日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。/当サイトはプロモーションが含まれています

暮らし

写真とは?起源や発明はいつ?写真の無い時代の記録方法とは

投稿日:2023-05-29 更新日:

写真は、その場の状態を写し撮ることができます。

今ではデジタルカメラやスマートフォンなどで簡単に撮影をすることができます。

現在は誰でも写真を撮り保存し加工したりしています。

では写真はいつ誕生したのでしょう?

そして昔はどんな方法で写真を撮影していたのでしょうか。

写真の起源や無かったときの記録方法などを紹介します。

スポンサーリンク

 

写真とは何?

写真とは、光学的な映像や放射線・粒子線の痕跡を見られるようにする技術の総称または画像のことをいいます。

主にカメラやスマートフォンなどの機器を使って、風景や建物・人物・動物・植物・その場で起きた出来事などを瞬時に撮ることができます。

 

 

写真の発明はいつ?起源は

小さな穴に通った光によって外の景色を映し出す技術は昔からありました。

この仕組みを利用して作られたピンホールカメラが原点であるといわれています。

しかし、ピンホールカメラには撮影機能がなく、映すだけのものでした。

15世紀頃、ピンホールカメラを改良したカメラ・オブスクラが登場しました。

カメラ・オブスクラはラテン語で「暗い部屋」という意味で、小さな穴を通して壁に外の景色を映し出せるようになっていました。

この装置はヨーロッパの画家たちの間で流行したそうです。

16世紀になると、ピンホールの代わりに凸レンズを使うことで、より明るく景色が映し出せるようになり、その景色をなぞることで正確な写生を行えるようになりました。

 

1826年、フランスのニエプス兄弟が道路の舗装に使われているアスファルトを感光板にして、自宅から見える景色を撮影したのが世界初の写真となります。

この写真は、シャッターが開いてから閉じるまでの露光時間が約6~8時間と長く、画像も鮮明ではありませんでした。

1839年、フランスのルイ・ダゲールが銀メッキの銅板を使ったダゲレオタイプカメラを発明しました。

このカメラは露光時間が約30分と短くなり、風景や建物・人物などを撮影することができるようになりました。

これによって写真の重要性が広く知られるようになったので、写真の起源であるともいわれています。

その後、新しい技術が次々と誕生し現在のようなデジタル写真にまで発展してきました。

 

 

ピンホールカメラの作り方

ピンホールカメラは、身近な物で作ることができます。

【材料】

  • トイレットペーパーの芯 2本
  • ハサミ
  • 黒の油性ペン
  • セロハンテープ
  • トレーシングペーパー
  • 黒い画用紙
  • マチ針

 

【作り方】

  1. 1本のトイレットペーパーの芯の1箇所にサイズを調整するための切れ目を縦に入れます。
  2. 切れ目を入れたトイレットペーパーの芯の内側を、黒の油性ペンで塗ります。
  3. もう1本のトイレットペーパーの芯の中に、内側を黒く塗ったトイレットペーパーの芯を差し込みます。
  4. 内側を黒く塗ったトイレットペーパーの芯を抜き差ししやすい大きさに調節してから、セロハンテープで仮どめをします。
  5. 内側を黒く塗ったトイレットペーパーの芯を取り出し、切れ目をセロハンテープでとめます。
  6. トレーシングペーパーに内側を黒く塗ったトイレットペーパーの芯を載せ、鉛筆でなぞって円を描きます。
  7. 描いた円から5cmの外側に円を描き、ハサミで切り取ります。
  8. 内側の円に向かって約10~20箇所に切り込みを入れます。
  9. 内側を黒く塗ったトイレットペーパーの芯の片側を塞ぐように、切り込みを入れた円型のトレーシングペーパーを貼り付けます。
    • 歪みやすいので丁寧に貼り付けましょう。
    • 貼り終わってから、セロハンテープでとめておくと剥がれにくくなります。
  10. 黒い画用紙の上にもう1本のトイレットペーパーの芯を載せ、鉛筆でなぞって円を描きます。
  11. 描いた円から5cmの外側に円を描き、ハサミで切り取ります。
  12. 内側の円に向かって約10~20箇所に切り込みを入れます。
  13. もう1本のトイレットペーパーの芯の片側を塞ぐように、切り込みを入れた円型の黒い画用紙を貼り付けます。
    • 歪みやすいので丁寧に貼り付けましょう。
    • 貼り終わってから、セロハンテープでとめておくと剥がれにくくなります。
  14. 貼り付けた黒い画用紙の真ん中あたりにマチ針を刺し、直径約1mmの穴を開けます。
  15. トレーシングペーパーを貼り付けたトイレットペーパーの芯を黒い画用紙を貼り付けたトイレットペーパーの芯の中に入れたら完成です。

