日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

暮らし

ネクタイの上手な収納方法 きれいに仕舞えて探しやすい方法とは?

投稿日:2018-12-04 更新日:

 

ネクタイはシャツとの組み合わせによって変わります。

自分の好きな柄を見つけた時などつい買ってしまったり、人から貰ったりと・・

持っている本数が増えてくることもありますね。

結果、どうやって収納したらいいのか悩んでしまうことってありませんか。

まとめて洋服ハンガーにかけておいても選びにくい上に、1本取ったときに他のネクタイも一緒に落ちてしまうことがあるそうです。

今回はネクタイの収納や仕舞い方などについて紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ネクタイ収納に便利なアイテム

ネクタイを収納するのに便利なアイテムはいろいろあります。

どんなものがあるのでしょうか?

特徴や使い勝手をみてみましょう。

 

ネクタイハンガー

ネクタイラックまたはネクタイホルダーとも呼ばれています。

1箇所で複数本のネクタイを畳むことなく収納することができます。

コンパクトに収納できる・50本ほどのネクタイをまとめて掛けられるなど、

種類も豊富にあります。

また、スイッチを押すと360度回転する電動タイプもあります。

 

ネクタイハンガー

 

ネクタイハンガーいろいろ

 

収納ケース

ネクタイをクルクルと巻いて収納します。

1本1本ずつ、または2~3本入れられるように仕切りが付いています。

一目で分かるようになっているのでネクタイが選びやすくなっています。

また、インテリアとして置くこともできます。

 

 

携帯用ネクタイ収納ケース

旅行や出張などでネクタイを持ち運びたいときに便利です。

クルクルと巻く・折りたたんで収納するタイプがあります。

 

携帯用ネクタイ収納ケース【MK-101】

スポンサーリンク

 

ネクタイをたたむのはNG?いためない仕舞い方

ネクタイは非常にデリケートなものなのです。

いい加減にたたんでしまうとシワシワになってします。

ネクタイの収納方法として、丸める・平置き・掛けるがあります。

 

丸める

ネクタイを真ん中あたりで折り目が付かないように優しく二つ折りにして、

ネクタイの先端が外側になるようにふんわりと丸めて、収納ケースに入れます。

【メリット】

・ 他のネクタイと重なることがないので選びやすい

・ インテリアとして飾ることができる

 

【デメリット】

・ 毎回丸めるのが面倒

・ きつく丸めてしまうとシワになる・型崩れしてしまう

 

平置き

ネクタイを折り目が付かないように優しく二つ折りにして収納します。

ネクタイの先端と折った部分を交互に入れると綺麗に収納することができます。

【メリット】

・ シワや生地に傷がつきにくい

・ 購入時に入っていた袋などに入れておくとホコリよけになる

【デメリット】

・ 長期間収納しておくと折りジワがついてしまう

・ 重ねてしまうと下のネクタイのシワが酷くなる

 

 

掛ける

ネクタイ専用のハンガーに掛けてクローゼットに収納する。

【メリット】

・ 場所を取らずに収納することができる

・ ネクタイの重みで結び目のシワを伸ばすことができる

 

【デメリット】

・ 長期間掛けたままにすると生地が伸びてしまう

・ ホコリがつきやすい

 

収納する前にやっておきたいこと

1日使ったネクタイをすぐに収納してしまうと、汗や皮脂などの汚れ・ホコリによって、ネクタイを傷めてしまいます。

ネクタイを長持ちさせるため収納する前にやっておきたいことを紹介します。

 

 

汚れを拭き取る

ネクタイについた汗や皮脂などをウェットティッシュで軽く叩いて拭き取ります。

陰干しをする

1日使ったネクタイをハンガーにかけて1日陰干しをします。

ニットタイは伸びやすいので平置きにしましょう。

 

ブラッシング

1日陰干しした後に、毛先がしなやかな豚毛または馬毛のブラシで上から下へと軽くブラッシングしてホコリを落とします。

ただし、やり過ぎると生地を傷めてしまうので2~3回程度にしておきます。

 

ネクタイ収納 さいごに

今回ネクタイの収納グッズや収納方法について紹介しました。

ネクタイを収納するときは、好きな柄・色や季節別にまとめておくと

ネクタイを選びやすくなります。

丸める・平置き・掛けるにはそれぞれメリットデメリットがあるので、

自分に合った方法でネクタイを収納しましょう。

また、同じネクタイを毎日使い続けると、結び目のシワが固定されてしまい元に戻らなくなってしまうので、少なくとも3本以上のネクタイでローテーションにしておくと長持ちします。

 

他のお掃除や収納についての記事はこちらをご覧ください

掃除・片付けに関する記事一覧

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マスクの種類で効果も違う?感染予防にはどんなマスクがベスト?

  ウイルスやホコリの侵入防止するものや有毒物質から守るための特殊的なものなどマスクにはいろんな種類があります。 マスクは大きく分けて医療用マスク・産業用マスク・家庭用マスクの3種類があり、 …

引越しそばとは?なぜ蕎麦を配る?意味と由来と配るのはどこまで

  引越しそばといえば引っ越した先で蕎麦を食べること、 と思っていませんでしたか? そう思っている人も多いようですね。 実は私も最近までそうおもっていたんです(^^;)。 でも、違いました。 …

浴衣の着付け初めてでも一人で着られるコツと帯結び!必要なものは?

  夏のイベントと言ったら夏祭り!がありますね(^^)。 屋台や花火大会など楽しいことが沢山。 そして夏祭りには、浴衣を着て出掛けたいですよね。 浴衣って風流だし、より可愛く見せてくれ、普段 …

電気毛布は洗濯できる?正しい洗濯方法は?洗濯機でも洗えるの?

  冬、寒くて眠れない! そんな時に重宝するのが電気毛布です。 この電気毛布、冬が終わりしまおうと思った時、そのまましまってもいいのか?それとも洗濯してからしまった方がいいのか? そもそも洗 …

無水エタノールとは?消毒用エタノールとの違いと保管方法や保管場所

  アロマスプレーを作るのに欠かすことのできない無水エタノール。 アロマオイルは水に溶けにくいだけでなく、直接肌につけることができないので、無水エタノールで溶かして薄める必要があります。 ア …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。