日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

行楽・イベント・祭り

屋久島に行くならベストシーズンを!ダイビングと名所巡りのすすめ

投稿日:

屋久島に行くならダイビングでしょう!と言うくらい屋久島の海はとても美しいもの。
透き通る様な海は透明すぎて魚が住みにくいとまで言われる程なんです。
これはダイビングを体験しなきゃ損!
黒潮の中に浮かぶ屋久島は、イソマグロなどの大型回遊魚や熱帯魚などと沢山の種類の
魚が生息し、またウミガメの産卵地でもあるので海は屋久島そのもの。
せっかく行くならダイビングのベストシーズンに行きたいですよね。

スポンサーリンク

屋久島のベストシーズン

実は屋久島の海は年間を通してあまり変化がなく、季節よりも黒潮の動きで左右されてしまうので、黒潮の状態によっては夏でも水温が下る事もあり、逆に冬場でも水温が上がったりする場合もよくある事なんです。

しかし黒潮の動きによって7月の上旬から10月の下旬くらいが海の水温も高くなり、

透明度も増すのでベストシーズンとも言えます。

7月、8月の屋久島はダイビングの他にウミガメの産卵を観察でき、山ではトレッキングも
楽しめる季節となっています。

ただこの時期は台風も多いシーズンでもあります。

9月、10月は観光客も落ち着き、引き続きトレッキングやシュノーケリングなどの
マリンスポーツが楽しめ、ウミガメもふ化を迎える頃です。

また秋の屋久島も楽しめる時期でもあります。

こちらもやはり台風もいくつかあり、10月には海水浴ができない日も増え、
ウミガメも見れなくなってしまいます。

その他では5月はトレッキングのベストシーズンであり、

海や川などのアウトドアは7月から9月がベストシーズンとなっています。

なのでダイビングの他に何がしたいか、どこに行きたいかなど、

それぞれの用途に合わせて自分のベストシーズンを見つけてくださいね。

屋久島でダイビングができるおすすめの施設

屋久島にある数々のダイビング施設の中で人気なのが、宮之浦にある「エバーブルー」です。

エバーブルーは屋久島で唯一のPADIダイブセンター登録サービス店なので、安心してダイビングをする事ができます。

体験ダイビングは海に潜る感覚でできるので初心者も安心して体験する事ができ、

本格的なFANダイビングは屋久島の海を思う存分に楽しめちゃいます。

それぞれにコースがいくつかあり、

体験ダイビングだと1人から体験可能なショートコース、

・ウミガメに会える率が大きいウミガメコース、

・たっぷりと楽しめる1ビーチ1ボートウミガメコース

と三つのコースがあるので、自分に合っダイビングが選べます。

ショートコースは3時間のコースになっており、午前の部と午後の部が選べます。

また10歳から参加が可能なので子供と一緒に楽しむことができます。

ウミガメコースも同じく3時間のコースでこちらも午前の部と午後の部が選べて、
10歳から参加可能。

1ビーチ1ボートウミガメコースは4時間コースですが、短縮もできます。

また現地集合現解散も可能です。
(その場合1度お店に行き、受付とスーツ合わせと清算を済ませて現地に行く流れとなっています。)

ダイビング経験者や本格的に楽しみたい方には、FANダイビングがおすすめです。

こちらもコースはボードダイビング、ビーチダイビングと種類があり、
ナイトダイブや早朝ダイブといったコースもあり、寝ている魚も見ることができます。

ボードダイビングでは屋久島で人気のダイビングスポットである一湊タンク下がコースになっており、沢山の魚が見ることができます。

水も透明度が高く、岩や砂がはっきりと見える程。

また漁礁やゼロ戦と呼ばれる飛行機のプロペラも見ることもでき、

更には100%の高確率でツバメウオと会えちゃいます!

ビーチダイビングではこちらもダイバーに人気の栗生や尾の間を潜ります。

栗生では回遊魚やピグミーと言った魚に会うことができ、尾の間では防波礁の周りに魚が入り乱れる姿を堪能することができます。

どちらのコースも充分に楽しめるので、どのコースにするか迷ってしまいます。

またダイビング中にスタッフが写真をとってくれ、それをCD-Rに保存してもらえる
フォトサービスもあります。

屋久島でのダイビング、是非記念に残しておきましょう!