 

【使い方】

  • 天気の良い日に外で中を覗くと、外の景色が逆さまになって映り込みます。

 

 

スポンサーリンク

 

写真の無い時代の記録方法とは

写真がない頃に記録を残すには、以下の方法があったといわれています。

 

絵画・彫刻

物語や歴史的な出来事を伝える手段として人物や風景・建物などを絵で描き、人物や動物・建物などの姿形を彫刻にして残しています。

 

書物

起きた出来事や物語などをまとめていました。

 

地図

土地や建物・交通路など地理的な情報を記録していました。

 

口承文芸(こうしょうぶんげい)

口から耳へと伝えられる文学のことで、文字を持たない民族が伝えた物語や宗教的呪術的な理由で文字として残すことができない情報を伝えるために使われていました。

口で伝えるため、途中で新しいエピソードが加えられる・話の流れが変わってしまうこともあったそうです。

伝承者が絶えてしまうと物語や情報そのものを辿ることができなくなってしまうという特徴があります。

現在では研究のために集めて文字として残されていることもあるため、口承文芸の全てが口承で伝わっていることはありません。

 

写真とは?起源と発明 さいごに

今では瞬間の様子を簡単に写真で撮ることができますが、最初の写真はシャッターが閉じるまで約8時間かかったといわれています。

写真は記録として大切な役割もあるので、いろんな写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

♪ 写真の世界史やはじまりについてはこちらをご覧ください。

写真の世界の歴史/写真のはじまりはいつどこで?

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク

-暮らし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

割り箸のなぜ 割れていない理由は?割り箸のマナーとうまく割る方法

  割り箸の入った袋に「おてもと」と書いてありますが、どんな意味があるのでしょう? また、割り箸が最初から割れていないことも気になりますよね。 割り箸のなぜ?について気になることを調べてみま …

愚痴ばかりの男がうざい理由 聞きたくないときは?愚痴の対処方法

  職場に愚痴の多い人っていませんか? 会社の不平不満や人間関係など、不満や文句をぐちぐち言う人っていますよね。 愚痴と聞くと女性に多いイメージもあると思いますが、中には男性でも愚痴の多い人 …

へそくりの語源や由来と意味とは?/預金と箪笥貯金は何が違う?

毎月の生活費をやり繰りして、残ったお金をこっそりと貯金しておくことを「へそくり」といいます。 また、似たような言葉に「箪笥預金(たんすよきん)」というのもあります。 これらの言葉には、どんな意味がある …

腕時計と懐中時計は何が違う?歴史から魅力がわかる懐中時計の種類

時計といえば置き時計や掛け時計などがありますが、持ち歩くことができる時計として腕時計と懐中時計があります。 最近懐中時計に魅力を感じて気になっています。 腕時計のように一般的ではない懐中時計。 腕時計 …

豆乳で健康に!豆乳の選び方は?栄養と効果そして効果的な飲み方

健康のために豆乳を飲んでみようと思っているあなた。 豆乳には無調整豆乳・調製豆乳・豆乳飲料の3種類があります。 漠然と飲もう!と思っても、どれを飲めばいいのか分からないことがあるのではないでしょうか。 …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。