよ。

 

【作り方】

  1. じゃがいも(大・2個)を洗い、皮を剥いたら細切りにして水にさらします。
  2. ニンジンなどお好みの野菜(適量)・ベーコン(2枚)を細切りにします。
  3. フライパンでサラダ油(適量)を熱したら、ベーコンを軽く炒めます。
  4. 細切りにした野菜を加えて炒めてから、塩コショウ(適量)を加え火が通ったら完成です。

じゃがいもとひき肉の重ね焼き

じゃがいものカリッとした食感とひき肉の旨味が詰まった1品です。

ワインにも合いますよ。

 

【作り方】

  1. フライパンでサラダ油(適量)を熱したら、ひき肉(200g)を入れて中火で炒めます。
  2. みじん切りにした玉ねぎ(1/2個)・塩コショウ(適量)を加え、玉ねぎが透明になるまで炒めます。
  3. ざく切りにしたトマト(1個)・顆粒コンソメ(小さじ2)・水(50ml)を加え、トマトが崩れるまで炒め、混ぜ合わせます。
  4. 耐熱皿に移し、2mmほどにスライスしたじゃがいも(1個)を隙間なく並べます。
  5. とろけるチーズをのせ、オーブントースターで焼き目がつくまで焼いたら完成です。

 

じゃがいもで作るスープの種類はどんだけある?

じゃがいもを使ったスープにはポタージュや冷たいスープのビシソワーズ・コンソメスープ・味噌汁などがあります。

じゃがいもを使った代表的なスープレシピを紹介します。

 

ポタージュ

トロッとした舌触りが楽しめます。

じゃがいもの量が多すぎるとトロトロになり過ぎてスープにはならないので注意しましょう。

 

【作り方】

  1. じゃがいも(1/2個)を洗ってから皮を剥き、すりおろします。
  2. 玉ねぎ(1/2個)は薄切り、ウインナー(4本)は斜め切りにします。
  3. 鍋で玉ねぎとウインナーを入れ、玉ねぎが透き通るまで炒めます。
  4. 玉ねぎとウインナーを鍋の端に寄せ弱火にしてから、バター(20g)を入れて溶かします。
  5. 溶かしたバターに顆粒コンソメ(小さじ1)・小麦粉(小さじ2)・塩コショウ(適量)を加えて良く混ぜ合わせます。
  6. 牛乳(400cc)を加えて、約2分煮込んだから完成です。

ビシソワーズ

滑らかな口当たりのするスープです。

食欲がない時でもスッと喉に通りますよ。

 

じゃがいもスープ

 

【作り方】

  1. じゃがいも(大・2個)を洗ってから皮を剥き、6等分にします。
  2. 1個ずつラップに包み、電子レンジで約5分加熱します。
  3. 柔らかくなったじゃがいもを鍋に入れて、マッシャーで潰します。
  4. 牛乳(300cc)・水(100cc)を加え、中火で加熱します。
  5. 沸騰したら弱火にして、顆粒コンソメ(適量)・塩コショウ(適量)で味を整えます。
  6. 粗熱が取れたら完成です。

 

スポンサーリンク

 

じゃがいも料理に合う付け合せ?付け合せになるじゃがいもレシピ?

じゃがいもはメイン料理にもでき、付け合わせにもなる食材です。

付け合わせにもできるじゃがいもレシピを紹介します。

 

ジャーマンポテト

この料理名は和製英語で、ドイツではシュペックカルトッフェルンと呼ばれているそうです。

茹ですぎると炒めるときに崩れてしまうので注意しましょう。

多めに作るとメイン料理にもなりますよ。

 

ジャーマンポテト

 

【作り方】

  1. じゃがいも(大・2個)を洗ってから皮を剥き、イチョウ切りにして茹でます。
  2. 玉ねぎ(1/3個)は薄切り、ベーコン(2枚)は細切りにします。
  3. フライパンでサラダ油(適量)を熱してから、ベーコン・玉ねぎを炒めます。
  4. じゃがいもを加え塩コショウ(適量)で味を整え、パセリ(適量)を散らしたら完成です。

ゆかり和え

茹でたじゃがいもにゆかりをサッと混ぜ合わせるだけの簡単メニューです。

ゆかりを加える前にじゃがいもの水気をしっかりと切るのがポイントです。

【作り方】

  1. じゃがいも(大・2個)を洗ってから皮を剥き、一口大に切ります。
  2. 鍋でじゃがいもを好みの固さになるまで茹で、ザルにあけます。
  3. ゆかり(適量)を加え、良く混ぜ合わせたら完成です。

じゃがいもを使ったレシピ さいごに

じゃがいもを使ったレシピを紹介しましたが、いかがでしょうか。

じゃがいもにはカリウムやビタミンB1・ビタミンC・食物繊維などが豊富に含まれています。

高血圧・むくみ予防や美容に効果があるといわれているので、いろんな料理に使ってみるのもいいですね。

献立に迷ったときの参考になれば幸いです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-暮らし, 食材・料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家電のサブスクレンタルとは?メリットとデメリットとポイント

料金を支払うことで一定期間物やサービスを利用できるサブスクレンタル。 サブスクレンタルには、いろんな種類がありますが、その中に家電(家庭用電化製品)もあります。 家電のサブスクレンタルとは、どんなサー …

日本の文房具の初めてといえば?日本での歴史と日本発祥の文房具

  昔は筆や墨を使っていた日本。 現在のように鉛筆やノート・消しゴムなどの文房具は、いつから日本で使われるようになったのでしょうか。 みんな外国から入ってきたと思っていたらプラスチック消しゴ …

日本の裁縫箱の歴史 裁縫箱は必需品?裁縫箱の今と昔の違いとは?

  裁縫箱とは針や糸・ハサミなどの裁縫道具が入っている箱のことで、小学校5年生から家庭科の授業が始まるため裁縫箱を用意する必要があります。 昔は嫁入り道具の中に裁縫箱があるほど裁縫は欠かすこ …

和の文化の天ぷらの起源とは?日本での歴史と天ぷらの日本での種類

天ぷらは魚介類や山菜・野菜などに小麦粉を水で溶いた衣をつけて揚げる日本の代表的な料理です。 天つゆや塩につけて食べるだけでなく、うどんや蕎麦・丼物の具材にもできるので人気があります。 日本料理の1つで …

割り箸とは?その起源と種類 割り箸のメリッとデメリッ本当はエコ?

  外食したときやコンビニやスーパーマーケットなでお弁当を買ったときなどについてくる割り箸。 何気なく使ってはいるけど、割り箸の起源やはじめてはいつなんだろう? とか、その由来や種類など気に …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。

楽天トラベル