日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

暮らし 食材・料理

もりそばとざるそばの違い ざるそばが生まれたわけと蕎麦の名前の理由

投稿日:2019-08-10 更新日:

 

「もりそば」と「ざるそば」の違いってなんだかご存知ですか?

見た目での違いには海苔があるか、ないかですが、それだけでしょうか?

他にはどんな違いがあるのでしょう。

今回は「もりそば」と「ざるそば」の違いやざるそばの生まれた理由、

そして蕎麦の名前の由来などをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

もりそばとざるそばの違いは海苔だけ?

「もりそば」と「ざるそば」の違いには次のようなものがあります。

 

もりそばの特徴

・蕎麦が山のように高く盛りつけてある

・量が多い

 

ざるそばの特徴

・蕎麦がざるに盛りつけてある

・きざみ海苔がトッピングしてある

 

江戸時代のはなし。

当時「ざるそば」には、蕎麦の実中心部分を使った蕎麦粉、

つけ汁には一番だしやみりんを加えるなど高価なものが使われていました。

なので品質や汁のちがいからざる蕎麦の方が高価でした。

「もりそば」と比べると値段が高いのも違いの1つなんですね。

 

「ざるそば」にきざみ海苔がトッピングされるようになったのは、

明治時代からで「もりそば」との区別するためだといわれています。

 

しかし近年では 一部の老舗などをのぞき、 ざるそば用の汁を別に作る店は非常に少なくなっています。

 

現在では、一般には「もり」と「ざる」の違いは 海苔の有無だけになってしまっています。

でも 海苔のある・なしということだけでなく そば自体の品質の違いや器でも区別している お店もあるようです。

 

現在では「もりそば」と「ざるそば」の違いは曖昧になっています。

 

ざるそばが生まれたわけとは?

蕎麦は皿や椀などの器に盛りつけ、つけ汁につけて蕎麦を食べていました。

しかし、皿や椀などの器では、底に水が溜まってしまうため、

最後の方になると蕎麦が水っぽくなってしまう欠点がありました。

その欠点を解消するため、東京深川の蕎麦屋の伊勢屋では、

水を切ることのできるざるに蕎麦を盛りつけてみました。

それで最後まで美味しく食べることができるようになったことが

「ざるそば」が誕生するきっかけとなりました。

その後「ざるそば」の評判を聞いた他の店が出すようになったそうです。

 

 

もり・ざる・かけ・・蕎麦の名前の意外な理由

蕎麦にはいろいろな名前がありますね。

もりそば、ざるそば、かけそば、せいろそば・・・

同じお蕎麦でもなぜそんな名前がついたのか気になりませんか?

お蕎麦の名前について調べてみました^^

もり

蕎麦をつけ汁につけて食べるのが面倒だという人がいたため、

つけ汁を蕎麦に直接かけて食べる「ぶっかけ」が誕生しました。

なので区別するために蕎麦につけ汁をつけて食べる蕎麦を「もり」と呼ぶようになりました。

また蕎麦を器に山のように高く盛りつけているのも「もり」と呼ばれるようになった理由の1つです。

 

 

ざる

江戸時代中期では蕎麦を盛りつける器に凝る店が増えたため、

東京深川の蕎麦屋・伊勢屋が「ざるに盛りつけてみよう」

というアイディアから「ざる」と呼ばれるようになりました。

 

かけ

「ぶっかけ」と同じく蕎麦をつけ汁につけて食べるのが面倒だ、

という人がいたため、つけ汁を蕎麦に直接かけて食べる蕎麦を

「かけ」と呼ばれるようになりました。

 

 

せいろ

小麦粉をつなぎに使ったニ八蕎麦の技術が確立するまでは、

十割蕎麦が主流となっていましたが茹でるとちぎれやすくなるため、

和菓子屋さんが饅頭を蒸籠(せいろう)で蒸すついでに、

蕎麦も一緒に蒸して温かい蕎麦として出していたことから

「せいろう」の「う」が取れて「せいろ」と呼ばれるようになりました。

 

現在では、茹でた蕎麦を蒸籠に盛りつけてあるのも「せいろ」

と読んでいます。

 

たぬき

具材が揚げ玉だけの蕎麦が一般的となっていますが、大阪では油揚げ、

京都・石川県の一部では刻んだ油揚げと青ねぎをあんかけにして

かけた蕎麦を「たぬき」と呼んでいます。

「たぬき」の意味は揚げ玉の場合は天ぷらのタネ抜き、

油揚げを具材にしている場合はきつねうどんの麺が蕎麦に化けた

麺の色が黒いからなどからきているそうです。

 

きつね

甘辛く煮た油揚げを具材にした蕎麦が一般的となっていますが、

大阪では「たぬき」と呼んでいるため「きつねそば」はありません。

「きつね」の意味は具材の油揚げが狐の好物であること、

油揚げが狐のうずくまっている姿に似ていることかきているそうです。

 

おかめ

幕末の頃に江戸・下谷七軒町の蕎麦屋・「太田庵」が考案したメニューで、

かまぼこ・椎茸・三つ葉などの具材を使って、おかめの顔になるように盛りつけています。

現在でも「おかめそば」はありますが、おかめの顔に盛りつけている店は少ないようです。

 

もり蕎麦・ざる蕎麦 まとめ

今では「もりそば」と「ざるそば」の違いはほとんどなくなっていますが、

昔は「ざるそば」の方が上等な蕎麦粉・一番だしやみりんをつかった専用のつけ汁があったため、「もりそば」よりも高級な蕎麦だったんですね。

蕎麦屋さんで「もりそば」と「ざるそば」の違いを確認してみるのもいいですね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-暮らし, 食材・料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

五味薬味とはどんなもの?使い方とアレンジ法&保存方法と保存期間は

五味薬味(魔法のミックス薬味)   料理に加えると風味が増す・味を引き立ててくれる薬味には様々な種類があります。 Instagramで話題となっている5種類の薬味を混ぜ合わせた五味薬味(ごみ …

水琴鈴とは?由来と発祥 水琴鈴のお守りが買える神社と効果

画像元:楽天市場   あなたは水琴鈴って知っていますか? 自然の水音のようなきれいな音色のする幸運を招く鈴です。 幸運のアイテムとして財布やカバンにつけている人もいます。 鈴から発する音には …

白ネギと青ネギの違いは?栄養からみた違いとネギの種類と使い分け

  ネギにはいろいろありますが、大きく分けて白ネギと青ネギに分けられます。 関東では白ネギ、関西では青ネギが良く使われています。 また料理によって白ネギと青ネギが使い分けられています。 白ネ …

長靴とは?長靴の意味と起源と日本での歴史 長靴の種類にはなにがある?

  長靴は「ちょうか」または「ながぐつ」と呼ばれていて、使い方が違っています。 「ちょうか」は皮で作られていて軍人が乗馬の時や防寒具などに使われます。 「ながぐつ」は皮またはゴムで作られてい …

凧あげをこどもにわかりやすく説明するには?由来と歴史と季節

  凧あげは童謡「お正月」の歌詞にもなっている代表的な正月遊びです。 小さい子供はなんにでも疑問符がつきます。 すると質問攻め(^^;) 凧あげをする意味や由来・歴史など、どうしてお正月や寒 …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。

楽天トラベル