その他にもエバーブルーではダイビングの他に、トレッキングやスノーケル、リバーカヤックにスタンドアップパドルボート、更にはヨガにと幅広いジャンルが体験できます。

充実したシャワールームとおしゃれなシャンプードレッサー。

パウダールームに女性専用の休憩室もついており、ウッドデッキではバーベキューもできちゃいます!

ダイビングの他にも様々なアクティブも楽しめるエバーブルー。

屋久島にきた際には是非訪れてはいかがですか?

スポンサーリンク

たくさんある!屋久島の名所をいくつかご紹介

屋久島には一度は訪れておきたい名所がたくさんあります。
そのひとつに縄文杉

樹齢1000年以上最大級の老大木である縄文杉は、世界遺産に登録されていて
その迫力に思わず圧倒される程。

縄文杉を見るにはトレッキングツアーで行くのですが、約往復20キロの道のりとなり、
およそ10時間ほどかかります。

なので小さいお子さんがいる場合は不向きかもしれません。

また、映画「もののけ姫」のモデルになった白谷雲水峡はまるで映画の中にいる様。

ジブリ好きにはたまりませんね。

白谷雲水峡のトレッキングツアーには苔の森(旧、もののけ姫の森)までの

半日コースもあるので、お子さんも参加しやすくなっています。

次に永田にある永田いなか浜

こちらではシーズンによってはウミガメの観察会ができるのでおすすめです。

ウミガメの産卵は5月から7月中旬がピークになり、卵は約2ヶ月でふ化して7月後半から9月に海に帰って行きます。

ウミガメを保護するため産卵ふ化時期は立ち入り制限されるのですが、
代わりにレクチャーを受けて観察することも可能です。

屋久島だから見れるウミガメの産卵!貴重な体験になること間違いなしです。

また子ガメの放流観察もあるので時期を見て訪れてはいかがですか?

そして永田にある屋久島灯台も観光スポットになっています。

明治30年に点灯してからおよそ100年以上屋久島を航海する船を見守り続けています。

灯台の中には入れませんが、断崖の上に立つその姿に圧倒される程。

またいなか浜は岬に夕日が落ちるので、海に沈む夕日と共に見る灯台もとてもきれいです。

他にも栗生にある大川(おおこ)の滝や、永田から栗生にある西部林道もおすすめの名所となっています。

見所がたくさんありすぎて悩んでしまいます!

観光スポットを1日で回るツアーや縄文杉と日雲水岬を楽しめるツアーもあるのでそ
ちらも是非チェックしてみてくださいね!

屋久島のベストシーズン さいごに

自然豊かな屋久島。

その自然はきれいで思わず圧倒してしまう程。

思わず時間も忘れてしまいそうです。

海に山に全てが楽しめちゃう屋久島。

自然をいっぱい感じながら良い旅を過ごしてくださいね!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-行楽・イベント・祭り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

富士山の登山は初心者でも登れる 準備と要る物 ご来光をみるには

富士山に登りたい、って考えますよね。 そんな時、登山経験のない方や初心者は少し心配になるかも。 富士登山は、経験した人は人生観変わるということもききます。 一度は登ってみたいですよね(^^) 登山初心 …

バーベキュー初心者におすすめの食材とメニュー!肝心の肉の量は?

今年はみんなでワイワイ集まってバーベキューをしたい!! でも実はバーベキューをやったことが無い・・。 一体どんな食材があってどんなメニューにしたら良いの?? そんなバーベキュー初心者におすすめしたい食 …

ハロウィンの仮装 今はこんなおもしろ仮装が流行ってる!!

ハロウィンの定番仮装といえば魔女やお化け、ドラキュラなどがあります。 なかには思わず二度見してしまう「おもしろ仮装」もあるんです。 「おもしろ仮装」には、どんなものがあるのか? 簡単におもしろ仮装が出 …

冬キャンプに行こう!初心者でも安心冬キャンプ場のおすすめ3選

  キャンプは春・夏・秋に楽しむアウトドアと思う方が多いと思いますが、実は、冬でもキャンプを楽しむことができます。 「寒くてとてもじゃないが、キャンプなんて楽しめないよ…」と思われがちですが …

ノリタケの森は1日中楽しめるデートスポット!冬にはイルミネーション

陶器で有名なノリタケ。 名古屋にショップやギャラリーを集約した施設があるってご存じですか? 『ノリタケの森』はその名の通り、森に抱かれたミュージアムやショップ、製作行程を見学できたり、お食事やお茶もい …

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。