日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。/当サイトはプロモーションが含まれています

暮らし

マスクの歴史 日本のマスクの誕生はいつ?現在までのマスクの進化

投稿日:2021-12-27 更新日:

マスクとは顔の一部分を覆い、ウイルスや花粉・ホコリなどを自分の体内に入らないようにするための物です。

様々な場所で使われていて、現在ではコロナウイルス感染予防としてつけることが当たり前となっています。

日本では、いつからマスクが使われるようになったのでしょうか。マスクの誕生や歴史、いつ日本に伝わってきたのかなどを紹介します。

スポンサーリンク

 

マスクの歴史 日本のマスクはいつ誕生した?

日本のマスクは明治時代に炭鉱で働く人たちの粉塵よけとして使われたのが始まりであるといわれていて、真鍮製の金網を芯として布地をかぶせたものでした。

しかし、1918年に大流行したスペイン風邪を予防する物として注目されるようになりました。

スペイン風邪とは1918年から1919年に20世紀最大規模で世界に大流行したインフルエンザで、全世界で感染者は約5億人、死者は1億人以上といわれています。

1918年3月にアメリカ合衆国カンザス州・ファンストン基地で初の感染者が出て4月にはヨーロッパ西部、7月にはポーランドまで広がりましたが、軽い症状でした。

しかし致死性の高いインフルエンザの存在が確認され、8月に第2波として猛威をふるい発症してから約2日で亡くなる人が多かったといわれています。

第3波は冬におこりましたが、春には終結となりました。

日本での感染者は約2400万人、死者は約40万人といわれています。

当時のポスターには「マスクをかけぬ命知らず!」と書かれ、マスク着用を呼びかけたため、店頭からマスクが消え品不足となりました。

 

 

1923年には内山武商店が商標登録第1号となる壽(ことぶき)マスクが発売されました。

その後芯の金網とセルロイドへ、フィルターは木綿のビロードや皮革類を使うなどの改良が行われました。

1934年にインフルエンザが再び猛威をふるったことでマスクが大流行しました。

インフルエンザが流行するたびにマスクの出荷量が増え、時代とともにスタイルも変化して枠がない布地だけのマスクも登場しました。

ガーゼマスクは1950年に誕生しています。

現在の主流となっている不織布のプリーツ型の原型となるマスクは1973年に発売されるようになりました。

1980年代になるとマスクは風邪・インフルエンザ予防だけでなく、花粉症対策として使われるようになり、普及が広まっていきました。

現在では立体マスクも登場し、圧迫感がない・口紅がつきにくいなどの理由で人気となっています。

 

スポンサーリンク

 

マスクの誕生はいつどこで?最古のマスクとは

呼吸を保護するマスクの起源は1世紀であるといわれています。

古代ローマの博物学者であるガイウス・プリニウス・セクンドゥスの著書には動物の膀胱を使ったマスクが紹介されています。

ローマの鉱山で働く人を赤い酸化鉛の塵から守るために使われていたそうです。

布製マスクは16世紀にレオナルド・ダ・ヴィンチが船乗りのために考案したといわれていて、きめの細かい布を水に浸してから使っていました。

 

誕生から現在までのマスクの進化

1879年日本で誕生したマスクは呼吸器と呼ばれていて鉱山で働く人たちの粉塵よけとして使われていました。

1910年後半には皮革類を使った高級品マスクが登場し、スペイン風邪の大流行によって多くの人が買い求めるようになり、名称も呼吸器からマスクへと変わりました。

 

 

1940年代ではガーゼマスクが主流となりますが、第2次世界大戦により物資不足のため透けて見えるようなペラペラのガーゼマスクとなりました。

2000年になると、いつでも清潔なマスクが使える使い捨てタイプが登場し主流となりました。

2001年には不織布タイプ、2003年には立体マスクが登場します。

2009年には新型インフルエンザによるパンデミックが発生し、マスクをすることが日常的になります。

また、目元が強調できる・口元を隠せる・温かい・紫外線対策などの理由で「マスク女子」が急速に広まっていきました。

現在ではメイクが落ちにくい立体マスクや細菌やウイルス・花粉・PM2.5などを99%カットできるマスクが登場しています。

 

マスクの歴史 さいごに

鉱山で働く人たちの粉塵よけとして使われていたマスクは、スペイン風邪の大流行により予防対策として使われるようになりました。

風邪・インフルエンザ予防や花粉対策として使われていましたが、新型コロナウイルスによってマスクは日常生活には欠かすことのできないものとなりました。

マスクは新しい生活様式として、これからも必要となるので自分に合ったマスクで過ごすようにするといいですね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング</>

スポンサーリンク

-暮らし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

和の文化 包丁の名前の由来は?和包丁の歴史できるまでと種類

食材を切る・刻むなどに使われる包丁には、主に洋包丁・中華包丁・和包丁の3種類があります。 日本料理に使われている包丁は和包丁と呼ばれていますが、何故そう呼ばれるようになったのでしょう? そしてこの刃物 …

目も日焼けする?!症状は?目の日焼け予防対策とケア

日焼けといえば紫外線が皮膚に当たることで赤い炎症になる症状ですが、実は目も日焼けしてしまうことがあります。 目が日焼けになると、どんな症状が出てくるのでしょうか。 目の日焼けの症状などを知り、強い日差 …

干物とは?腐りにくい訳と干物の種類やレシピ

魚は傷むのが早いため、長く保存することができません。 魚を干物にすることで生魚より少しだけ長く保存することができます。 どうして魚を干物にすると腐りにくくなるのでしょうか。 干物とはどんなものなのか、 …

豆苗の栽培は意外と難しい? 豆苗の育て方のコツは水の量?

  もっと野菜を摂りたいけど買うとなると高いし…。 こんな時豆苗はもやしと並んで安価で栄養価の高い野菜と言われています! もやしはスーパーで約20円から30円ですね。激安です。 豆苗は大体1 …

うど(独活)とは 名前の由来は?下処理の簡単な方法とレシピ

うどとはウコギ科タラノキ属の植物で春の山菜として知られています。 漢字では独活と書きますが、この名前にはどんな由来があるのでしょうか? 気になる独活の由来を調べてみました。 またアク抜きなどの下処理方 …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。