日々の暮らしの中で役立つことや、行事・歳時・イベントなどについて書いています。

行楽・イベント

紅葉狩りの意味と由来 紅葉狩りの楽しみ方 紅葉と書いてなぜもみじ?

投稿日:2019-08-28 更新日:

 

秋になるとお月見や秋祭り・ハロウィンなどいろいろありますが、紅葉狩りも秋を代表するイベントの1つですね。

桜ならまんまお花見なのに、なぜ紅葉を楽しむのに紅葉狩りと呼ばれるようになったのでしょう?

今回は紅葉狩りの意味や由来そして、なぜ紅葉狩りというのか?

調べてみました。また楽しみ方などもご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

紅葉狩りの意味と由来とは

紅葉狩り(もみじがり)の意味は、紅葉を鑑賞するために山野に出かけることです。

 

 

狩りといえば山に入って鹿やイノシシ・鳥・小動物・果物などを捕まえる、または採ることを意味します。

紅葉を鑑賞することを紅葉狩りと呼ばれるようになった由来には、いくつかあります。

 

狩猟後の宴

秋は山でウサギや鹿などの動物を狩ることが盛んな季節です。

その昔平安時代、貴族たちが山で狩りをした後に紅葉を見ながら宴会をすることが定番となっていました。

だんだんと秋に狩りをすることがなくなり、紅葉狩りという言葉と宴会をすることが残ったそうです。

 

持ち帰った

平安貴族の邸内には観賞用の紅葉が植えられていませんでした。

山で紅葉を鑑賞したお土産として、紅葉の枝を採っていたそうです。

桜狩りという言葉もありましたが、桜は田の神様が宿る神聖な木なので、手に取って見ることやお土産として持ち帰ることができませんでした。

そのため「狩り」という言葉を使わず、「花見」と呼ぶようになったそうです。

 

例えとして

貴族たちは狩猟をスポーツとして楽しんでしました。

でも、段々と「血の穢れ」を嫌うようになったため、狩猟の代わりに和歌で勝負するようになったそうです。

和歌のアイディアを求め紅葉を鑑賞しながら散策する姿を狩りに例えたといわれています。

 

 

紅葉狩りの楽しみ方を探してみよう

 

紅葉を間近で見ながら山の風景を眺めることが、紅葉狩りの醍醐味といわれています。

紅葉や風景を見る以外で紅葉狩りを楽しむ方法には、なにがあるのでしょうか。

紅葉狩りといえば秋!食べ物もおいしく、気候もいいですよね。

紅葉を愛でながら、いろいろな楽しみ方がありそうです(^^)

 

秋の味覚

新米や栗・松茸・新そば・サツマイモなど旬の食べ物がたくさんあるので秋の味覚を楽しみましょう。

秋の味覚を使ったお弁当を持っての紅葉狩りもいいですよね。

また、出かけた先のおいしいものを食べながら紅葉を眺めるのもいいですね。

 

ハイキング・ピクニック

紅葉の名所にはハイキングコースが設置されていることがあります。

心身ともにリフレッシュすることができますよ。

 

温泉

湯船の外に見える紅葉を眺めながら、ゆっくりと湯につかる・・・

まったりしながら、日頃の疲れやストレス・肩こりなどを解消しましょう。

 

神社巡り

参拝後に御朱印を貰っておくと紅葉狩りの記念にもなりますね。

 

 

紅葉狩りの服装・持ち物

紅葉狩りに行くときの服装、あると便利な持ち物などを紹介します。

 

服装

山の中を歩き回ることになるので、落ち葉で滑りやすい場所もあります。

服装は長袖・長ズボンなどの動きやすいもので、靴は履き慣れた運動靴などにしましょう。

ミニスカート・ハイヒールはケガをする恐れがあります。

避けた方がよいですよね。

 

防寒対策グッズ

時間によっては寒暖の差が激しくなるので、軽く羽織れる上着を用意しておくといいですね。

コンパクトにたためるダウンは大変便利ですよ。

 

レジャーシート

設置してあるベンチが落ち葉などで汚れていることがあります。

レジャーシートを敷いて座ることができますよ。

 

飲み物

混雑していると買うのに時間がかかってしまうことがあります。

なので自宅から用意して持っていくと、いつでも水分補給ができます。

キャンディやチョコレートなど、ちょっとしたおやつがあると嬉しいですね。

 

タオル

汗を拭く・手を洗うときにハンドタオルがあると便利です。

 

紅葉と書いてなぜもみじと読むの?

秋になり葉の色が赤や黄色に色づくことを「もみつ(黄葉つ)」と言っていました。

「もみち」→「もみぢ」→「もみじ」と変化したそうです。

植物学ではもみじという植物は存在せず、普段見ているもみじと呼ばれているものはカエデ科の樹木です。

日本では葉の切り込みが深く5つに分かれているものをもみじと呼んでいるそうです。

イロハモミジ・ヤマモミジ・オオモミジ・ノムラモミジ・イタヤカエデ・サトウカエデなどの種類があります。

 

紅葉狩り さいごに

平安時代では貴族たちが山で狩りをしなくなりましたが、紅葉を持ち帰っていたこともあったので「紅葉狩り」という言葉が今でも使われているんですね。

しかし現在では、紅葉を勝手に折って持ち帰ることはマナー違反となります。

自然の中で美しい紅葉を眺めてリフレッシュしてみませんか。

 

♪もみじについてはこちらの記事もご覧いただければと思います (^^)

もみじが紅葉する仕組みは?紅葉しないことも?そのわけと対処法

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-行楽・イベント
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

誕生日夫に喜ばれるプレゼントやサプライズは?お薦めのアイデア紹介

  もうすぐ夫の誕生日。 日頃からお世話になっている夫に、感謝の気持ちを込めてお祝いしてみませんか? でもせっかくなら思い出に残るような誕生日にしたいところ。 そんなあなたにおすすめしたいの …

岩手の地名の由来?三ツ石神社の鬼の手形とアクセスと駐車場状況

  私の住むここ岩手県は、本州でも1番の広大な面積を誇る県。 自然も豊かで、様々な景観美を楽しめる所でもあります。 そして、民話の里、遠野のかっぱや座敷童、盛岡の鬼の伝説など。 妖怪などの伝 …

バレンタインに関する記事一覧

バレンタイン関係の記事を集めました バレンタインデーが近づくと 今年はどうしよう・・と悩む方も多いですよね 好きな人に渡したい! 仲の良い友達と交換、今年はどんなものがいいかな? 毎年の義理チョコ 今 …

和倉温泉は海の中から湧いている温泉!和倉の宿の基本情報とアクセス

和倉温泉は石川県七尾市の海岸沿いにある温泉地です。 温泉を楽しむだけでなく、周辺をのんびり散策したり、レンタルサイクルでサイクリングしたり、温泉玉子を作って味わうなどいろんな楽しみ方があります。 和倉 …

花火にはどんな意味がある?打ち上げ花火の発祥と歴史 日本の花火大会

  花火はクリスマスや年末年始イベントでも使われるようになり、冬の花火大会も行われるようになりましたが、やはり夏の風物詩というイメージが大きいですね。 夜空に大きな花を咲かせる打ち上げ花火は …

ぷろふぃーる

こんにちは^^ 波空です。

メインブログがだいぶごちゃごちゃになったので、一部こちらに引越しです。

楽天トラベル